2009/01/01

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
新年早々風邪を引いて寝込んでいました。避けようのない寝正月。
今年もいいことありそうな。

ところでRSSで見ていたら「炎のいけにえ」のサントラ(要iTunes)が本年正月に新規追加になったとか。
新年早々なかなか気色良いジャケット。モリコーネってこういうクズ映画でもちゃんと仕事するからえらいなあ。そうだ、これを新年の誓いにするか。どんな仕事でも一生懸命すること、、、か。仕事がそもそも見つからない人々には失礼な話だな。

2008/01/01

新年のご挨拶

新年のご挨拶

壁が汚れてるなあ。

2007/01/01

遅ればせながら年始のご挨拶

明けましておめでとうございます。
このような拙文を貴重な時間を割いてご高覧頂いている旨、大変に感謝いたします。
旧年は上半期末と下半期末で仕事が立て込んでいたり、いろんな意味で燃え尽きかけていたりと色々あって更新が滞った時期がありましたが、このように続いているのもひとえに「見てくれている人がいる」というだけで、モチベーションを新たにする事が出来たからです。
これからもよろしくお願いします。

さて、年始の挨拶というと思い出すのが赤瀬川原平の「外骨という人がいた!」(Amazon.co.jp)で引用されている宮武外骨の言葉。
年始の挨拶の葉書版・年賀状という物はかつて年始の回礼が終わった後に書くのが通例だったそうで、要するに「年賀に書くから“年賀”状」というのが正統だったらしい。
「官が『年賀状は何日までに』なんて言うな」なんて事を書いているところをみると、年賀に着くから、という考え方は郵便制度が確立してからなのかも知れない。
つまり、年末の繁忙期を更に込み入らせる「年末に年賀状を書く」という行為は単に郵政側の都合に乗せられただけという見方も出来る。

という事は元日になってから年賀状を電子メールで送る、という行為は全くもって日本の伝統に則った正しい行為であって、むしろ「伝統」と「電脳」の幸福な融合とすら言える。

てな訳で、個人的には郵政公社が
「年賀状を出すと電子メールで年始の挨拶を送るよりこれだけ省資源化に繋がります」
という具体例を挙げてくるまで年賀状を書く気には全くならない。
え? 電子メールを使えないおじいちゃん、おばあちゃんへは礼を失してしまうって?
会いに行きなさい、会いに。年賀状を書かない分、身体が空くでしょう。

2006/10/17

鈴鹿行きに使ったツールそれぞれ

アウディA3
やっぱり長距離高速走行は楽。
今回尾蹄骨付近を怪我して長時間の運転は辛いはずだったのに、嫌な感じの疲れは残らなかった。
音振関係の「振」が上手い事押さえ込まれているのは、長距離運転には大きなメリットと改めて実感。「音」に関して言えば所詮は気筒4つのエンジンだけに、踏み込めば盛大に勇ましい音が前方から聞こえてきてしまうが、踏み込むのを我慢すれば静かなもんだし。
怪我がなくて最適なドライビングポジションを採れればもっと楽だったろうな。

BZN-200前回雑感前々回雑感
大いに助けられた。
宿が鈴鹿近辺に取れず、仕方なく130kmばかり離れた鳥羽市にやっと確保。
いざ向かってみると、目的地は早い話地上からよりも知多半島あたりから船で来ることを前提としているような港町。ぎょっとするほど狭い切り通しみたいな山道を辿っていく羽目になったが、特に迷う事もなく到着。リルートにも予想以上に素早く対応したし。
もちろん検索条件に何県何市の指定が必須だから、やっぱり地図は別に必要ではあるものの、ロクに人家もないような不案内な場所を地図だけでどうこうしようとする手間を考えれば遙かに楽だと実感出来た。
だから「滅多に使わないけど無いよりマシ」でナビを付ける人には大いにお勧めしたいところ。
なんか誉めているように聞こえないが、「ナビゲーション機能」が本当に必要、という場面で役に立ったのは確か。

AR-30VE
ちょっとした値下げがあった上、その値段と性能の釣り合いが取れているせいか、只今大人気(スーパーオートバックスの店員さん談)だというセルスターの有機LED画面付レーダー探知機。
どう役に立ったのかはお察しのとおり。
ただ、先に書いたとおりA3は「振」の抑え方が上手く出来たクルマなので、振動を感知して自動起動する機能が上手く働かないのには参った。ドアを思い切り閉めないと目を覚まさないんだもんなあ。

ロックポートのスニーカー
中に鉄が入っている丈夫な作り。
ポルトガル1回、ドイツ2回、ラリージャパン3回、日本グランプリ1回、毎日の通勤数年間のお供を勤め上げてくれたので、そろそろ「俺」殿堂入りさせる予定。

2006/10/15

日本グランプリ2006動画(本戦)

素人がサーキットレースを撮影するには高い場所から俯瞰で、ということがよく判ってしまう動画。
自由席の最前列で眺めたので、フェンスの向こうのアメリカ状態。

動画を見るにはQuickTimeが必要です。

ウォームアップ(3674.6K)

レース(9652.2K)

レース終了後のパレードラップ(2454.6K)

2006/10/11

日本グランプリ2006動画(予選)

なんて事はない予選の動画。
やっぱりデジカメの動画機能は、オマケ以上のものではないですな。

動画を見るにはQuickTimeが必要です。

先に走ってるのは多分BMW。次に映っているのがシューマッハならいいな、という動画。(638.1K)

逆バンクからダンロップコーナーへの俯瞰。(4476.8K)

2006/10/10

日本グランプリのあまり貴重でもない写真それぞれ

走行中のフォーミュラカーは1台くらいしかまともに撮れなかったので、諦めて各ブースにディスプレイされているクルマをまったり撮影。
しかし撮影に使ったLUMIX TZ-1はJPG圧縮が余り上手くない気がする。

フェラーリ(110.2K)

BMW - 1(76.5K)

BMW - 2(76.2K)

BMW - 3(39.5K)
出たてほやほやの335iクーペがBMWブースに並んでた。他は1、5、6のMシリーズ。個人的にはフォーミュラカーより惹かれてたりする。
しかし全体像は人並みに埋もれて、撮れず。

BMW - 4(104.0K)
観覧車の中の「駆けぬける喜び」。

マクラーレン(77.9K)

トヨタ(81.1K)
、、、はちょと違うか、まあこういう雰囲気でしたよ写真。

2006/10/09

日本グランプリと言うより鈴鹿の雑感

日本GP決勝:アロンソ優勝でチャンピオンシップを逆転! ミハエルはリタイヤ(F1Racing.jp)

ラリージャパンを見てきた上に日本グランプリとは熊倉重春以上だな、と職場の一部同僚から皮肉られながら見てきてたりする。(34.1K)

毎度似たようなコース外バトルが勃発するウザさというか報道に飽きて、F1を熱心にチェックする事はほとんどなくなってしまった最近の自分だが、
「鈴鹿は今回で最後だって言うし、シューマッハも引退って事だし、どうだい」
という友人の誘いに一口乗った。

もっともモニターが全くない自由席で観戦したのでレース展開は全く分からず、まさに「見ただけ」。アロンソのコーナリングが他とちょっと違う事は分かったけど。

気になったのは運営面というか客あしらいというか。

続きを読む "日本グランプリと言うより鈴鹿の雑感" »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト