« そしてやっぱりオシム色 | トップページ | 売り手市場だけが理由とは思えない »

2009/07/28

いなくなってから分かるその凄さ

三宅雪子 群馬4区(Googleニュース)

こりん星人ならぬ小渕優子(群馬5区・得票は常にダブルスコア以上)もTBSの社員だったなあ。
ちなみに群馬1区の民主党公認候補は地元紙の元記者。

ゆうこりんみたいな世襲は別として、やっぱり普段から議員と交流のある職種(議員秘書、官僚、マスコミ関係者、芸能人)から議員候補が出るのって、それほど不思議な話ではないよな。良い悪いは別として、どんな人間も割と狭い結びつきの世界で生きているってことか。

そうなると、過去形になってしまったとはいえ、杉村泰蔵の「フリーターから衆院議員」という道行きはもっと評価されて良かったのかも。

« そしてやっぱりオシム色 | トップページ | 売り手市場だけが理由とは思えない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/45761946

この記事へのトラックバック一覧です: いなくなってから分かるその凄さ:

« そしてやっぱりオシム色 | トップページ | 売り手市場だけが理由とは思えない »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト