« Michigan and Arcturus | トップページ | 「北の国から」 »

2016/05/05

ストゥージズが再結成に至るまでの短い話

ツィッターで相互フォローさせていただいている方と会話を交わしているうちに、ストゥージズが再結成に至るまでの裏話が整理できた感じがするので、まとめてみた。
以下の文章は、多分、イギーの語り下ろしバイオ本が出るまでしか賞味期限がないと思うが、自分の頭を整理する意味で書いているだけなので、ご容赦いただきたい。

ヴェルベット・ゴールドマインのサントラ(1998年リリース)で、ロン・アシュトンと元ミニットメンのベーシスト、マイク・ワットが共演

2000年、ダイナソーJrのフロントマンとして知られるJ .マスシス(マスキス)が、ダイナソーJr解散後にドラマーだったジョージ・バーズとマイク・ワットをバックに従えてJ.マスシス + The Fogとして活動開始

2001年、J.マスシス + The Fogのツアーでストゥージズのカヴァーを演奏するパートが加わり、そのパートでだけステージに上がる、という形でロン・アシュトンがツアーに参加

ロンがストゥージズのカヴァーを演奏していると聞いたイギーが真偽を確認するために、ロンへ連絡
→ロンが再結成への意欲を示し、イギーが承諾
→“イギーが25年ぶりに昔の電話番号を回したらアシュトン兄弟に繋がった”という都市伝説はこのこと?

2001年4月27日にサンフランシスコのグレート・アメリカン・ホールで行われたJ.マスシス + The Fogのライブで、スティーヴ・マッケイがステージに上がり、ロン・アシュトンと“1970”と“Fun House”を共演
→これが大変上手くいったようで、ロンとマッケイは「また、やろうな」と約束して別れる(マッケイ談)

2001年6月18日、イギー、ソロアルバム「Beat 'Em Up」リリース

(6/19追記)
2002年8月2日、J.マスキス、アシュトン兄弟、マイク・ワットの4人が、ベルギーのロックフェス、PUKKELPOPで企画されたライブセッション「Tribute to The Stooges」に参加
この時、マイク・ワットはアシュトン兄弟から再結成ストゥージズへの参加を打診される。

2002年、イギーのソロアルバム「Skull Ring」のレコーディングにロン・アシュトン、スコット・アシュトンが参加
→ロン・アシュトンはギターだけでなくベースも演奏

2003年3月14日、コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバルに、「Skull Ring」のプロモートも兼ねて、“今回限り”の再結成ストゥージズが登場することが発表される。

2003年4月27日、コーチュラフェスに再結成ストゥージズ登場。メンバーはイギー、ロン、スコット、マイク・ワット、スティーヴ・マッケイ

2003年後半、コーチュラフェス限りだったはずの再結成ストゥージズがあちこちのイギーのツアーに登場し始める。

2004年3月14日、正式にストゥージズ名義のワールドツアーが開始される。
→記念すべき第1回は、大阪南港ACTホール

2006年9月22日、アルゼンチンのライブを以て、長期に渡る再結成ツアーが終了

2006年10月、「The Weirdness」のレコーディング開始

2007年3月6日、「The Weirdness」リリース

イギーのインタビューや、その他のメンバーのインタビューを確認(飛ばし読み)しても、正式に「本日を以てストゥージズを再結成する」というステートメントは見当たらないので、2003年を様子見に充てて、ライブでもスタジオでも上手くいきそうだから、2004年に改めて正式に動き出したものと思われる。
この辺が記者会見で「俺たちは共通の大義を見いだした、金だ(ジョン・ライドン談)」という名言を残したセックス・ピストルズ再結成ツアーと違うところ。
イギーとロンの確執は中々深いものがあったらしいので、お互い慎重に事を運んだ、ということでしょうな。

「ジム(イギー)は半信半疑で兄貴に言ったんだ。
“自分がその場にいたら、どうなっていたのか見当付かないな”。
兄貴はこう答えたよ。
“心配するなよ。みんなそれを聴きたがってるんだ。信じてくれ、始めようぜ”。
で、そうしたわけだ。偉大なる始まりだよ。素晴らしい動きだろ。俺は今幸せだよ。これがずっと続けばいいと思っている」(スコット・アシュトン)

参考資料:
http://www.punkglobe.com/stevemackayinterview1209.html
http://www.advertiser.ie/galway/article/29391/steve-mackay-sax-man-talks-the-stooges-iggy-and-estel
https://en.wikipedia.org/wiki/J_Mascis_%2B_The_Fog
http://www.hootpage.com/hoot_fog2001-2diary7.html
http://www.musicradar.com/news/drums/scott-ashetons-final-rhythm-interview-596459
http://www.iggypop.org/iggy2.html
http://www.iggypop.org/iggypopinterviews2001.html

« Michigan and Arcturus | トップページ | 「北の国から」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/63585290

この記事へのトラックバック一覧です: ストゥージズが再結成に至るまでの短い話:

« Michigan and Arcturus | トップページ | 「北の国から」 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト