« 2011年9月 | トップページ | 2013年2月 »

2011/10/29

その男凶暴につき

この映画で演劇的な要素を担うのは脚本だけ。「組織に見放された狂犬同士の決闘」というラストがきちんと用意されている。
しかし、そのラストに向かうまでの描写は、

爽快感のないリアリスティックな暴力
次のシーンへ移る、或いは移る直前までをわざわざ映すことによるゆったりとしたテンポ

というHANA-BIまでの北野映画を特徴付ける抑えたスタイルによって成り立っている。

このようなスタイルがデビュー作から顕在化しているのは、おそらく、たけしの突っ込み気質や報道で耳にするシャイな性格が、自分が監督する映画に気恥ずかしい「映画的リアリズム」の導入を許さなかっためだと思われる。
例えば、途中で容疑者と刑事が殴り合いをするシーンにしても、殴り合いと言うよりもみ合いで、その前のシーンで「映画風」なアクションを試みた刑事はあっさりと殴り倒されている。
結局、演劇的な派手な殴り合いなんて町中ではまず見られないわけで、だからアクション映画が商売になるわけだが、たけしにしてみれば嘘くさいシーンにしか見えなかったのだろう。

「映画的な暴力が乏しい暴力映画」といえば一足先に松田優作が「野獣死すべし」と「ア・ホーマンス」で試みている。残念ながら彼にはその描写を洗練させるだけの時間が無かった。
映画的でない暴力映画の先達として「フィルムノワール」が存在することを考えれば、たけしが松田優作の後を引き継いだのは偶然だったのかも知れないが、「バタ臭くない和製フィルムノワール」が誕生するにはたけし自身の資質が必要だったとは思う。

その男、凶暴につき(Wikipedia)

と、ここまで書いて「その男、凶暴につき」をぐぐってみたら、素晴らしい評論を見つけたので、この辺で書くのは止めようと思ったりする。

浮気なシネ漫歩

ところで、この映画に出演していた主要な俳優のうち、佐野史郎だけは今のところその後の北野映画に全く登場していない。
北野武がインタビューで「演出に注文を付ける俳優は二度と使わない」とよく言っているが、その第一号が彼だったのかな。

2011/10/07

Stay hungry, Stay foolish, Stay Apple

Jobs

スティーブ・ジョブズ氏、56歳の生涯(wired.jp)

「ハングリーであれ、馬鹿であれ」
スタンフォード大学の有名な講演でスティーブ・ジョブズが語った言葉は彼自身のオリジナルではなくて、70年代の伝説的なカタログ誌「The Whole Earth Catalog」の最終版のバックカバー(flikr)が元ネタだった。
同じ講演中にジョブズ自身が元ネタを明かしているので別にパクリとか言うつもりはないが、本人オリジナルの言葉ではないものが彼の名言として残ってしまうという点が、クリエイターではなくビジョナリーだった彼らしいエピソードという気はする。

なんて事を書いてしまったものの、彼をカリスマ視するな、特別視するな、という意見に与する気も実はない。
むしろ、見事なまでにアップルに準じた人生を見るにつけ、やっぱり天才だったんだなあ、という思いが残る。
合掌

« 2011年9月 | トップページ | 2013年2月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト