« 媒体変わるも支配者は同じ | トップページ | ゼーマンじゃダメなのか? »

2009/07/09

「たかがOS」とはまだ言えないらしい。

ついにGoogle製ネットブックOS登場へ、その名は「Google Chrome OS」(マイコミ)

個人的な話をすれば、まだ全然いじっていないものの、XPを入れるつもりで領域を取っておいたBootCampにUbuntuを入れてみた。
そんな訳で「OS」というものにちょっと敏感になった矢先に、Google製ローカルOSが登場。Androidがネットブックで動く、という動画をYouTubeで見たことがあったが、それはこれのことだったのかな。

マイクロソフトの幹部が日経コンピュータのインタビューで「GoogleがわざわざChromeというローカルアプリケーションを作ったということは、『全てをクラウドで』という彼ら自身の動きと逆行している。」と語っていた。
マイクロソフトにしてみればGoogleはプラットホームを選ばないから脅威だったのに、それをわざわざ捨てるとは、と言いたかったらしい。
実際には「Chromeじゃないと動かないGoogleのサービス」というのがどれだけあるかは知らないが(無いかも知れない)、そういうサービスが出てきたらマイクロソフトの思う壺。似たようなサービスを全ブラウザ向けに展開して潰しに掛かるんだろう。
まあ、ネットスケープの屍を見ているGoogleがそんなサービスを作るとは思えないけれど。
その証拠にこのGoogle製OS、基本「Webを使って全てを行う」って作りになっていて、アプリケーションはWedget型(?)が前提。だからWebブラウザさえあれば、このOSじゃなくても動く、というのがミソ。いわゆる「Write once、Run anyware」ですか。
PalmPreとちょっと似てるかな。iPhoneOSも最初はこれを目指していたんだっけ。

OS専用アプリケーションのウリは「速度」とOSの低レベル制御。しかし、OS全体の速度を手に入れる代わりにアプリケーションをWedget前提にしてみましたというのが発想の転換。しかし、そうなるとこのOSのウリは「軽量」という部分しかない気もするけど。だからとりあえずネットブック向けなのか。

しかし、大々的に開発者募集という面倒臭さはないにしろ、OSにも手を出すのがITビジネスの王道なのだとしたら、21世紀って意外につまらない。

で、こっちは20世紀を引きずるOSもまだまだ元気、という好事例。3世代の商用OSをサポートから逃れられない法人向けでこの時期に販売するってのは、凄いというかやけくそというか。Vistaの凄さがよく分かる。

Windows7アップグレードキャンペーン(PC Online)

« 媒体変わるも支配者は同じ | トップページ | ゼーマンじゃダメなのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/45574365

この記事へのトラックバック一覧です: 「たかがOS」とはまだ言えないらしい。:

« 媒体変わるも支配者は同じ | トップページ | ゼーマンじゃダメなのか? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト