« 「俺道」という名のアルバム | トップページ | 文字を読むだけなら白黒でもいいけどね »

2009/10/18

草津vs岐阜

2009 J2 第45節 草津 vs 岐阜(正田スタ)(J's GOAL)

マッチデープログラムに「育成を主眼としたチーム作りが奏功し始めた」と書いてあったのには驚いた。昇格を目指すとかシーズン前に言ってなかったか。
まあ、いいけど。
でも、ブレイクし始めた人材が小林、小池と来シーズンいるか分からない面々ってのが切ないなあ。あ、有薗がいるか。
小池はレンタル元の浦和が左サイドバック不足でおろおろしているから願ってもないブレイクかも。いや、超攻撃的左サイドバック三都主をクビにしたことを考えるとそうでもないのか。

草津vs岐阜戦は初めて生で見るが、草津は岐阜が苦手なのだなあ、ということがよく分かった試合。
勝ててない相手なので動きが固くなってるのか、中盤のパス回しがすぐ奪われて全く機能しない。
パススピードが遅いのか、動き出しで負けているのかは鶏卵の関係みたいなもんだとしても、相手が追うと疲れるばかり、という精度とスピードがなければポゼッションだけで何とかするのは厳しいよなあ。

そんなわけで前半は岐阜のペース。コーナーキックの数が示すとおりチャンスも岐阜の方が多かったりしたが、残念ながらシュート精度が低い。「それ外すのか〜」というシーンがいくつかあった。
なるほど、これまではこのうちの1本を決められていた訳ね、と思いつつ前半終了。

後半の草津は「このままじゃカウンター喰らうばっかりだなあ」と開き直ったようで、大作戦系ロングボールの投げ込みをたまに見せるようになる。中盤省略作戦を混ぜ込むと、逆に中盤のパス回しが急にスムーズなったりするのがサッカーの妙。この大作戦は都倉がいないとできない、という欠点はあるけれど。彼も来シーズンはいないんだろうなあ。

その都倉が22分にワンツーで抜け出して得点。
こうなると「攻めに出る」ってのは「奪ってカウンターをする」と同義のような岐阜は厳しい。
ただカウンターのスピードは速いんだよなあ。これは監督の仕事ぶりが優秀って事でしょう。メッシとは言わないまでも大黒クラスのいないチームが速攻するには攻撃が始まった瞬間に誰がどういう動きをするかを叩き込んでおかなきゃいけないわけだから。

草津得点後は、岐阜はカウンターを失敗すると人が戻りきらないうちに草津の都倉大作戦が発動されるので、総攻撃体制への移行に及び腰になってしまい、逆転or同点の香りが漂わないまま終了。

やっぱり都倉使えるわ。こういう人材をまた探してこないと厳しいねえ。1試合でず〜っとポゼッションサッカーを貫いて勝つには、バルサとは言わないまでもせめてACLで優勝できるくらいの中盤、つまりG大阪並みの中盤を揃えないと無理だろうから。
それと小池の裏を埋める仕事があまりできていなかった気も。小池は上がっていくとほぼ確実によい仕事をしていただけに勿体ない、、、来シーズンの残留が決まってから考えればいいか。
しかしインタビュー慣れしてる都倉の後に出た有薗のインタビューはキンコメの今野みたいで良かったなあ。

« 「俺道」という名のアルバム | トップページ | 文字を読むだけなら白黒でもいいけどね »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/46512907

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs岐阜:

« 「俺道」という名のアルバム | トップページ | 文字を読むだけなら白黒でもいいけどね »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト