« 2016年6月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/07/14

スティーヴ・マッケイ ディスコグラフィー

ミュージシャン名の入っていないものは、スティーヴ・マッケイ単独名義のソロアルバム

1970年 The Stooges ”Fun House"
https://en.wikipedia.org/wiki/Fun_House_(The_Stooges_album)
1981年 Ralph Shine Blues Band "The Ralph Shine Blues Band"
http://www.allmusic.com/album/the-ralph-shine-blues-band-mw0000847910
1983年 Various "Seaside Curios”(7インチシングル・ライブアルバム)
https://www.discogs.com/ja/Various-Seaside-Curios/release/2994394

続きを読む "スティーヴ・マッケイ ディスコグラフィー" »

2016/07/10

スティーヴ・マッケイ バイオグラフィー(7)

書くのが辛かった最終回

イギーの休養宣言により、否応なしにソロ活動を開始せざるを得なくなったマッケイだが、ストゥージズの活動休止直後から様々な仕事に取りかかったり舞い込んだりしている。
自身のフェイスブックによれば、ストゥージズ活動休止直後の2013年9月、雌伏期にThe Bay Area Boat Clubで共演していた面々、Third Thursday Bandとヴァイオレント・ファムズのブライアン・リッチーとともにライブセッションを行っている。
その後、ソニー・ヴィンセントに呼ばれてグレン・マトロックやラット・スケイビーズといった元パンク勢とのレコーディングセッションに参加する。

https://www.discogs.com/ja/Sonny-Vincent-Spite-Featuring-Rat-Scabies-Glen-Matlock-Steve-Mackay-Spiteful/release/6298999

更にマッケイは、2014年のストゥージズのスケジュールが宙に浮くことが分かった時点で、ヨーロッパツアーの準備を着手したようだ。

続きを読む "スティーヴ・マッケイ バイオグラフィー(7)" »

2016/07/05

スティーヴ・マッケイ バイオグラフィー(6)

今回は、ソロ活動への傾倒とジェイムズ・ウイリアムソンとの出会い

ロンとの確執によって”The Weirdness”のレコーディングから閉め出されたマッケイは、3rdソロアルバムに向けての活動を開始した。
マッケイのスケジュール上、長期間に渡ってあちこちで行われたレコーディングセッションをまとめる、という作り方は前2作と一緒だが、こちらは明確に「ソロアルバムを作る」ことを目的としたレコーディングセッションであり、どうなるか見えていなかったという前2作とは製作過程が大きく異なる。

マッケイはアルバムのために曲を書き、ストゥージズのツアースケジュールによってはツアー先で人とスタジオを手配し、録音した。例えばダブリンでライブを行った2008年6月にはESTELの面々とレコーディングし、フランス&モナコツアーが行われた2010年7月にはモナコに近いフランスのエズという村で録音している。

続きを読む "スティーヴ・マッケイ バイオグラフィー(6)" »

2016/07/03

スティーヴ・マッケイ バイオグラフィー(5)

今回は再結成ストゥージズへの参加とロン・アシュトンとの確執

2001年、ロン・アシュトンは元ダイナソーJr(今は現ダイナソーJr)のJ.マスキスが組んだユニット、J.マスキス&The Fogのツアーにパートタイムで参加して、主にストゥージズトリビュートのパートで共演することになった際、マッケイにサンフランシスコでの共演を打診した。
これを承諾したマッケイは、サンフランシスコのGreat American Music Hallのステージに上がり、ロン・アシュトンと30年ぶりに”Fun House”と”1970”を演奏した。

続きを読む "スティーヴ・マッケイ バイオグラフィー(5)" »

« 2016年6月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト