« 例えが悪かった、という話 | トップページ | 左サイドが熱かった日 »

2010/10/31

立川志らく独演会

立川志らく独演会 赤羽会館・講堂(北区)(officeダニーローズ)

志らくの高座は今年で3回目。1回目は日経ホールで桂雀々とのコラボ企画で「文七元結」と「疝気の虫」。2回目は圓生トリビュートで「死神」。で、今回は「寝床」と「子別れ」。
子別れのマクラで聞いた限りでは、これから先の口演では文七元結が結構多いようなので、「志らく百席」でもないのに演目が被らなかったのは運が良かったのかも知れない。ちなみに同じマクラで「今日のネタは直前に考えました」と言っていたから、主催者側からの注文は特になかった模様。他は何を話すか先に教えてください、という主催者なのかな。

いつもどおりの出足の遅さと板橋本町JCTの混雑と大雨、狭いコインパーキングに切り返し切り返しでクルマを放り込む、という複合的な原因に祟られて13時半開演の高座に45分遅れで赤羽に到着。開口一番には間に合わず。ただし志らくの高座には間に合った。ちょうどマクラのところ。客の入りは7分くらいか。意外に少なくて驚く。ほとんどが人生の先輩方。
「英語が分からないから英語の歌は聴けないって人はいませんよね。それと一緒で浄瑠璃も上手い人が演じると言っていることが分からなくてもいいものなんですよ」と始まって「寝床」へ。志らくのマクラは短くていいね。今回くすぐりにピンと来なかったのはお客のほとんどが自分より年齢層の高い人だったからだろう。
ここで休憩。休憩時間中にこの会場には駐車場があることに気がつく。考えてみれば公共施設だから当たり前か。慌ててコインパーキングに駐めて損したなあ。
続いて「子別れ」。「直前にこの噺をすることに決めました」といいつつ「持ちネタは200あります。林家木久蔵、、前のきくおくんですね、彼は3つだそうですけど」と1つ笑いを取って吉原の話へ、そして子別れ。弔いからの遅くなった理由の一つに「生焼けは嫌だって故人が言ってたから、焼け落ちるのを確認してた」ってのがあるのが笑った。あとは一緒に木場へ向かった番頭が道中で見つけてしまった息子に声をかけようかかけまいかと逡巡している熊五郎に「馬鹿っ! 会ってやるんだよ!」と叱りつけるところにぐっと来たりしている。でも、志らくの人情噺はどこか乾いているのがいいよな。

志らくはいつも水準以上を聞かせてくれるよなあ、と思いつつ引き上げる。
ここんところ落語ファン倶楽部やグッズを売っている会場が普通だったので、そういったものの売り場が全く無かったのが久々で新鮮というか地味に感じたというか。本当は落語ファン倶楽部を買うつもりでいたんだんだけど。

« 例えが悪かった、という話 | トップページ | 左サイドが熱かった日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/49891658

この記事へのトラックバック一覧です: 立川志らく独演会:

« 例えが悪かった、という話 | トップページ | 左サイドが熱かった日 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト