« 要するにエヂムンドの監督版か? | トップページ | 山ちゃんのプロ根性を堪能した夜 »

2010/09/06

VWの豪快な合理性

ポルシェがVWのスポーツカー用プラットフォームを製造!(Autoblog jp)

以前、こういうブログの文章(アゴラ)にこんな事を書いてトラックバック送信してみたが受信されなかった。受け付ける条件があるんだろう。

さて、自分が書くまでもなくVWはアウディを飲み込んだ後、その立ち位置を確保するのに苦労したせいか、ブランドの活かし方が世界のおそらくどこの自動車メーカーよりも上手い。
そんなわけでR8を開発し、ランボルギーニを傘下に置くアウディがいるにも関わらず、世界的スポーツカーメーカー・ポルシェにグループのスポーツカープラットホームの開発権を渡してしまった。
この判断はドイツ人の突き詰めた合理性をよく表している気もするが、「ポルシェが善、VWは悪」とする上記ブログの内容は、VWのことをよく分かっていないまま書いたんだろうなあ、と改めて思った次第。
要するに、単なる二元論で物事を判断するなってことですね。そのうえ、題材に対して理解がなければ余計にその善悪を際立たせてしまう、ってことで。

« 要するにエヂムンドの監督版か? | トップページ | 山ちゃんのプロ根性を堪能した夜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/49365253

この記事へのトラックバック一覧です: VWの豪快な合理性:

« 要するにエヂムンドの監督版か? | トップページ | 山ちゃんのプロ根性を堪能した夜 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト