« 大きすぎても潰せる、けど売れない | トップページ | 名を残せない消え方 »

2009/12/20

頭を下げる前にすることはある

最近テレビによく出る凄く厳しく挨拶を教えるおばさんを、また画面でちらっと見た。で、「あ、そういうことか」と思ったのはおばさんが「言うこと無かったら笑ってごまかせ!」と叱り飛ばしていたこと。
この人は「私が教えるのは挨拶の仕方だけ、それ以外は知らない」と開き直っているのだなあ。プロですな。
これが接客または営業の極意の一つということなら「挨拶は見事だが、答えは出せない」人たちが増殖してもやむを得ない。経営者がそれでいいと思っているのなら、それでいいのか。

個人的には店頭で「そうすか、じゃあ、これでどうっすか?」とぞんざいな口調でもさっさと決断してくれる店員や「じゃあ、私の責任で何とかしましょ」と言ってくれる営業さんの方が遙かにいいと、挨拶も態度も見事だが何もしてくれない営業さんに手を焼かされた経験がある身としては思う。

見事な挨拶はあくまで手段、目的じゃない、と分かった上で教えられるならまだしも、ろくに責任も持たされずに挨拶の仕方だけ厳しく教えられても意味ないよなあ。

ただ絵面が面白いから、これからもこのおばさんは出てくることでしょう。「客に厳しい」ラーメン屋とかと一緒か。客あしらいとしては真逆だから、このおばさんと勘違いしたラーメン屋を同席させると面白いかも知れない。

« 大きすぎても潰せる、けど売れない | トップページ | 名を残せない消え方 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/47071133

この記事へのトラックバック一覧です: 頭を下げる前にすることはある:

« 大きすぎても潰せる、けど売れない | トップページ | 名を残せない消え方 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト