« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/18

予想されるのは豊かな晩年

ロシアのアンジ、ロベルト・カルロスの獲得を発表(スポナビ)

長友がインテルで初スタメン フィオレンティーナを下して3位に(スポナビ)

アメリカのミュージシャンで本当の大物は、アルバムは出していなくてもツアーで儲ける。そう考えるとロベカルは今が収穫期なのかも知れないな。

そういやロベカルはインテルで不遇の時代を過ごした後にレアル・マドリーでブレイクしたんだっけ。
もっとそういえばマクスウェルはサントンの台頭でインテルを追い出されてバルサに行って新ドリームチームの一員としてスタメンを張っている。
ということは、今、スペインの2大クラブ=世界のメガクラブに最も近い位置にいるのが長友なのかも知れない。

2011/02/17

ナンチャンは出てたけどね

諸事情から「内村さまぁ〜ず」(Wikipedia)のDVDをほぼ毎日見ているような日々をしばらく送った。双方共に冠番組を持てるような豪華なレギュラーだが、なぜか吉本の芸人は誰も出ていない。コンテンツ囲い込みとか、実はどこかと独占契約を結んでいるとか色々あるんだろうが。
東京ポッド許可局で「最後のM1審査員にさまぁ〜ずの大竹を読んだけど、本当はウッチャンを呼びたかったんじゃないのか?」と指摘していて、松本人志と仲がいいことからもひょっとしたら図星だったのかも知れないが、自分の番組がこういう扱いを受けているんだから出るわけ無いよなあ、、、ってのは勘ぐり過ぎか、だろうな。

2011/02/16

国が変われば免停は無関係だっけ?

開幕戦スウェーデン/デイ3:ミッコ・ヒルボネンが波乱のラリーを制す(RALLY PLUS.NET)

ソルベルグ免停かよ。次のラリーもコドラが走るんだろうか?
おそらくスウェーデンから出国すれば免停は一時凍結になるんだろうからそんなことはないだろうが、ソルベルグが再入国した時点でまた発効と言うことになるのかな。

形もカラーリングも変わったWRカー。小さいクルマは嫌いじゃないから結構いいが、まだ色と形とチーム名が一致しない。フィエスタ日本で売らないかな。DS3よりは安そうだ。
というかルノーがメガーヌをスポールから導入してその後は未定であるという事実が示すように「日本でドイツ車イタ車以外のクルマを買う人は固い信念に基づいている」というイメージは本当のようだから、日本フォードもフィエスタRS、、、は市販車じゃないか、フィエスタSTだけ入れるという通向けの小さな商売に徹すれば、在庫も捌けて火傷せずに済むかも知れない。
でもDS3より高いだろうな。

2011/02/11

iPad愛用者らしい

アフシン ゴトビ監督就任会見について(清水エスパルス)

同姓同名の別人かと勝手に思っていたが本人だったんだなあ。清水も渋いところを付いてくるなあ。

2011/02/09

スペインでも有名人、、、って訳ではないらしい

インテルがローマとの打ち合い制す、長友デビューで存在感見せる(スポナビ)

長谷部所属のボルフスブルクが監督解任 後任はリトバルスキー(スポナビ)

そういや、サネッティって元々サイドバックだったよな。
長友は採点対象になったんだ。

スティーブ・マクラーレンって若手中心のチームを率いるとそこそこイケるって監督だったのか。リティも監督としてはどうかと思うが。ドイツ人の監督経歴としては例を見ない経験を積んではいるけれど。

ところでどちらのニュースもソースはスペインのマルカ紙。移籍市場でそこそこ話題になったと思われる長友の出場が扱われているのは分かるが、後者では「日本代表MF長谷部誠が所属するボルフスブルグ」とチーム名が紹介されている。
スペイン人はそう紹介されてピンと来るものなんだろうか、と不思議に思って原文を確認してみたが長谷部の名前は出てなかった。日本向けのアレンジらしい。

2011/02/08

川が流れない理由を聴きに行く

Ocean Colour Scene、来日決定(2011年3月)(iLoud)

フジロックにも来てたんだ。知らなかった。

んで、チケットは確保したので予習だ、と満員電車の中で久々に「Moseley Shoals」(Amazon)なんぞを聞き始めたら、危うく涙が出そうになった。特にこのアルバムに泣けるような思い出も無いんだが、強がってこういう音楽を聴いていた若い頃をふと思い出して、そんな自分の哀れさに泣けてきたのかも知れない。おかげでこの手の音楽しか聴けなくなってしまった。

今の自分なら「無理してそんなの聴いたからって、モテねえぞ」と教えてやれるんだが。

2011/02/02

事実は小説よりも、、、

長友が王者インテル移籍 期限付き、地元の注目高く(スポナビ)

スポナビ経由でデイリーの「長友ユベントス入りへ」(スポナビ)という噂を読んだときは全くの飛ばしと思ったが、それを上回る現実が実現(回文)。
ついこの間までウチの近所の府中で上下動を繰り返していた男が、今や世界王者の左サイドバックになってしまった。反対側にはマイコンがいるぞ。インテルがモウリーニョの下でそこそこ育った同じ左サイドバックのサントンを放出したからには間違いなくレギュラーだろう。
こうなるとパク・チソンの代表引退が惜しまれる。この2人のマッチアップは間違いなく「アジアで唯一『世界レベル』の競り合い」認定になったはずだから。

ところでトーレスのチェルシー入り(スポナビ)。
今不調のトーレスがどの程度復活できるのかも気にならないではないが、どちらかというとアンディ・キャロルを奪われてしまったニューカッスルの行く末が気になる。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト