« これでも「mini」でいいんだろうか | トップページ | W杯初得点者が相次いだ日 »

2010/06/19

これで監督のなり手が探せる

日本、惜しくも敗れる 決勝トーナメント進出決定は3戦目に持ち越し(スポナビ)

オランダは明らかに慎重な試合運びで入り、それは一貫して変わらなかった。
オランダの悪癖でよく挙げられるのが「格下を舐めてかかってずっこける」というのがあって、調子に乗ってパスを回しすぎて奪われてカウンターを喰らって、、、なんてのがよく知られたパターンだが、今回は無理をしないでダメならすぐにDFに返していた。
監督のメンタルコントロールが一流だってのもあるんだろうが、ここんところ欧州の一流国が中堅国に負けたり引き分けたりしているのを見て、更に気が引き締まったんじゃないだろうか。
それに楽勝ムードのオランダ国民と違って、監督とお目付役(ファン・ブロンクホルスト)がフェイエノールトで小野と一緒だった、というのも大きかったかも知れない。「イメージよりもイケてるよ、日本人プレーヤーって」ってことを実地で知ってるわけだから。

とはいうものの、そんなオランダ相手に「悔しいな」と思える試合が出来た。
得点場面のファン・ペルシのハンドと長友が喰らったPA内のファールは見逃された、、、って悔しがれるポイントがあるのが凄い気もする。

しかも、後半終盤オランダは攻撃の主力を引っ込めたが、「余裕の温存」というよりも「カウンター&ロングボール狙い」という感じの交替。なるほど、オランダの守備固めってこうなんだ。

後半の日本の選手交替は、岡田監督が横浜FMでたまにしていた「座して死を待つよりは、、、又の名を錆び付くよりは燃え尽きたい」タイプの交替で、実は更に傷口を広げるパターンの方が多かった気がするが、今回はオランダが引いてくれたおかげでそれなりに機能。予選で使われていた面々が終盤に揃った感じだが、逆に言うとやっぱりこの面々は相手がラッシュをかけてくるかも知れない試合開始場面からは危なくて使えないのだな。

しかし、オランダ相手にこういう試合が出来るならデンマークには勝てるんじゃないか? 少なくとも「日本を応援するのは日本国民しかいないから」という義務感から無理に応援するなんて犠牲的精神は発揮せずとも、自然に期待できると思う。

サカダイで「今の日本代表監督はいくら金を積んでも欧州の人材が引き受けたがらないと思う」と寂しいことが書いてあったが、こういう試合を続けることが出来れば「かつてJリーグでプレーしていて監督経験は極小」なんて人材に頼らなくても良くなるかも知れない。「言うことを聞いてくれない監督は嫌だ」なんての(Wikipedia)もいないし。おそらく今回でクビになりそうなル・グエンなんてどうだろう。

« これでも「mini」でいいんだろうか | トップページ | W杯初得点者が相次いだ日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/48671983

この記事へのトラックバック一覧です: これで監督のなり手が探せる:

« これでも「mini」でいいんだろうか | トップページ | W杯初得点者が相次いだ日 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト