« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016/05/08

Ready to Die


Wikipedia

内容はKill City
正確に言うと、予算も機材も揃った状態で録音されたKill City
同じくジェイムズ・ウイリアムソンがプロデュースしたRaw Power(実質プロデュース)やNew Valuesにも通じる部分があるが、Raw Powerほどエッジではなく、New Valuesほどソフトでもないので、やっぱりKill City。
スコット・サーストンも参加しているし(#9の”Beat that Guy”でキーボードを弾いている)。

自分も諸兄同様Kill Cityを気に入っているので、Kill City風味の本作ももちろん気に入っている。

本作にあってKill Cityに無いのはそこはかとない哀愁。勢いはあるのにどこか物悲しい感じが漂うBurnから始まり、スコット・アシュトンが作曲者に名を連ねるThe Departedでしめやかに終わる本作は、ジャケット共々“滅びの美学”的なものを感じさせてくれる。
そういう美学を力むことなく提示できるのが経験を重ね倒したベテランの余裕なんだろうが、聴いていると「男は死ぬと分かっていても戦わねばならない時がある」「もののふの道と云ふは死ぬことと見つけたり」という言葉が自然と脳裏に浮かんできておっさんのボンクラ魂が点灯するという、世にも珍しい作品に仕上がった。かつての自分を思い出して点灯するのではない、リアルタイムの自分の中で点灯するのだ。

アメリカでも評価は高く、ストゥージズのアルバムとしては初めてビルボードのTop 100にチャートインしている。

5/19訂正:"Raw Power"が52位にチャートインしている。ケアレスミス。

http://www.billboard.com/charts/billboard-200/2013-05-18

ヨーロッパでは当然のことながら各国チャートにチャートイン。

http://www.officialcharts.com/search/albums/ready%20to%20die/

http://www.lescharts.com/showitem.asp?interpret=Iggy+And+The+Stooges&titel=Ready+To+Die&cat=a

ちなみにKill Cityにあって本作に少ないのが疾走感あるいは焦燥感。これはベテランの余裕と引き替えに失ったと言えるか。

続きを読む "Ready to Die" »

2016/05/07

何故か大物が立て続けにリリース

レッチリ"Dark Necessities"とレディオヘッドの "Daydreaming"
インスタをブログに貼るとどうなるのかという実験も兼ねて

続きを読む "何故か大物が立て続けにリリース" »

「北の国から」

連休中に日本映画専門チャンネルで特集放映していたのをたまたま見かけた嫁がハマって、「北の国から」連続鑑賞にひたすら付き合う今日この頃
このチャンネルでこの特集が始まった時は、また誰か死んだのか、と一瞬思った。

このドラマは今見返すと、物質文明に戦いを挑む救世主・黒板五郎の福音書なんだなあ。

だからイエス・キリストであるところの五郎には次々と厄災が降りかかる。
彼だけでなく彼の支持者にも順番に試練が降りかかる。
悪人は、自らが悪を成していると理解していないので地獄に落ちるだけで現世で天罰は下らないが、五郎を理解したうえで裏切るものには天罰が下る。
東京はバビロンで北海道は約束の地
最終回"遺言"はハルマゲドン的に始まり、五郎の言葉で終わるという黙示録的構成

具体的にどれがどの聖書のエピソードに当たるってわけじゃないが、倉本聰はキリスト教徒の家庭に育ったそうだし、ドラマ中にキリスト教のイメージがところどころに登場するところからも、そう思う。

ところで、“遺言”では、柳葉敏郎演じるグリーンエネルギー支持者をカリカチェア的に描いているので、倉本聰はこの辺りで現実のエコ論者に失望したのかもと思ったが、その後の活動を見るとそんなこともなかったのか。

2016/05/05

ストゥージズが再結成に至るまでの短い話

ツィッターで相互フォローさせていただいている方と会話を交わしているうちに、ストゥージズが再結成に至るまでの裏話が整理できた感じがするので、まとめてみた。
以下の文章は、多分、イギーの語り下ろしバイオ本が出るまでしか賞味期限がないと思うが、自分の頭を整理する意味で書いているだけなので、ご容赦いただきたい。

ヴェルベット・ゴールドマインのサントラ(1998年リリース)で、ロン・アシュトンと元ミニットメンのベーシスト、マイク・ワットが共演

2000年、ダイナソーJrのフロントマンとして知られるJ .マスシス(マスキス)が、ダイナソーJr解散後にドラマーだったジョージ・バーズとマイク・ワットをバックに従えてJ.マスシス + The Fogとして活動開始

2001年、J.マスシス + The Fogのツアーでストゥージズのカヴァーを演奏するパートが加わり、そのパートでだけステージに上がる、という形でロン・アシュトンがツアーに参加

ロンがストゥージズのカヴァーを演奏していると聞いたイギーが真偽を確認するために、ロンへ連絡
→ロンが再結成への意欲を示し、イギーが承諾
→“イギーが25年ぶりに昔の電話番号を回したらアシュトン兄弟に繋がった”という都市伝説はこのこと?

続きを読む "ストゥージズが再結成に至るまでの短い話" »

2016/05/02

Michigan and Arcturus


Allmusic

このアルバム音源を録音中のマッケイの状況はこちらで説明させていただいております。

スティーブ・マッケイ バイオグラフィー(4)

2015年10月10日に敗血症で亡くなったストゥージズのサックスプレイヤー、スティーブ・マッケイの2ndソロアルバム。2006年9月26日発売。
1stはこのアルバムの2週間ほど前の9月10日にアナログ盤限定で発売された”Tunnel Diner”。アナログ盤は今の自分では聴けないので、こちらは涙を呑んで飛ばすこととする。

本作のタイトルの由来はマッケイが星に向かって「自分はどこから来たんだ」と問いかけたら「ミシガンとアークトゥルス(うしかい座α星)」という答えが返ってきたからだとか。少なくともスリーブにはそう書いてある。
日本国内では入手困難だが、結構簡単に個人輸入できる。送料込みでも日本で馬鹿みたいな値段で買うより全然安い。どっちで買っても輸入盤だし。なので自分もそうしたが、ケース無しで送られてきたのはびっくりした。
もし買う場合は、ヨーロッパで比較的よく売れたようなので、ヨーロッパのショップで見つけて買うのが吉。アメリカではAmazonで中古盤をとんでもない値段で売っている。

https://www.amazon.com/gp/offer-listing/B000IY06MK/ref=dp_olp_used_mbc?ie=UTF8&condition=used

続きを読む "Michigan and Arcturus" »

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト