« 選手契約事業仕分け(厳しすぎ) | トップページ | 無理が通れば道理が引っ込む »

2009/11/28

外れくじを引き続けた人

問題企業の“パス回し”に翻弄された大分トリニータ(日経ビジネスオンライン)

日経でJリーグとは珍しい、と思ったら「大分はキツいスポンサーばかり連れてくる」というちょっとネガティブなコラムだった。
なぜかトライバルキックスには触れられていないが、全てあげつらって溝畑社長を鞭打つのも大人げないと思ったのか。

J1で安定的に結果を残すには25億円以上の予算が必要なようで、大分だと7億円くらい足りない。

このコラムでは大分が首都圏や関西圏で大口スポンサーを探しているのが特徴、とやや批判的に書いているが、少なくとも年間7億円出せる企業なんて地方にはそうそう無いよなあ。
クラブとしてレベルアップを図るには、首都圏や関西圏のスポンサーを捕まえるしかなかった、というのが実態じゃないだろうか。
つまり「J1にはたまに行ければいいんじゃない?」という希望を捨てたチームを作るか、「いや、目指せ浦和だ」というチームを作るか、という経営哲学の問題、という気もする。
周囲の期待から後者に走らざるを得なかった溝畑社長が身を引いて、連綿と続いてきた「周囲の期待」がリセットされたのが現在の大分。少なくともJリーグから安定基金を引き出してしまった以上「身の丈経営」が求められるわけで、1年で昇格、ってのは難しいだろうけど、経営基盤を作り直すチャンス、とも取れる。

考えようによっては溝畑社長は最後まで「W杯バブル」を引きずってしまったのかもなあ。

« 選手契約事業仕分け(厳しすぎ) | トップページ | 無理が通れば道理が引っ込む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/46879905

この記事へのトラックバック一覧です: 外れくじを引き続けた人:

« 選手契約事業仕分け(厳しすぎ) | トップページ | 無理が通れば道理が引っ込む »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト