« Zombie Birdhouse | トップページ | Instinct »

2016/03/30

Blah Blah Blah


Wikipedia

音楽的に不作だった頃のボウイがプロデュースし、イギー自身も「あれは名前以外はボウイの作品」なんて発言をするくらい嫌っているせいか、当時の売れ行きに反比例して近年の評価が低いアルバム。
個人的には、初めて国内盤で入手できたイギーの新譜という結構思い出深い作品なので、そこまで邪険にしないで欲しいなあ、と思ったりする。

今となっては多少古びた部分もあるにしろ、さすがは華やかなりしボウイブランド、商品として隙なし。シングルカットされたカヴァー曲のReal Wild Childもどんぴしゃりで、イギー最初で最後の全英チャートベスト10入り。曲調もバラエティに富んでいて飽きがこないし、表題曲なんかライブ向きのせいか割と演奏してくれてるイメージもある。スティーヴ・ジョーンズのギターの聞かせどころもちゃんと作ってるし、なんでここまで評価が低いかなあ。

イギーのインタビューによれば、ボウイの自宅に遊びに行った時にボウイから退屈なデモを聞かされてうんざりしたので「デモなら俺もあるぜ」と掛けてみたところ、最初は乗り気じゃなかったボウイが「これはいい。スタジオも安く貸すし、プロデュースも引き受けるからレコーディングしないか」と言い出して、イギー5年振りのメジャー復帰に繋がったのだという。

何でボウイが乗り気じゃなかったのかというとイギー曰く「俺が低音でホッホって唸ってるだけの曲をまた聞かされる、と思ったんじゃないか」。“また”ってことは前科があるのか。

イギーと違って身も蓋もない言い方をすると、ボウイは当時のイギーに関して、ヴォーカリストとしてはともかく、ミュージシャンとしての能力は疑っていたと思われる。悪気はなかったろうが、おそらくレコーディングも子供扱い的な進行だったかも。イギーがこのアルバムを嫌っている一因はそんなところじゃないだろうか。

ところで、イギーが聞かされたボウイの退屈なデモとは、時期的にNever Let Me Downの事と思われる。イギーのBang Bangが収録されているのは「あれ?イギーの曲って中々いいじゃないか」と思ったボウイが旧作を聞き直したからかも知れない。

« Zombie Birdhouse | トップページ | Instinct »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/63417524

この記事へのトラックバック一覧です: Blah Blah Blah:

« Zombie Birdhouse | トップページ | Instinct »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト