« 放置のデスクはなんでもスルー | トップページ | 魂系の選手 »

2009/12/14

グラムの主役でもあった

加藤和彦の追悼フォーク特番、テレ東で放送決定(ナタリー)

12月10日に加藤和彦のお別れ会が行われたそうで、テレ東でも追悼番組が放送され、その会の模様が少しだけ流された。
個人的に加藤和彦の曲は「あの素晴らしい愛をもう一度」と「タイムマシンにお願い」くらいしか知らないので、彼の死についてどうこう言う資格は持たないけれど、「タイムマシンにお願い」を作った人を「フォークの主役」と呼ぶのはちょっと違和感がある。
途中で紹介された曲にブライアン・フェリーのソロみたいなのがあったが、サディスティック・ミカ・バンドはグラム全盛期のイギリスで評価されて遠征もしているから、この方面に行くのはむしろ必然だったのかも知れない。ということは、日本で唯一の現役グラムロッカーだったのか。マーク・ボランも元々アコギ1本でティラノザウルス・レックスをしてましたからな。

この番組の進行役を務めたテリー伊藤にとってはアイドルだったんでしょうな。ず〜っと目がウルウルしていた。

« 放置のデスクはなんでもスルー | トップページ | 魂系の選手 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/47015713

この記事へのトラックバック一覧です: グラムの主役でもあった:

« 放置のデスクはなんでもスルー | トップページ | 魂系の選手 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト