« 囁き一代 | トップページ | 偉大なる指導者同志に新たな勲章 »

2008/08/12

深い言葉の矮小化

内柴正人(Googleニュース)

おそらく昨日朝礼とか訓示とかあった職場で一斉に引用されたであろう内柴選手の言葉「これが僕の仕事だから精一杯やりました」。
でも翌日に記者会見で語っていた「柔道にうんざりしていたらやめるかも知れない」という言葉とセットにしないと意味がない。
世界最高峰のアスリートがバーンアウトしかねないくらいのしびれる勝負と、日々こつこつと続けていくしかない日常業務を言葉一個で一緒くたにするな、ってことですな。

« 囁き一代 | トップページ | 偉大なる指導者同志に新たな勲章 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/42150481

この記事へのトラックバック一覧です: 深い言葉の矮小化:

« 囁き一代 | トップページ | 偉大なる指導者同志に新たな勲章 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト