« 久々に面白い代表戦 | トップページ | 救世主というのは新しい独裁者でもある »

2010/02/14

これは懐かしの「パンダ外交」ってことでいいのか?

パンダのペア、上野動物園に復活へ-年8,550万円(IBTimes)

パンダというと思い出すのは神戸。
子供の頃、上野のパンダ館に行って「立ち止まらないで見なきゃならない白黒の物体」を通りすがりにチラ見した記憶があるが、もうちょっとだけ成長してから行った神戸の方はポートアイランド博覧会に出かけたらいた。
子供の頃の夢かなんかの記憶がごっちゃになってるのかなあ、と思ったら、そんなことは無かった。(Wikipedia)
パンダがいること自体は話題になったらしいが知らなかった。客もそれほどいなくて「あ〜、これがパンダか〜」と独占観察。今から考えると結構な贅沢をしたんだなあ。それ以来、パンダをガン見したことはないし、東京都庁とコネのない自分だから恐らくこれからもないだろう。

昔は「パンダ外交」なんて呼ばれていたが、既に世界に売るモノを沢山持ってる中国にしてみれば、もう「目玉商品」って訳でもないだろうな。量産も効かないし。

« 久々に面白い代表戦 | トップページ | 救世主というのは新しい独裁者でもある »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/47559653

この記事へのトラックバック一覧です: これは懐かしの「パンダ外交」ってことでいいのか?:

« 久々に面白い代表戦 | トップページ | 救世主というのは新しい独裁者でもある »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト