« 「気がつくと勝っている」のが真骨頂 | トップページ | 夢のつづき »

2010/06/29

神なんだから仕方ない

アルゼンチン代表のマラドーナ監督も審判を批判「スキャンダルだ」(スポナビ)

誤審ってのは付きものだし、自分はイングランド人でもメキシコ人でもないし、好きなイングランド代表選手はジェラードくらいなので特に感想はないが、それよりもテベスも目を覚ましたのにメッシが無得点というのが気になる。ひょっとしたらWBCのイチローのように決勝戦までとってあるのかも知れない。とすると優勝はアルゼンチンか。まあ、神が監督をしている以上、そういう面白すぎる事態が起きるのもやむを得ない。日本サッカーの恩人・ドゥンガには悪いけど。

マラドーナと言えば1986年の神の手ゴール。
確かFIFAの規則に「マラドーナに限っては緊急回避的に手でゴールするのは認められる」って書いてあるんじゃなかったっけ? 無いとしたらどこかの野暮天が削除したんだろう。

それとメキシコベンチから野次られたことに気がつかなかったらしいが、所属クラブのホームスタジアムで全観客を敵に回すという皮肉を通り越して自分の前世を調べたくなるようなW杯を味わった身にしてみれば、虫の羽音位にしか感じなかったろう。やはり生きているステージが違うんだなあ。

それにしてもマラドーナがいるといないでは盛り上がりが違う。試合が膠着したら監督を映せば何とかなるんだから、アルゼンチン戦のTV中継クルーは楽だろうな。

« 「気がつくと勝っている」のが真骨頂 | トップページ | 夢のつづき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/48746802

この記事へのトラックバック一覧です: 神なんだから仕方ない:

« 「気がつくと勝っている」のが真骨頂 | トップページ | 夢のつづき »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト