« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/31

セレモニアルスタート付け足し

Rally Japan 2008 Ceremonial Start Part2(YouTube)

スバルブースに人だかりがしていたので何だと思って行ってみたらいきなり「写真撮影はしないでください」と一言。
「してねえよ」と応えつつ向かって右端にあったGCインプレッサを見てみたらテレ東の大江アナとさまあ〜ずの2人が。「モヤモヤさまあ〜ず」の収録なのだった。
で、今たまたまテレビ北海道でその番組を見ているんだけど、来週は千歳船橋らしい。というわけで再来週あたり放映されるかも知れない。しかし東京以外の場所でも収録するんだな、この番組。

プレミアム系は金が掛かるってのを込みで買え、を身染みた日

一昨日、A3のバッテリーがお亡くなりに。
ラリージャパンに行く関係から休暇をもらっていたのでディーラーに行くことが出来て九死に一生、、、というか営業担当の兄さんは明らかに「オートバックスの方が安いんだけど、、、」的な申し訳なさそうな態度。
以前もなんだかよく分からない電送系のトラブルがあったので、ディーラーで見てもらった方がいいかな、と思っただけで、まさかバッテリーが本当に死んでいるとは。
今更後には引けないな、ということで交換を注文。社外品だったけど46000円。ぐお。でも純正品ならもっとするそうな。
ただ純正品で2年保たなかったんだから、逆に社外品の方が保つかも、と自分を慰めつつ帰宅。
来月のカード支払は北海道旅行も含めて凄いことになるなあ。

2008/10/30

とりあえず動画はYouTubeに

Rally Japan 2008 Ceremonial Start Part1(YouTube)

見てきましたセレモニアルスタート。
ドライバーにサインとか貰えるラリーショーの間は結構盛況のように見えたんだけど、実際スタンドに客が戻ってみるとちょっと寂しい風景。ピエール北川の奮闘が目立つ結果に。

ラリーショーが終わった直後に、ドライバーが観客と一緒に3塁側スタンドに向かうという不思議な光景が。
何だろうと思ったらドライバーの記念撮影(Rally Japan)をスタンドで行っていた。
趣向としては面白いけど、観客の通路を塞いでしまうので、ただでさえ混雑した通路が完全に通行止めに。

あと、スタートゲートに近い3塁側スタンドは、実は近すぎて全然見えないという欠点あり。途中でピエールが何とか盛り上げようと「どんどん前に来てくれ〜」と観客を煽ってしまったので、余計何も見えなくなってしまった。まあ、設営がめんどくさいというのはあるだろうけど、せっかくスタジアム中央に立体交差を作ったんだから、そこをスタートゲートにしても良かったな。どうせ遠くからしか眺められないんだとしたら。

とはいうものの、札幌はやっぱり便利だね。クルマが必需品の帯広だと初日からレンタカーが必要だったけど、今回は地下鉄で行けたもんなあ。

寒いけど行ってきます。

しっかりとした寒さ対策を (Rally Japan)

そういえば帯広より緯度が高いのか。
フリースとロングスリーブのシャツを買ってきたけど、コートにも裏地を付けておいた方がいいかなあ。

2008/10/27

アクセスは100も無いんですが。

YouTubeにアルミンド・アラウージョの動画を載せておいたらポルトガルの人から「こりゃ、退屈そうな観戦スポットだねえ」みたいな内容でコメントが付いた。
で、「まあ、乱入されてSSが中止になるおそれはないけどね」と返したら「でも、観客がロールオーバーしたクルマを戻すこともあるんだから」とちゃんとした答えが返ってきた。要するに観客参加もラリーの一部なんだから、ということらしい。もっともだと思ったので「そのとおり。でも、これが日本式なんだ」とまあ、逃げみたいなコメントで返答。こんなコメントじゃあ、呆れて返事もないだろうけど。
今年もアラウージョは参加するらしい。動画載せたらまた誰かが英語でコメントするかなあ。アラウージョの動画はヨーロッパからしかアクセスされないしなあ。

2008/10/26

チームも勝ったしね

J1 第30節 岡野 雅行選手(浦和)J1通算300試合出場達成(Jリーグ)

世界一の技術を誇る金型プレス職人(Wikipedia)じゃない方の人が300試合出場を達成。
俊足職人として原則途中出場でありながら腐らず出場記録を達成したんだから、金型プレス職人の人と同じように伝記を出版する価値のある選手人生だよな。
あ、引退するまで出さなくてもいいけど、出たら買うよなあ。

だらだら引越中

Yahoo !BBのADSLに申し込んだら、局内工事予定日に「トラブってます」という連絡が、、、、無かった。ここは本当に何があっても原則会員専用Webでしかお知らせしないんだなあ。ネット環境がないと容易に想定できる立場の人たち相手にこれは凄いなあ。
個人的には、某大手通信会社のこっちの都合を一切考えない無神経な電話攻撃に参っただけに(平日18時過ぎにしてくれと伝えても違う担当者になると無視する)、こういう対応の方がイイんだけど、世間的には電話の方がいいんでしょうな。
という訳で現在はPHS接続。ウィルコムを何となく解約しないでいて良かったな。つなぎ放題サービスだし。

2008/10/22

で、ドコモなら全会場で通話可能ってことでいいんですか?

NTT DOCOMO×ラリージャパン2008(NTT DOCOMO)

ソフトバンクモバイル、WRC第14戦「ラリージャパン」会場で臨時の3Gエリア対策(ITmedia)

ラリージャパンの公式サイトには「今年もソフトバンクが電波中継車出します」というニュースが載らないなあ、と思っていたらこういうことだったのか。

主催者から見るとドコモは「スポンサー」でソフトバンクは「自社のアンテナの都合で勝手に展開しているだけ」と言えるんだろうけど、ソフトバンクにしてみればあんまり気持ちのいいことではないだろうなあ。というか、ソフトバンクはこの手のコラボを主催者に持ちかけなかったのかな?

2008/10/20

売れない&不景気な時期の選考は苦しい

恒例になってきた「あなたが選ぶカー・オブ・ザ・イヤー」。
ヴェイロン、GT-Rというモンスターが続いた後だけに今年は地味な印象。
ちょっと目を引かれたのはトヨタのIQ。でも高いよなあ。ヨーロッパでいまいち売れなかったアイゴも150万円くらいしたっけ。似たようなクルマのチンクチェントが225万円だけど、これは客層が重なりそうもないな。
ライバルと言えばスマート・フォーツーか。クーペが176万円、、、スマート選ぶような客はトヨタの店には行かないか。
まあ、コンパクトカーなら何を買う、と言われたらデミオ買いますが。
他のメーカーはほとんど「バリエーションが増えました」「既存車種のFMCです」ってな感じで見るべきものが無いような印象。
大賞はフリードなんてイイかもね。考え方がフィットに近い感じで「びっくりする部分は無いけれど、ありそうで無かった」って感じだから。ショーン・オノ・レノンを何で今使うのか、というセンスも含めて。来年までにはトヨタがそっくりなクルマを出すだろうな。

2008/10/19

人口抑制には色々なアイデアがある、という話

人気ミステリ作家が徹底検証!『イキガミ』盗作騒動の罪(日刊サイゾー)

『イキガミ』はパクリのパクリ!? "元ネタ"酷似作品が話題に(日刊サイゾー)

「イキガミ」は読んでも見てもいないので何とも言えない自分だけど、「生活維持省」&「イキガミ」問題で言われている「人口抑制のための殺人」というアイデアを見て、「イギリスのエラい人が『アイルランドの人口を抑制するには赤ん坊を食料にして輸出すればいい』なんてことを言ったなあ」と思い出してぐぐってみら言ったのはジョナサン・スイフトと判明。イングランドじゃなくてアイルランド人か。翻訳された論文も青空文庫で読めるんだな。輸出品じゃなくて「富裕層向けの贅沢品」ですか。

アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案(青空文庫)

どっちの生活維持省にもあるいはシルヴァーグの人口平均化施行局にもこの論文が長官の室内に貼ってあるのかも知れない。
「こんな世界にしないために自分は頑張っているのだ」
なんて自分を奮い立たせるために。

これが逆転して「赤ん坊を出産するためには生まれる人数分だけ親族が死ななきゃならない」という世界を舞台に短編「2BR02B」を書いたのがカート・ヴォネガット。この手のSFって探せばまだまだありそうだ。

ところでスイフトの論文を読んで驚いたのが「タイワン人のサルマナザア」の発言が引用されていたこと、、、って、荒俣宏がすでに指摘しているんですか。
これは台湾人を偽称してオックスフォードの講師にまでなってしまったジョージ・サルマナザール(Wikipedia)。スイフトがこの論文を発表した頃には偽称だってバレてたみたいだけど。
ちなみに「オックスフォードの講師になった」って情報は「詐欺とペテンの大百科」(青土社)から。

2008/10/17

電話して聞いてなかった〜、という台詞はない訳ね

ロンドン・フィルム・フェスティバル(英国発ニュースダイジェスト)のオープニング上映作品はデビッド・フロストがリチャード・ニクソンにインタビューしてウォーターゲート事件について問い質したテレビショーを舞台にしたロン・ハワードの「Frost/Nixon」、という記事を読んで、あらら、いくら名高い物真似芸とはいえこのネタ(SNL Transcript)を2時間に引き延ばすとは凄いなあ、と思ったら別に原作(JanJan)があったんですな。こっちの記事だとタイトルは「フォロスト/ニクソン」になってるけど、そうなの?
ちなみにこのコント、YouTubeに動画は無いようで。

映画のタイトルを見て瞬時にこのコントを思い出すような人間なので、当然のことながらデビッド・フロストというとエリック・アイドル演じるティミー・ウイリアムズ(YouTube)しか知らない。「本物っぽいフロスト→“疑似”アイドルの元ネタ」を確認する意味でも公開されたら見に行くかな。

2008/10/16

どっちみち買いませんが(MBPro買ってまだ8ヶ月)

新型『MacBook』:アナリストの意見は「価格が高すぎる」(WIRED VISION)

結局、スペック据え置きで800ドルマシン、ではなくブラッシュアップして値引きはそこそこという路線に落ち着いたMacBook。
どっちみちAppleは「値引き合戦」から撤退して生き残ったメーカーだけに廉価版路線をとることはないってことか。
MacBookでもメインマシンには十分なスペックだから安いとは思うけどね。ただ、最近はCore2 Duo搭載機でも安いのが増えたから、一時期よく言われた「Macは割安」ってほどでもなくなっているのは確かだけど。

ネットブック参入が「時期尚早」ってのは、海外では主流らしいLinux搭載「機能割り切り」ネットブックの状況を見て「割り切る機能」が自社なりに見えたら参入するってことかな。日本で主流のXP搭載「ちょっと辛いなあ」モデルになるくらいならやらないでしょうな。

2008/10/15

本物が来たようです。

猪木がサッカー日本代表に闘魂注入 前園、小倉にビンタ(スポナビ)

とうとう客寄せをゲストに頼るようになりましたか。
ゾノがビンタ受けるのは10年遅かったかもなあ。

2008/10/13

さてあと2週間

会場アクセスのご案内(10月11日更新)(Rally Japan)

これまでの案内をまとめただけ、と思ったら「経路案内」が独立&写真が大きくなってわかりやすくなっていたりする。そっかー、橋の欄干にアンモナイトか。

2008/10/12

日本語版サイトだとまだデイ1の結果だけ

SS16: Loeb wins Rallye de France!(WRC)

ローブが今期10勝目。
ソルドはコースオフで消えて、ヒルボネンがあっさりと2位。デュバルが抜擢に応えて3位でソルベルグとのミス合戦に勝利したラトバラが4位。
デイ2から突如そこそこ速くなったソルベルグとあんまり変わらなかったアトキンソンを見ると、ジャパンで期待できるのかどうかさっぱり分からないのが辛いところ。
ジャパンではラトバラはフォードのマニュファクチャラーに戻るのかな。デュバルは舗装路専用兵器みたいな感じがあるだけに。

2008/10/11

本当に800ドルなら買うかな(円高だし)

株価急落のApple社、アナリストたちはどう見る(WIRED VISION)

このニュースが報じられてからしばらく経って、Apple1社の株価を気にする余裕なんか吹き飛ぶくらいに市場が一斉に値崩れを起こしたわけで。

一時期、、、初代iMacの登場前後くらいにApple or ジョブズの内幕本が次々と翻訳されたことがあって自分も2、3冊読んだ。
当時のAppleの状況を考えると「Appleも終わりかも知れないから、ここらで社史でもまとめておけばキリがいいかも」なんて思惑が日米出版業界にあったんじゃないかと思う。
それはともかく、その中の1冊「スティーブ・ジョブズの道」だったと思うけど、この本に今でも思い出せる1節があって、それはその頃のジョブズの世間的な立ち位置を示したもので、確か「ジョブズのような製造業のトップがアメリカの若者のヒーローである時代は終わり、金融業のトップが目指すべき道になった」みたいな内容だった。

Appleを追放され、NeXTでも失敗し、Pixarでハリウッドで生きる道を切り開いたにも関わらず、製造業にこだわってAppleに戻りたがってたジョブズはマカーの間ではヒーローだったかも知れないが、トップビジネスマンの目で見れば「まだそんなことやってんの?」ってな存在だったのかも知れない。「創業者なんかさっさと引退して、気にするのはポートフォリオだけって余生を過ごしなさいよ」みたいな。Appleの苦境期に起きていたITバブルも「IPOで大金持ちになってやるぜ」なんて声の方が大きかった気がするし。

これで「21世紀初頭、投資利益でどうこうしようとしていた様々な会社が衰退していく中、製造業にこだわったAppleは辛くも生き残ったのだった」なんてことになればものづくり万歳で美しいことだが、Appleの商品は売れ行きが結構景気に左右されそうな感じだからどうだろうなあ。だから噂の800ドルノートはスペックによっては時流に乗った商品になるかも知れないな。

米Apple社、1000ドル以下のノートブックを発売か:「リーク写真」も(WIRED VISION)

ちなみにこちらでは「AppleはiPhoneやiPod購入者向けにNetBookを出すべきじゃないのか」と語っている。

山田祥平のRe:config.sys iPod Air(PC Watch)

2008/10/09

クルマはスタリオンじゃないんだな

エントリーリストを発行(Rally Japan)

哀川翔 がラリー初挑戦で完走…めざせWRC(Response)

「M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ 2008」に参戦!(哀川翔公式サイト)

何気にエントリーリストを眺めていたら、カーナンバー113のドライバーが「Show Aikawa」。この「Show」の書き方は間違いなく、、、と思ってぐぐってみたら本当に翔アニキの模様。
クルマはフォード・フィエスタでした。

2008/10/08

疲れ果てたら寝て帰れます

観戦ルートバスを運行(Rally Japan)

磐石のローブ、今季9勝目(OCNスポーツ)

お、便利じゃないか。「時間に縛られる」ってのをどう捉えるかを別とすれば、シャトルバス形式で次々とルートバスが出たらもっと便利なんだけど、利益が出るか分からない状況では何便も出せないか。
しかしスバルが冴えない状況だと、ウリが今ひとつ。そういえばF1の開催とホンダの好調期はほぼ一緒だったな。WRCの場合は今のところ初年度だけってのが厳しいところか。

2008/10/06

衣装は普段着でした

RADIOHEAD | JAPAN TOUR 2008(CREATIVE MAN)

スーパーアリーナも国際フォーラムも一撃でSOLD OUTってのは凄い。まだ根強い人気があるんですな。
自分はぴあのプレリザーブでスーパーアリーナを買ったけど4階席。さいたまスーパーアリーナでライブを見るのは初めてだったけど、4階席はものすごい急角度で見やすいですな。高所恐怖症の人に4階席は辛そうだけど。あ、それと移動通路が全然無いのがキツいね。

前座のModeslektorってのは初めて聞いたが、ケミカル以降のブリティッシュ・テクノの正統後継者の1人って感じですか。金の掛かっていなそうな動画をテクニカルな編集で曲に合わせて繋いでいくってのも一緒。
この手のユニットのライブを見るといつも思うのは「ビデオで見ても一緒かも」。嫌いじゃないけど、単独で来たらわざわざ見に行くことはないだろうなあ。ステージを注視するってタイプの音楽ではないだけに。やっぱイベント系で酒飲みながら、か。クスリはいかんよ

で、40分くらいのインターバルを挟んで主役登場。
In Rainbowsから全曲と各アルバムからぼちぼちとヒット曲を。
ライブで聞いてみると「In Rainbows」ってのは「OK Computer」以来の「(レディオヘッドにしては)開いた」アルバムだったんだなあ、という事実に気がつく。やっぱり「客に値段を決めさせる」というイベント的な販売方法をとっただけに、「KID A」以降の近作よりも意識的に聞き易さを優先したのかな。
それと個人的には、CD他の発表作品と全く同じ演奏レベルを保ったうえでプラスアルファを加えるきちんとしたライブバンドだった、という点も嬉しかった。
Faust Arpではギタリストがトチってたけど、それに対してトム・ヨークは「OK! サンキュー、グッドナイト!」なんて言って引っ込もうとするギャグで和ませていたが、そんなアドリブも効く、という点でも正しくライブバンド。
とはいうものの、想像以上に完璧な演奏が続く中、トム・ヨークがほとんど「バカ歩き」みたいなパフォーマンスを見せていたのが一番印象深い。
演奏は完璧、でもフロントマンの動きが変、で思い出すのはストーン・ローゼス。今のイアン・ブラウンはライブじゃほとんど動かないけど、ストーン・ローゼスが健在だったらこういうバンドになったかもなあ、というなんか関係ないことにまで思い至ってしまった。
「自分を格好良く見せる気はない」っていう点でも正当派ブリティッシュ・オルタナティブ(ってのも変な言葉だけど)だよなあ。

結論としては飽きずに見ることが出来た2時間半。アンコールも「アンコール」じゃなくて第2部でしょ、あんなに長いと。

2008/10/05

千葉vs浦和(TV観戦)

2008 J1 第28節 千葉 vs 浦和(J's GOAL)

「奪って攻めて奪われて」がひたすら続いた楽しい試合。コーナーキックが両チーム合わせて10本もなかったんだから、いかにピッチの中で試合が続いていたかが分かる。しかも得点は全てセットプレー絡みじゃなかったんだから面白くなる条件が揃ってしまった。

千葉の試合に関して西部謙司が以前「クロスの精度が上がってきた」と表していたけれど、確かに矢沢や深井とかがえらく正確なクロスをゴール前に送っていたりするイングランドフットボール。出足鋭く当たりは厳しく奪ったらサイド、でトップが落としたボールをシュートすべく中盤の選手が上がっていく。あとはランパードがいればなあ、ってとこか。ジェラードでもいいけど。ボールを中心に選手が網の目のようにパスコースを張り巡らせながら上がっていく「人もボールも」のポジションレスサッカーとは異なる割とポジション別の仕事がはっきりとしたサッカー。監督の手腕もあるだろうけど、たった半年でここまで変わるか。ただ「近くにいる敵を掴め、止めろ」って守備はオシム時代から変わってませんな。
開始直後の先制点は矢沢のパスを深井が受けてのもの。パスを出した方も受けた方も気持ちの良さそうな得点。これで浦和は受けに回ってしまった感じ。得点も浦和は力業と選手交代直後の相手が気を抜いた瞬間だったのに対して、千葉は流れの中から相手を翻弄してってな感じ。ハーフタイムにミラー監督は「今日は俺たちの日だ!」と選手を叱咤したそうだけど、そのとおりの試合展開でしたな。

千葉のイングランド化で思ったのは「日本人って器用」。別のビジョンのはっきりした監督が「スペイン化」を目指せばそれらしく仕上がるんだろうなあ。

これでコカコーラの株が上がったとか下がったとか

コーラの殺精子効果研究など受賞=イグ・ノーベル賞(ロイター)

コーラ洗浄って本当に効果あったんですねえ。
まだ使ってる人っているのかなあ。
「エイズ感染予防にも効果がある」ことも発見してしまったのが受賞の決め手だろうか。相当な量を注ぎ込まないとダメ、とか言わないよな。

2008/10/04

カオシ礼太

KORG DS-10 Synthesizer

(AQ INTERACTIVE)

子供の頃は「ライディーン」(Wikipedia)がエッジであるとおぼろげながら認識したものの、鍵盤楽器は「女々しい」と突っ込まれ倒した故に諦め、「男らしい」ギターも諦め、MIDIが出たとき「お〜、これで楽器が弾けなくても、、、」と勘違いして大枚を叩き、結局は不器用さと無才からミュージシャンになることを諦めた自分のような中年にはぐっとくる製品。
「遊べそうだなあ」以上の気持ちにはもうならないのが哀しいところだけど。

ところで来日中のレディオヘッド(CREATIVEMAN)にあげたら喜びそうな気がするんですが。

2008/10/03

自発的活動員用アプリ

オバマ陣営の公式iPhoneアプリ「Obama '08」- App Storeで配信開始(MYCOM)

Obama08

こういうキャンペーンをさらっと出来るか出来ないかがオバマとマケインの世代や支持層を表しているようで面白い。もっともAppleは民主党寄りの会社だから、社員がボランティア的に作ったのかも知れないな。

2008/10/01

今年の動画はこれで上げようか

YouTubeが新アップローダ公開、複数動画の一括処理に対応(MYCOM)

でも、最近プロバイダ側でアップロード容量制限したりするからなあ。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト