2009/01/01

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
新年早々風邪を引いて寝込んでいました。避けようのない寝正月。
今年もいいことありそうな。

ところでRSSで見ていたら「炎のいけにえ」のサントラ(要iTunes)が本年正月に新規追加になったとか。
新年早々なかなか気色良いジャケット。モリコーネってこういうクズ映画でもちゃんと仕事するからえらいなあ。そうだ、これを新年の誓いにするか。どんな仕事でも一生懸命すること、、、か。仕事がそもそも見つからない人々には失礼な話だな。

2008/01/01

新年のご挨拶

新年のご挨拶

壁が汚れてるなあ。

2007/01/01

遅ればせながら年始のご挨拶

明けましておめでとうございます。
このような拙文を貴重な時間を割いてご高覧頂いている旨、大変に感謝いたします。
旧年は上半期末と下半期末で仕事が立て込んでいたり、いろんな意味で燃え尽きかけていたりと色々あって更新が滞った時期がありましたが、このように続いているのもひとえに「見てくれている人がいる」というだけで、モチベーションを新たにする事が出来たからです。
これからもよろしくお願いします。

さて、年始の挨拶というと思い出すのが赤瀬川原平の「外骨という人がいた!」(Amazon.co.jp)で引用されている宮武外骨の言葉。
年始の挨拶の葉書版・年賀状という物はかつて年始の回礼が終わった後に書くのが通例だったそうで、要するに「年賀に書くから“年賀”状」というのが正統だったらしい。
「官が『年賀状は何日までに』なんて言うな」なんて事を書いているところをみると、年賀に着くから、という考え方は郵便制度が確立してからなのかも知れない。
つまり、年末の繁忙期を更に込み入らせる「年末に年賀状を書く」という行為は単に郵政側の都合に乗せられただけという見方も出来る。

という事は元日になってから年賀状を電子メールで送る、という行為は全くもって日本の伝統に則った正しい行為であって、むしろ「伝統」と「電脳」の幸福な融合とすら言える。

てな訳で、個人的には郵政公社が
「年賀状を出すと電子メールで年始の挨拶を送るよりこれだけ省資源化に繋がります」
という具体例を挙げてくるまで年賀状を書く気には全くならない。
え? 電子メールを使えないおじいちゃん、おばあちゃんへは礼を失してしまうって?
会いに行きなさい、会いに。年賀状を書かない分、身体が空くでしょう。

2004/11/01

ラリージャパン公式DVD

RallyJapan_DVD.jpg

開催後にテレ東で放映されたものとほぼ同じ内容。
違いは国沢親方のふざけた楽しい解説が、シリアスなナレーションに差し変わっているくらい。
まあ、国沢親方バージョンの方がユルくていい、という奇特な人には残念。

主役は圧倒的にソルベルグ。
陰の主役がリタイア以外の様々な災難に見舞われてぼやくグロンホルム。

特典にSS4とSS10の車載カメラ映像が収められていて、これがなかなか楽しい。

サーキットレースの車載カメラ映像ってのは、大抵コースしか見えないものなので退屈なうえ、「俺にも出来そうだ」と思わせてしまう弊害があるが、コース以外の観客席とかタイヤバリアとかがずっと写ってしまうようなドライバーだったら、レース翌日にはクビだろう。

その点、ラリーの車載映像は普通の山道を飛ばすので、妙に日常的なリアリティがあるうえ、ちらりと写る北海道の雄大な景色がなかなか味わい深い。

更にローブ、ソルベルグ、グロンホルムの車載映像を同時に見ることが出来る4分割画面が面白い。
どの辺りでソルベルグがグロンホルムに差を付けたのかが分かる。

残念なことに、観客席から見たら面白さ上位に入ると思われたSS12の映像が、ヒルボネンとソルベルグとロバンペラしかない。
他のドライバーのSS12を見たい方はなまら行きてぇ北海道(相互リンク)さんまでどうぞ。

2004/09/19

ラリージャパンの収支決算

え、そんなもんですか?
来年はもっとがんばって金を落とさなければ。

ラリー・ジャパン 陸別町に経済効果1億7000万円(毎日新聞)

2004/09/13

アクセス解析を眺めて

ここ2週間でアクセス数が急伸しました。
検索サイトから訪問してくれた方も増えたようです。

やっぱりソルベルグの動画が一番人気です。次はヒルボネン。まあ、順当なところですね。

「こんなちっぽけな動画じゃあ、スパイクのDVDが出るまで我慢が出来ない!」
という方はWinnyあたりで探してみてください。
観客席では沢山のビデオカメラを見かけましたから、多分転がっているでしょう。

しかしテレ東のラリー・ジャパンダイジェストの録画には失敗してしまった。
見ながら録画してたのに、なんで失敗する→自分。

とはいうものの、この番組を見たことで、自分の中のラリージャパンは一区切りついた感じですね。

2004/09/11

ラリー・ジャパン動画(SS26_おまけ)

オフィシャル(TVCrew) 1.7MB

ラリー・ジャパン動画(SS26_Hilvonen)

Rally_Japan_SS26_10_Hilvonen.jpg1.2MB

ミッコ・ヒルボネン(SUBARU Impreza WRC2004)

QuickTimeが必要です。

ラリー・ジャパン動画(SS26_ARAI)

Rally_Japan_SS26_09_Arai.jpg1.8MB

新井敏弘(SUBARU Impreza WRX)

QuickTimeが必要です。

ラリー・ジャパン動画(SS26_Solberg)

Rally_Japan_SS26_08_Solberg.jpg1.6MB

ペター・ソルベルグ(SUBARU Impreza WRC2004)

QuickTimeが必要です。

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト