« 神なんだから仕方ない | トップページ | というわけで実名でメールフォームに送ってみた »

2010/06/30

夢のつづき

日本、PK戦の末敗退 初のベスト8ならず(スポナビ)

残念だ。(くりかえし×1000)

考えてみれば日本が「南米の強豪のA代表」と今までガチ試合をしたことはない。
アルゼンチンやブラジルとW杯本大会で当たったことはあるが、あれはエンジンがかかる前のグループリーグ。

そして日本以上に悲願の「ベスト8進出」を賭けているガチ中のガチの南米の強豪・パラグアイは強かった。
本田と松井のドリブルもさりげなく奪ってしまう。さすが南米予選でメッシとかロビーニョを相手にしているだけはある。
そうなると日本は苦しい。阿部や長谷部や遠藤が頑張っても苦しい。
中継で中田英が「サイドバックにもう少し上がって欲しかった」と言って加藤浩次を怒らせていたが、そもそも守備全体が苦しいので上がっていく暇がない。それでも上がっていくのが一流だ、というのならさすがヒデ、とうなるしかないが。
サイドから攻撃できないと固い固い守備を誇るパラグアイDFと正面衝突することになるので大変に苦しい。

これで90分持つのかと思っていたが、持ってしまった。延長戦でも持ってしまった。その上PKでも4-5の惜敗。

なんてことだ。こんなに強かったのか、日本代表って。

岡田監督が迷走した挙げ句に辿り着いた答えは正しかったわけで、やっぱり日本が世界を相手にする時はこういうチームを作るしかないんだなあ。
ビエルサ率いるチリがエンジンが掛かり始めたブラジル相手に木っ端微塵になってしまったことを考えても、ハイプレスで繋ぐ美しいサッカーで勝つ、なんて相手のレベルが自分より低くなって初めて通用するんだと改めて思う。バルサとか。

出来上がりかけていた父オシムのサッカーも、ハイプレスじゃなくてマンマークの縦に速い走るサッカーだったしなあ。そういえば攻撃では松井を、守備では阿部を重用してたっけ。
なんだ、結局元に戻ったのか。この4年は無駄じゃなかったのか。ちょっとだけ残念なのは父オシムは答えを知っていたっぽいなあ、最初からってことだけで。

どさくさに紛れて父オシムを褒めてしまったが、土壇場で大博打を打ちながらチームの一体感を崩さなかったんだから、岡田監督ってのはやっぱり日本では最高峰の監督だと改めて分かったこの半月でもあった。エメルソンやウィルを手玉にとっただけはある。

なんかJFAがビエルサに声をかけてるなんて報道を見かけるが、夢想は止めて現実派の監督を探した方がいいのになあ。
たまに報道されるオリベイラの方がいいと思うが。そうすれば中澤から岩政への世代交代もスムーズに行く気もするし。
あとは内田がドイツで長谷部並みに成長してくれれば、4年後も楽しめそうだ。

ここまで書いて、アトランタの奇跡を演出した西野監督が「そりゃ木っ端微塵になってもいいってのならあんな試合はしなかったよ」と言っていたのを思い出した。
なんだ、日本が世界を相手にするにはどうするのか、という答えは14年前に出ていたんじゃないか。やっぱり遠回りしたんだなあ。
そういえばそんな西野監督の方針に反発したのが中田英だったっけ。「守備的な日本代表」を見ると古傷が疼くのかもなあ。だから加藤浩次を怒らせるような発言をしてしまったのかも知れない。とすると、中田英は当面代表に関わらせない方が無難ってことか。勿体ないが仕方がない。

« 神なんだから仕方ない | トップページ | というわけで実名でメールフォームに送ってみた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/48754853

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のつづき:

« 神なんだから仕方ない | トップページ | というわけで実名でメールフォームに送ってみた »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト