« 年俸が上がるとは意外 | トップページ | VWの豪快な合理性 »

2010/09/02

要するにエヂムンドの監督版か?

ザッケローニ監督「初のイタリア人監督というのは大きなチャレンジ」 (スポナビ)

今週のサカダイはC大阪特集なるも、見開き以上の記事で代表監督も扱っていた。
「発売日までには決まらない!」と勝負を賭けたのなら外れた格好。もちろん勝負は勝ち負けがあるから勝負と書くのであって、外れたのは仕方ない。
個人的には興味深かったのは代表監督の選出に難航している理由と協会が掲げる「次期代表監督の条件」。
難航していたのは、これまでは監督を「外国の協会との関係」で呼んできていたが、それを止めて通常の監督選考と同じ手法「条件を挙げ、それに当てはまる人材を捜し、その人に声をかける」を選択したため。初めての活動だけに経験不足から色々あったらしい。

更に選出条件をみると「スペイン人であること」「スペインサッカーを目指す」とは別にどこにも書いていない。
考えようによっては、曲がりなりにも日本サッカー界の指導的立場にある団体が、そんな具体的な国名を挙げるような稚拙な目標を掲げるわけが無いのは分かっていたが、やはり原委員長に対する先入観と「バルデベルデの名前が挙がった」ということで、自分も「目指せスペイン」報道に毒されていたということかと、遅まきながら気がついた。

トゥット・スポルトはザッケローニのことを「終わった人」と言っているらしいが、それでも錚々たる面子の並ぶセリエA歴代優勝監督のうちの1人。この格の監督が極東にやってくるなんてことはこれまで考えられなかったわけで、もちろん代表の健闘が後押ししてくれたんだと思う。それを利用しただけでも日本協会を称えたいところ。
「ジーコでいいじゃないか」なんての(Wikipedia)がいないと違うなあ。

もちろん格とレベルは一致するわけではない訳で、ザッケローニが引く手あまたの超一流レベルなら2億円(らしい)という年俸を呑むはずがない。同じセリエA優勝監督のジョゼ・モウリーニョの年俸はその10倍以上なわけだし。
ただ、どちらかというとセリエAのお笑い系選手だったエヂムンドが、まだバリバリの現役状態でJに来たらもの凄いハイレベルなプレーを見せてくれたことを思い出すと、やっぱり期待はしてしまうなあ。

« 年俸が上がるとは意外 | トップページ | VWの豪快な合理性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/49320328

この記事へのトラックバック一覧です: 要するにエヂムンドの監督版か?:

« 年俸が上がるとは意外 | トップページ | VWの豪快な合理性 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト