« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/31

吉野家は生誕109年

キン肉マンの牛丼、「なか卯」だった--生誕29周年迎え「キン肉マン祭り」を開催(CNET Japan)

初期のキン肉マンは吉野家の宣伝を勝手にしていたので29年も経ったらそろそろ他社にも功徳を施して良い頃、ってことかも知れない。
このニュースで「キン肉マンって『養老乃瀧』の牛丼が好物じゃなかったっけ?」→「養老乃瀧は昼間に牛丼を出していたことがある」ということが話題になっているようなので、養老乃瀧で牛丼が復刻されるかも知れない。つまみにはならないけど。
ところでキン肉マンが吉野家に出入りしていた頃に流れたCMソングは「牛丼一筋80年」だったから、今年で109年か、、、お、正解だ

2008/08/30

FOXからも差し止められるかも

インド映画「Hari Putter」、ワーナーが差し止め求め訴え(CNN)

中身はホームアローン。予告編を見ると細かいギャグまでコピーしている模様。
YouTubeの検索「Hari Putter」で出てくる動画「Hari Puttar (Harry Potter) Aur Jadoo Ki Chadi」は「CopyCat Production」なんてクレジットが出てくるジョークビデオなのでご注意、って何を。

2008/08/29

投資、買い物、自分の勝手

30代、投資対象は“自分”--投資未経験者が6割超(CNET Japan)

「小学校の頃から経済の動きを知るために」なんてあくどい教育を展開している業界へのカウンターパンチ。
投資ファンドの調査に対して「よく言った!」って感じの回答ですな。
まあ、ファンドうんたらよりも「投資できるくらいの収入くれよ」ってのが正直なところかも知れないけど。
あともう一つ。

若者がモノを買わない理由--インターネット依存、低い上昇志向・・・(CNET Japan)

なんか「はじめに結論ありきじゃないか?」と聞き返したくなるような結果分析。帰納法調査か。
後半には「最後の一押し」「今買わないと」という言葉が効果的、というネタばらし。
そう言われてもだまされるなよ、って言いたいのか。

2008/08/27

運転手の苦悩

トヨタ、国内の一部商用車およびハイブリッド車について希望小売価格を改定(トヨタ)

燃料高騰、トラック運転手ら全国で訴え(News i)

トヨタのプレスリリースって敬語じゃないんですな。役所の発表を見てるみたいな。

で、燃料費急上昇だけでは十分でないとトヨタ経営陣は優秀な頭脳で結論したようでトラックも値上げ。2t車だけど。
レアメタルも上昇した、ということでハイブリッドも値上げ、、、ってプリウスとハリアーだけ? 「作るだけ赤字」伝説は本当だったということなのか。

実家で買っちゃったけどなあ、プリウス。乗り心地が悪いうえ、運転していて怖い(反力が弱くて感覚が掴めないステアリング、唐突に効くブレーキ、ソフトなサスペンションとエコタイヤという組み合わせ故かカーブでの踏ん張りが頼りない)んですけど、いいんですか、これで。母親に運転させた日には恐怖感三倍増。ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しているけど、海の向こうバージョンはセッティングが違うんだろうか。

2008/08/25

山形にしてみると朗報

深井 正樹 選手 の加入について(ジェフユナイテッド市原・千葉)

馬場 憂太 選手 の期限付き移籍について(ジェフユナイテッド市原・千葉)

巻&深井の駒澤コンビ復活かあ。
しかしF東京サポではない自分だけれど、馬場憂太の扱いはあんまりだ、という気もする。

2008/08/24

夏フェス対策って訳でもなく

今年の夏場はColdPlay、PrimalScream、Beckとオルタナ系の大物連中が「久々」のニューアルバムを次々と発表。
3枚とも原点回帰(Primal、Beck)か前作からの引き続き(ColdPlay)って感じで、最大公約数の期待に応じた仕上がり。夏場はこの3枚と電気グルーヴの「J-POP」で足りてしまった。パフォーマーもこちらも「道無き荒野の求道者」を気取る歳でもないってことなのかなあ、とちょっと思ったりして。

2008/08/22

背負っているものが違うのか

なでしこ、ドイツに0−2で敗れメダルを逃す(スポナビ)

ドイツ戦後 なでしこ選手コメント(スポナビ)

「感動を呼ぶサッカー日本代表」ってのも久々。
ここんところため息しか出なかったからなあ、代表戦。
しかし「ドイツのサイドはヤバい」ってのは男女共通なんですな。

2008/08/21

まあ、Gmailがあるからいいや

Apple、MobileMeのメンバーシップをさらに60日間無料で延長(マイコミ)

第1世代 iPod nano バッテリー問題について(アップル)

Appleから気まずいニュース連発。

iPod nanoは持っていないので、自分的には関係ない。
しかし、プレスリリースに一言も「どうもすみません」って入っていないのはどんなもんか。
MobileMeは関係ある。元々.Macのメンバーだったので。
もっとも.Mac自体が結構キツいサービスだったので、MobileMeのアクセスがえらく遅くてもトラブルだと気がつかなかったりして。
で、ぼちぼち動きがまともになって「あ、本当に新サービスだ」とやっと分かったりする今日この頃。
しかし3ヶ月も延長されたので、次のメンバーシップ更新日がよく分からなくなってしまったなあ。

2008/08/19

CMにはもう出ないけど

Wiredが選んだ「ベスト・カー・デザイナー5名」(WIRED VISION)

登場するのは大体有名どころ。
ただ記事の最後で中村史郎の名前が出てきたのにはちょっと驚いた。海の向こうでも知られた顔なのか。

でも優勝したのはグラベル

2008年ドイツ:ローブ圧勝(WRC JAPAN)

回復に向かうガリ(WRC JAPAN)

ローブがやっと本来のポジションに戻りました、というレース。
デュバル速いなあ。舗装路だとエースのヒルボネンより速いってのは面白い。でも舗装路で優勝したこと無いってのはもっと面白い。それはなぜかというとローブがいるからでしょうな。

ま、それはともかくガリは今期絶望だそうな。
おそらくMスポーツのジャパンラインナップは兄ベルグと子ウイルソンという去年と同じコンビだろうと思う。

2008/08/18

ちなみ明日はラブ・パレード開催

野外音楽パーティーで大麻、容疑の8人逮捕 群馬県警(asahi.com)

場所が「みなかみ子供の国キャンプ場」。
子供にはちょっと刺激が強すぎるキャンプだね。
先々月くらいの開催で参加者が薬物の過剰摂取で死亡していたそうなので、開催者側のミステイク。
もちろん持ち込む奴が悪いに決まっているんだけど、開催者はその辺を想定してチェックを厳しくしておかないと開催不能のダメージを、、、負ってしまったな。

同じ県内の温泉街・草津では草津音楽祭というクラシック音楽のイベントを毎年開催していて皇族が来てしまったりするんだけれど、せっかくだから伊香保でもなんか音楽祭する?

2008/08/17

考案者かどうか調べた人はいない模様

Atlantic Recordsで活躍、多くのアーティストを世に出したしたジェリー・ウェクスラーが逝去。(notrax)

正確な根拠を出している訳じゃないが、ピーター・バラカンの「魂の行方」によれば「リズム&ブルースって呼び方は戦前からあったんじゃないか?」ということになる。
こちらが正しければジェリー・ウェクスラーの業績は「R&Bという呼び方を定着させたこと」になるんでしょうな。本人は「俺が考えた」って言ってたみたいだけど。
まあ、個人的には「ソウル・ミュージック」でいいじゃないかとは思うけど、この呼び方だと垢抜けない感じがしてマーケティング上不味いんですかね。
ついでに言うとネルソン・ジョージの「リズム&ブルースの死」によればロックンロールも元々セックスを意味するブラックミュージックのスラングだったそうな。

ウェクスラーは燻っていたアレサ・フランクリンやサム&デイブ、ウィルソン・ピケットをスタックスやマッスル・ショールズに連れて行って見事に復活させたものの、音楽的にはともかく北部都会人の彼らと南部田舎者のレーベルスタッフの仲は必ずしも良くなかったらしい。
そのうち「反りが合わない」レベルを超えて、スタックスの経営陣にアル・ベルというアフリカ系の人物を送り込んで会社を操ろうとしたり(結局裏切られる)、原盤を全てアトランティックが引き上げると脅して傘下企業にしようとして逆に逃げられたり(パラマウント傘下へ)と、当事者にしてみると複雑な存在だったとさっき挙げた2つ書物には書かれている。
まあ、彼の存在無くして東洋の田舎者がオーティス・レディングの歌声を聞くことは出来なかったと考えれば、その辺の業績は称えたいところですな。

ちなみに先日亡くなったアイザック・ヘイズもスタックス所属。サム&デイブの曲をよく書いていたから彼らが原盤共々アトランティックに戻ったときは「取り上げられた」くらいに感じたかも知れない。

2008/08/16

傷の程度はまだ不明

Galli treated for broken leg(World Rally Championship)

ジジ・ガリが怪我をしてしまった模様。
運転席側から立木に突っ込んでしまったそうな。
骨折の治療をしたと言っているだけに、来日は微妙かなあ。
ちなみにコ・ドライバーは無傷。

この事故でSS6はキャンセルされたそうな。

ちなみにテストには不参加

Exclusive: Takuma Sato(Autocar Videos)

autocar.tv: 0-100-0(Autocat Videos)

スーパーアグリのF1撤退以来失業中の佐藤琢磨がオートカー英国版でアルバイト。
0-100-0に使われたスーパーカー(ガヤルドスーパーレジェーラ、911GT2、DBS、ヴァンテージ、ケイターハムR500、GT-R)たちの中から「一番輝いている」とスーパーレジェーラをチョイス。ちなみにどのクルマにも乗ったことがないそうな。

映像はランボに乗っている写真しかないけれど、途中で「降りてくれ」と頼まれていたところを見ると一応全部のクルマに乗っているみたいなので、そのうち日本語版に翻訳インプレッションが載るかも知れない。

ところで0-100-0の結果、GT-Rのタイムは下から2番目。DBSに勝っただけ。でも担当したスティーブ・サトクリフは「選ぶならGT-Rだよなあ」という結論。何のためのテストだ。まあ、いいけど。
そういえばスーパーレジェーラって右ハンドル版があるんだな。

2008/08/15

偉大なる指導者同志に新たな勲章

川淵前会長らが殿堂入り 日本サッカー協会(スポナビ)

選出理由は「会長だったから」だけでいいと思う。(会長だと自動的に選出される)
まあ、こんなことはどうでもいい。
そんなことよりおめでとうなでしこ。尻上がりに調子が上がっていくなんて、今のところ理想的な展開。

試合終了 日本が2−0で勝利、ベスト4進出決定!(スポナビ)

2008/08/12

深い言葉の矮小化

内柴正人(Googleニュース)

おそらく昨日朝礼とか訓示とかあった職場で一斉に引用されたであろう内柴選手の言葉「これが僕の仕事だから精一杯やりました」。
でも翌日に記者会見で語っていた「柔道にうんざりしていたらやめるかも知れない」という言葉とセットにしないと意味がない。
世界最高峰のアスリートがバーンアウトしかねないくらいのしびれる勝負と、日々こつこつと続けていくしかない日常業務を言葉一個で一緒くたにするな、ってことですな。

2008/08/11

囁き一代

米ソウル歌手のアイザック・ヘイズが死去、65歳(ロイター)

アイザック・ヘイズ死去 米ソウルミュージシャン(CNN.co.jp)

うお、アイザック・ヘイズが死んでしまった。
まだ65歳かよ。
サイエントロジー信者で健康マニアかあ、、、。
まあ、それでもピロートーク(Google)系ファンクの創始者にして完成者という偉大な称号に一点の曇りもない。

しかし70'sのイコンとかその時代が好きそうな面々ってサイエントロジー信者がやけに多いな。
だから80'sイコンの1人、リック・アストリーの曲で彼らをからかう(YouTube)のも理に叶った行動と言えるか。

2008/08/10

紙一重だったか?

ナイジェリア戦後 反町監督会見(スポナビ)

「チームに軸がなかった」内田篤人(スポナビ)

なんかやたらミスが多かった気がする。
チームとしての約束事が曖昧というか、あったんだけど試合の中で遂行、修正するために引っ張る人材に欠けていたというか。
今から考えるとアテネ予選のセントラル方式は「集中してチームを作る」という意味では良かったのかもなあ。まあ、本番では監督が相手を意識しすぎてせっかく作ったチームを壊してた気もするけど。もっとも最後に当時の山本監督が吐き捨てた一言「協会一丸となってサポートするという体制がなかった」は負け惜しみにしか聞こえなかったけれど、偉大なる指導者川淵三郎同志が自慢げに「反町にはオーバーエイジを使えって言ったんだよ」と「だったら自分で指揮しやがれ」的発言をしているのを見ると、確かにサポート体制には欠けていたのかもなあ、という気がした。
暗君の発する一言にスタッフが振り回されたこの6年間は「代表が結果を出す」という点では望みのない期間だったのかもなあ。反町監督が最後の犠牲者であることを祈る。
でも、オーバーエイジで呼ぶなら闘莉王と阿部勇だったかなあ。放っておいても軸になる爆走する突っ込みと補うボケ、というコンビで

2008/08/09

シャトルバス所要時間は30分だとか

観戦チケット発売窓口(RallyJapan)

観戦エリアガイド [ 図面と写真 ](RallyJapan)

現在のところ(8/9・PM4:40)、まだ結構空きがある模様。
ただ、客席のない観戦場所故、何を以てして「満員」と呼ぶのかは不明。
見て面白そうなのは、カーブの内側から見られる苫小牧林道(ニカラ)ですかな。
しかしWRC PLUSで「今年は林道全部見られます」って言っていたのは何だったんだろう。

2008/08/08

残った残った

マンU、C・ロナウドの残留により補強ゼロの可能性も(スポナビ)

どうやら本当に残る模様。
これでブーイングと怒号に支配されたオールドトラフォードにしれっとして出場して、何のわだかまりもなくゴールを量産したら、彼は批判しか糧にならない真性M体質ということなのかも知れない。だからわざと騒ぎを起こしたがるのか。見た目はそんな風には見えないけど。

エトーがバルセロナ残留へ 監督は方向転換を決断か(スポナビ)

新人または新任監督がたまにするトップスター切り。これが通って見違えるようなチームになりました、という話はハイレベルのチームに限ればあんまり聞いたことがないので、エトーが残って逆に良かったんじゃないだろうか。

2008/08/06

限定分は一撃で売り切れ

Macで地デジ(ピクセラ)

そんなに移行して欲しいならタダでチューナーを配ったらどうだ、と思う身としてはMac用地デジチューナーが出たからと言って飛び上がって喜ぶこともないけれど、わざわざAppleサイトそっくりに作ったピクセラのサイトはほめてあげたいと思う。「今すぐ購入」ボタンって、やっぱり本家から落としてきちゃったのかねえ。

2008/08/05

やっぱりテコ入れなんですかね

最低月額料金2,990円で「iPhone 3G」が利用可能に!(ソフトバンクモバイル)

上限が決まっている変動制を「定額」って呼ぶのも面白いけど、Webを使ってなんぼのiPhoneなのに上限手前で済む人っているのかなあ。

2008/08/04

普通にリンクできるのはいい

2008年フィンランド:ローブ優勝(WRC JAPAN)

色々文句は書いたけど、やっぱりすぐに結果をリンクできるのはいいなあ。
インプレッサはそこそこ速かった気がしたけれど、序盤のセッティングミスが響いてアトキンソンの3位止まり。まあ、3年くらい前の基準には戻ってきたかなあ。あの頃はタイヤチョイスとか間違えて勝ちを逃してたりしてたから。

2008/08/03

ローブがトップなのは相変わらずですが

WRC JAPAN - 世界ラリー選手権 日本語オフィシャルサイト

Start line stall costs Hirvonen on SS20(本家)

そういえば7月末に公式日本語版サイトが復活するってWRC PLUSに書いてあったな。
前回は吉本興業傘下のベルロックメディアが運用していたと思うが、フランチャイズ方式だったのか本家サイトとあんまり連動しておらず、更新頻度も高くなく、独自企画も尻切れトンボで終わったりしてやる気が感じられないなあ、と思っていたら無くなってしまった。おそらく有料映像配信が失敗した時点で契約延長をする気はなかったんでしょうな。社内でも「失敗例」扱いされているのか会社サイトの「実績」欄には載っていない。
もっともこれは本家サイトの失敗でもあって、元々有料だった映像配信はいつの間にか無料になってしまった。
そう考えるとYouTube絡みで金儲けするって難しいのかもなあ。

今回の運営会社は株式会社フォーチュンという会社で、大規模顧客を相手にするのは初めてっぽい。なんだろ、入札で最低価格だったとか。レーシングチームのスポンサードをしているそうなので、社長がレース好きなのかも知れないが、それだけで仕事を呼び込める訳でもないだろうし。
ベルロックメディア時代と違って「All rights reserved International Sportsworld Communicators Ltd(代表がデビッド・リチャーズ)」と明記されているので、前回より海の向こうからの直接関与度は深いのかも。

それはともかく新装なった日本語版。
最新ニュースが「フィンランドにシーズン最多のエントリー」で終わってるけれど、動画は何とか本家に食らいついていたりするという不思議な状態。JWRCとPWRCの映像もちゃんとある。さすがに字幕はないけど。
リアルタイム翻訳料ってやっぱり高いんすか? 短文であっても。

ただ、サイト構成自体は本家より出来がいいと思う。
本家では別々になっている「チームとドライバー」、それと「カレンダーと開催地」が関連項目として同じページにまとめられているので本家よりわかりやすい。
ただ、こういう「独自性」を発揮していないページでは結構うざい「右側に動画がず〜っと流れる」構成を本家から踏襲していて残念。
WRC PLUSの協力も得ているらしいけど、WRC PLUSのスタッフが担当するブログは実質5月で終わってる状態、、、って開設前じゃんか。どこから引っ張ってきたんだ。

もし契約料の都合上「翻訳者を張り付きに出来ない」のであれば、海の向こうのWRCのスタッフは「日本で一番欠如しているWRCの情報はリアルタイム速報」という状態を把握していないんでしょうな。スバルに任せっぱなしでいいのか?

ところで再開一発目のフィンランド。
ヒルボネンが首位のローブに迫ったり、序盤全然ダメかと思ったスバルもアトキンソンがデイ2で爆走し始めたりして結構面白かったりする。
今回はラトバラがいないから「チーム作戦」も無いし。

2008/08/01

谷間のFIA世界選手権

FIA WTCC Race of JAPAN(岡山国際サーキット)

一つも話題にならないが、実は本日からチケットの発売開始。
販売ページにアクセスしてみたらページ読み込み遅延も全くなく、お席にはだいぶ余裕あり。
肝心のチケットは土日通しで1枚5000円、しかも1人15枚まで購入可能という、誤植じゃないのかと思えるくらいの荒っぽい売り方。
この販売方法といい、開催をひた隠しにしているようにすら見えるこれまでの消極的な広報活動といい、実はFIAとのしがらみで渋々開催を受け入れた、なんて裏事情があるんじゃないかと勘繰りたくなってくる。
格式で考えるとF1、WRCと同レベルなんだけどなあ。格式も開催日も「谷間」だなあ。。
もったいないから関西方面の人は何かのついでに行ってみてはどうだろう。

知らなかったけど、今年になってファンサイトも出来ていたそうな。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト