« 自分で道を切り開けるなんて最高じゃないか | トップページ | 「気がつくと勝っている」のが真骨頂 »

2010/06/25

まだ先は長くあってくれ

日本、2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決定!(スポナビ)

フォーメーションをちょっと変更してきた日本はデンマークに速い強い上手いと三拍子揃ったプレーを披露され、どうなる事やらという10分間になったが、フォーメーションを元に戻した後はそれなりに凌いで意外にも先制。
「守りを固めるのはいいけど、攻撃はどうするんだよ」
「そりゃ、フリーキックだろ」
という冗談半分の意見はよくあるが、それが本当になってしまった。実際にはゴール近くまで攻め込んでファウルを貰わないとセットプレーから得点するのは難しいが。

本田のゴールも遠藤のゴールもWSDの受け売りで言えば、相手キーパーは壁に隙間を作らせておきながら、ヤマを張って隙間以外の場所に位置するという矛盾した守り方をしていて、そこを突かれた格好。

トマソンはとてもいい人である、というエピソードが日韓W杯の時に披露されていたが、今回は捕まえにくいトップ下として日本DF陣を「たまに」苦しめた。
しかしこのトマソン、デンマークのツキの無さを象徴しているようなところがあって、シュートの際に足にボールが収まりきらない、という場面が続出。う〜ん、イタリアやドイツで成功できなかったのはこの「あと一歩の足りなさ」のせいか。日本だと大久保がそうですか。

さらにその象徴ぶりを際立たせ、おそらくオルセン監督にとって一番の誤算となったのが、彼がPKを決めた際に怪我をして動けなくなった点。交替枠を使い切っていたので引っ込められず、おかげでパワープレーでロングボールを放り込んでも落ちたボールを拾いに行く人材が足りなくなってしまった。
そして、デンマークがロングボールを放り込む→1/3くらいの割合で日本が拾ってしまう、という勿体ないプレーが続いたあと、残り3分でカウンターから日本に引導を渡されてしまうのであった。

しかし、欧州予選で5失点しかしていないチームから3得点してしまうとはなあ。フリーキックの2得点はご褒美と考えておいた方がいいかな。それでも引き分けだからグループリーグ突破は出来るしな。

中澤が涙をこらえて大人なコメントをしていたのが印象的。そうだよな、まだ先は長いしな。

« 自分で道を切り開けるなんて最高じゃないか | トップページ | 「気がつくと勝っている」のが真骨頂 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/48715004

この記事へのトラックバック一覧です: まだ先は長くあってくれ:

« 自分で道を切り開けるなんて最高じゃないか | トップページ | 「気がつくと勝っている」のが真骨頂 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト