« 次に目指すは日体協会長ですか? | トップページ | 燃費とカーボンはプラマイゼロ »

2008/07/15

PC文化圏から見た記事解説

“ケータイ文化圏”から見たiPhone 3Gとは?(日経トレンディネット)

ケータイ文化圏に住む人はPC文化圏に住む人より大量にいるはずだが、自分の周囲にはいない。「メール打つのももどかしいので電話する」という気の短い人間が揃ってしまっているらしい。だから「iPhoneってデコメできないって時点で終了」ってな感じの感想を述べる人が周囲にいない自分にとっては、ああ、こういう見方が出来るのかあ、という点で興味深い記事ではあった。
つ~か、「ケータイとPCの情報をシンクできると便利だな」と考えている時点でケータイ文化圏的思考は出来ないんだろうなあ、自分には。

とはいうものの、そもそもケータイ文化圏に住む若年層な人はPC雑誌サイトの記事を読むことはあまりないわけで、とすると「ケータイ文化圏から見た場合、iPhoneは敷居が高い」というこの記事は、読者層から考えると「若年層文化の解説」みたいになっていて、おそらく本来の主旨とは微妙にズレて読まれているんじゃないかな、自分も含めて、っていうところが面白い。
多分、ほとんどの読者は「絵文字使えないとやっぱり致命的なんだな」と客観的に思う方じゃないだろうか。ケータイ文化向けのサイトでは「iPhoneイラネ」の1行で評価が終わっていそうだ。

この記事でも指摘されているように機能を活用するにはPCが必須で、スマートフォンとしての本体価格は安いけれども所有コストは結構かかる。その上、Appleが「Exchangeとシンクできる」「VPN対応」なんてエンタープライズ機能をウリの1つにしていることからも、iPhoneが想定している客層は明らかに社会人。
ソフトバンクの総帥からして
「これはパソコンだ」
と言っているんだから、売る方は最初から「ケータイ文化圏」の人を想定していないんだろう。
だから「大人向けのコンテンツが云々」という結論は余計ですな。
日経トレンディネットは「マルチメディア機能なんか要らないから安いナビが欲しい」という人たちが主に買っているPNDに関して「マルチメディア機能が弱い」という不思議な論評を掲載したりするからなあ。それに比べればマシか。

おそらく「今のケータイには付いていけていない」人の方がiPhone順応性は高いだろう。PCは苦もなく使っている、というのは大前提だけど。

« 次に目指すは日体協会長ですか? | トップページ | 燃費とカーボンはプラマイゼロ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/41839715

この記事へのトラックバック一覧です: PC文化圏から見た記事解説:

« 次に目指すは日体協会長ですか? | トップページ | 燃費とカーボンはプラマイゼロ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト