2009/01/01

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
新年早々風邪を引いて寝込んでいました。避けようのない寝正月。
今年もいいことありそうな。

ところでRSSで見ていたら「炎のいけにえ」のサントラ(要iTunes)が本年正月に新規追加になったとか。
新年早々なかなか気色良いジャケット。モリコーネってこういうクズ映画でもちゃんと仕事するからえらいなあ。そうだ、これを新年の誓いにするか。どんな仕事でも一生懸命すること、、、か。仕事がそもそも見つからない人々には失礼な話だな。

2008/01/01

新年のご挨拶

新年のご挨拶

壁が汚れてるなあ。

2007/01/01

遅ればせながら年始のご挨拶

明けましておめでとうございます。
このような拙文を貴重な時間を割いてご高覧頂いている旨、大変に感謝いたします。
旧年は上半期末と下半期末で仕事が立て込んでいたり、いろんな意味で燃え尽きかけていたりと色々あって更新が滞った時期がありましたが、このように続いているのもひとえに「見てくれている人がいる」というだけで、モチベーションを新たにする事が出来たからです。
これからもよろしくお願いします。

さて、年始の挨拶というと思い出すのが赤瀬川原平の「外骨という人がいた!」(Amazon.co.jp)で引用されている宮武外骨の言葉。
年始の挨拶の葉書版・年賀状という物はかつて年始の回礼が終わった後に書くのが通例だったそうで、要するに「年賀に書くから“年賀”状」というのが正統だったらしい。
「官が『年賀状は何日までに』なんて言うな」なんて事を書いているところをみると、年賀に着くから、という考え方は郵便制度が確立してからなのかも知れない。
つまり、年末の繁忙期を更に込み入らせる「年末に年賀状を書く」という行為は単に郵政側の都合に乗せられただけという見方も出来る。

という事は元日になってから年賀状を電子メールで送る、という行為は全くもって日本の伝統に則った正しい行為であって、むしろ「伝統」と「電脳」の幸福な融合とすら言える。

てな訳で、個人的には郵政公社が
「年賀状を出すと電子メールで年始の挨拶を送るよりこれだけ省資源化に繋がります」
という具体例を挙げてくるまで年賀状を書く気には全くならない。
え? 電子メールを使えないおじいちゃん、おばあちゃんへは礼を失してしまうって?
会いに行きなさい、会いに。年賀状を書かない分、身体が空くでしょう。

2006/07/17

遅ればせながらスウェーデンvsパラグアイ動画

膠着状態の試合だったので、フリーキック映像ばっかり。
QuickTimeが必要です。

喋るゴレオ(4928.9K)
ハノーファーでは喋ってなかった気がするのでスタジアムによって違ったのかも。
ボールまで喋る(572.0K)
上の動画では見えづらいものの、ゴレオはボールを抱えていてこいつも喋った。

入場シーン(10195.6K)

リュングベリのフリーキック - Large - (16918.0K)
リュングベリのフリーキック - Small - (1271.5K)

カルストロームのフリーキック - Large - (7092.4K)
カルストロームのフリーキック - Small - (623.2K)
リュングベリと見せかけてカルストロームが蹴った。

ロケ・サンタクルスのフリーキック - Large - (14613.1K)
ロケ・サンタクルスのフリーキック - Small - (1285.1K)

ラーションのフリーキック - Large - (8656.6K)
ラーションのフリーキック - Small - (645.8K)
惜しい。

勝利を喜ぶスウェーデン代表 - Large - (18374.9K)
勝利を喜ぶスウェーデン代表 - Small - (1445.6K)

駅に向かう黄色い波(1484.4K)
スウェーデンサポーターばっかりだったんだなあ、改めて思う。

2006/07/16

今更ながらブラジルvsクロアチア動画

もう今更も今更ながら、捨てるのも勿体ない気もして掲載。
お宝映像一切無し。
QuickTimeが必要です。

サンバ隊の行進 (22724.4K)
こうして見ても純正ブラジリアンらしき人々はいない。
クロアチアサポ(11595.1K)
こっちは純正クロアチア人達。

入場シーン(8773.9K)

ロナウジーニョそれぞれ。
ウォームアップ(4483.6K)
仕事その1 - Large -(6052.1K)
仕事その1 -Small -(2194.2K)
アドリアーノとのワンツー決まらず。
仕事その2 -Large -(7041.7K)
仕事その2 -Small -(2512.8K)
帰国してから読んだ各種雑誌では「バルサの時より低い位置で苦労している、前の2人は動きゃしないし」と言われていたが、そう言われてみるとドリブル開始の位置が低め。なるほど。言われて気が付くようじゃ、生で見た意味が無いが。
仕事その3 - Large -(10286.2K)
仕事その3 -Small -(4209.1K)
とにかく大人気、囲まれて囲まれて。
仕事その4 - Large -(16436.4K)
仕事その4 -Small -(6795.7K)
ロニー発クロスの折り返しをエメルソンがシュート(決まらず)。
終業時間 - Large -(20278.8K)
終業時間 - Small -(5472.3K)
タイムアップ直前。確かにいつもより楽しそうではないですな。

夜のサンバ隊 - Large -(20485.8K)
夜のサンバ隊 - Small -(10764.9K)

ハプニング編
乱入野郎、平和に撤退(3666.3K)
「ノー・スモーキング・プリーズ」どころじゃねえぞその1 (1178.2K)
「ノー・スモーキング・プリーズ」どころじゃねえぞその2(847.2K)

2006/07/13

最優秀選手賞じゃなくなるが

ジダンのMVPははく奪か(スポナビ)

ジャーナリストが投票で決定した事項にFIFAが勝手に介入して選出のやり直しでもするというのなら、みんないっそのことマラドーナに投票したらどうか。
他の「一国を代表する名選手」達がベッケンバウアー陛下の横で優雅に観戦する中、観客席で家族と大暴れしながら観戦し、世界中のテレビカメラを釘付けにした彼に。
例えダイエットしようとも相変わらずサッカー界の「兄貴」地位を独占するその偉大な振る舞いは、やはり不世出の人材なのだなあ、と思わされたことだし。

2006/07/10

最大最後の「公共の敵」

今回のW杯に関してドイツの偉いさんが
「ドイツ国民が誇らしげに国旗を振ったのは戦後初めての事かも知れない」
と語っていたそうな。
4年前に朝日新聞が、戦後教育を受けているにもかかわらず、嬉しそうに日の丸を振り、君が代を斉唱するサポーターに戸惑って「健全なナショナリズム」というよく判らない表現を使った事を思い出す。

故あって(単なる暇つぶし)、ベルリンの近代美術館とフィルムミュージアム、そしてポツダム市のフィルムミュージアムを巡る事になった自分だが、これら近代史に深く関わる展示物が歴史順に並ぶと当然、戦前、戦中、戦後という流れになるわけで、戦中は翼賛体制下における表現や報道の統制、戦後は連合国占領下における廃墟からの復興という史実を伝える事が中心になる。(東ドイツの場合は、戦後も統制されてたけど)
で、この展示順、日本人の自分には全く違和感がないんだな。だって日本の近代史と似たような史実が並べられているわけだから。

そんな展示物を眺めて今更ながら気づかされたのは、世界中の先進工業国に対して喧嘩を売り、お互い様の大量虐殺合戦を世界的に繰り広げた国、世界が認めた「公共の敵ナンバーワン」は日独を最後に登場していないという事実。

未だにナチスがハリウッド製戦争映画のネタになり、日本が周辺諸国にネチネチ言われるのも、それを吹き飛ばすような歴史的事実が起きない以上、仕方ない部分があるよな、と思った次第。
そんな歴史的事実は起きて欲しくないし、そもそも巨大コングロマリットの利権が中国もロシアも取り込んで全世界的にこんがらかった現在としては、世界大戦なんて起きないだろう。

勝った国が「ウチらは勝ったんだ」というのは勝手として、負けを認めた以上、変に美化するんじゃなく「戦争ってのは自国にも他国にもロクな事がない」という事実を淡々と伝えていくのが敗戦国としての責務なのだろうなと、ポツダム市からの帰り道、iPodで金馬の「居酒屋」と元ちとせの「ハナダイロ」を聞きながらそんな事を考えていた。(ちなみに他に入れていった落語は志ん生の「らくだ」と三木助の「へっつい幽霊」)

これはもう自虐史観とは別の話。
「我々はかつて、世界の敵だった」
という事実を自覚した上で、起立して国歌を斉唱するという行為は何ら矛盾していないと思う。
第一、その国の国民が振らなければ誰が振るんだ、国旗を。
「ブラジルに勝てっこないよな」
と言った同僚に
「日本人が信じなきゃ世界中の誰が信じる、例え監督がジーコでも」
と声を荒げた自分としてはそう思う。

2006/07/06

三冠権利者消える

フランスがジダンのゴールでポルトガルを下し決勝進出!(スポナビ)

国内リーグ、チャンピオンズリーグ、そしてW杯という滅多にない三冠を達成する権利を保持していた最後の1人・デコ擁するポルトガルが敗退。併せて7万人の開催国民から盛大にブーイングを喰らう今大会最後のチームともなった。(三位決定戦)

後半やや淡泊だった両チームだったが、フェリペ監督があの手この手で選手を攻撃に向かわせようと色々手を尽くしたのが実って終盤は白熱。
右サイドバックのミゲルが怪我で引っ込んだが、ユーロ決勝でポルトガルが負けた時もミゲルが負傷退場してたっけ。

しかし相変わらずジダンとアンリは合わないな。
イタリアが優勝しそうな気がするんですが。

2006/07/02

自業自得の狭き門

「日本人は身体がちっちゃいから世界じゃ厳しいです。仕事面ではこれからもよろしく」
という一言を残して前代表監督が軽やかに日本から立ち去ってから早1週間。
この逃げ足と同じくらいの速さで協会と各報道は今回の結果を忘れることにしたようで、オシムオシムの大合唱。

もちろんオシム監督が日本でサッカー監督という職に就いているというだけで、拝みたくなる偉大な方である事に一片の間違いはないものの、欧州各国リーグともシーズンオフというだけでなく各国代表監督が次々と退任するこの時期に、何でわざわざ国内クラブに迷惑をかける必要があるのか、という気もする。
韓国がヒディングやアドフォカートを呼べてる事から考えても
「アジア地区代表に欧州での実績を持つ監督は来ない」
という事はないだろうし。

多分、キャプテン(だけじゃなく協会関係者の一部)にはファルカンやトルシエといった「日本の事を知らない癖にこっちの言う事を聞いてくれない人材」に対するアレルギーがあるんだろう。
そして困った事にこのアレルギー「日本の事を知らない癖に」という部分に重きが置かれている模様。
前回の「ジーコでいいんじゃない? by キャプテン」という選考結果にしても、相変わらずベンゲルに拘っている事にしても、そう考えると理解出来る。

もちろん「日本の事をよく知っている人材、出来れば欧州で監督実績のある人」なんて難しすぎる条件でわざわざ選考基準を狭める必要なんて無い、と思うから納得は出来ないけど。

ただオシム監督が上記基準を完璧に満たす人材である事に間違いはないので、代表監督になったらなったで上手くいくとは思う。
願わくばオシム退任後に
「キャプテンの意向を汲んでくれる」
という実現不可能な条件が選考基準に上積みされてなければいいが。

と、ネガティブ風味なことを書いてはみたが、オシム日本代表監督が誕生すれば向こう4年間はオシム采配を楽しめるわけで、それはそれで楽しみ、というのも本音。

ハノーバーPVのビーチサッカー場にて

ハノーバーPVにて(128.6K)

まあ、準々決勝戦で各国キャプテンが宣言しているとおり、最近のFIFAの主要テーマですから。
だから差別発言で話題を呼んだアラゴネス監督率いるスペインの決勝トーナメント早期敗退は、テーマ的には正しかったのかも知れない。

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト