« 「交替選手は俺」ってのはダメ? | トップページ | 時事の記者も興奮したらしい »

2010/06/15

アテネから南アフリカへ

日本、本田のゴールを守り切る! 2大会ぶりにW杯で勝利(スポナビ)

やはり代表の支持率なんかゼロ%だって構わないってことか。

スタメンを見た瞬間、
「おい、ゼロトップかよ、それは一昨年の流行だぜ、岡ちゃん」
と思ったものの、トッティ、フランサと違って本田はちゃんと身体を張るのであった。
しかもアンカーに阿部勇がいて、右サイドバックは駒野。遠藤はいるが中村俊は不在。明らかにイングランドーコートジボワール戦からの流れ。
しかも、真ん中で守って守って攻撃はサイドサイドサイドから。本当に全盛期の横浜FM方式を適用しやがった。
この2年間は何だったんだろう。

しかし代表はいい試合をするのであった。実況の野地俊二が「日本、『やられてる』って感じじゃありませんよね」と口を滑らせたくらいに。何年ぶりだ、面白い代表戦って。父オシムが監督していた頃の3大陸トーナメント以来かな。

「本番で突如バランスを見いだすチームがある」
とは何度も書いたサイモン・クーパーの名言ではあるものの、我らが代表にもそれが当てはまるとはねえ。

中継局がNHKってのも味方していたかも知れない。代表のしょっぱい試合とセルヂヲって何故かいつもセットになるからなあ。それともセルヂヲの声が聞こえるとどんな試合でもしょっぱく見えるのかな。

思ったより上手くいかなかった感じがあるのが後半最後に登場した矢野。
久々の世界戦だったせいか戸惑っているように見えた。「こんなに速いんだっけ?」ってな感じで。
それとやっぱりあのボールは扱いづらいようですな。敵も味方も1人1回はミスってた感じだから。

解説の山本昌邦が「いいですよ、阿部」と感極まったように言っていたが、そうだよな、「アテネからドイツへ」の有力候補だったはずだもんな。そういえば松井も大久保も闘莉王もそうか。
この2年間+父オシム以前の4年間は何だったんだろうなあ、川淵(Wikipedia)。

« 「交替選手は俺」ってのはダメ? | トップページ | 時事の記者も興奮したらしい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/48633913

この記事へのトラックバック一覧です: アテネから南アフリカへ:

« 「交替選手は俺」ってのはダメ? | トップページ | 時事の記者も興奮したらしい »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト