« 実物を見るまで構造不明だったSS | トップページ | だけど僕らの故郷は日本 »

2008/12/06

今季一番盛り上がってしまった試合

4得点で劇的な逆転 千葉4−2FC東京(スポナビ)

2008 J1 第34節 千葉 vs F東京(J's GOAL)

千葉が2点差をひっくり返した誠にドラマスティックな試合。

サカダイだったかで「千葉(というか市原時代)の降格回避への危機管理能力は凄い」というコラムがあった。新しい監督が大抵「当たり」なので残ってしまう。その「降格回避請負人」で翌年失敗したのがザムフィールで、請負作業は今ひとつながら翌年大成功したのがベルデニック。
その危機回避能力が初めてシーズン当初から発揮されたのが父オシム監督だったんだろう。
で、今回。またもや「リバプールのヘッドコーチ」という「何で日本に?」と素直に思えるキャリアの監督を呼んできて、奇跡の降格回避を遂げてしまった。
でもザムフィールやベルデニックみたいに「ギリギリで就任ギリギリで降格回避」という訳でもなく、けっこう早めに就任しながら降格争いをしていたわけだから、来季ベルデニックパターンになるかはちょっと微妙な感じはするなあ。

« 実物を見るまで構造不明だったSS | トップページ | だけど僕らの故郷は日本 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/43337533

この記事へのトラックバック一覧です: 今季一番盛り上がってしまった試合:

« 実物を見るまで構造不明だったSS | トップページ | だけど僕らの故郷は日本 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト