« 人はそれを「出来レース」と呼ぶ | トップページ | モウリーニョは無傷のようで »

2008/05/10

川崎vs浦和(TV観戦)

2008 J1 第12節 川崎F vs 浦和(J's GOAL)

両チームともフォーメーションの構成人数は一緒ながら受ける印象はかなり異なっていた。

浦和は中盤の底が2枚で、どちらが守備的でどちらが攻撃的かは局面に応じて変わる。まあ、大体闘莉王が「攻撃的」ではあるんだけど。対する川崎は菊池がフィルター役でダブルトップ下。谷口も中村憲も「トップ下」という言葉から連想されるほど攻撃的に振る舞う訳でもないけれど、浦和より役割が決まっている。
DFラインの守り方も山脈で止める川崎と機動力でパスを奪い取る浦和、と対照的。

この構成がミドルシュート数に現れたようで、シュート数だけ見れば完全に川崎が浦和を圧倒。菊池の活躍で前を向けないかシュート体制に入れないままボールを失っていた浦和攻撃陣に対し、川崎では昨シーズンあまり得点力を発揮できなかった谷口の本領が徐々に発揮されつつあるようで、前線と中盤の併せ技が攻撃力の源だった2シーズン前に戻った模様。原点回帰。
浦和はFWの抜け出しを確実に利用できるパサーがいないんだなあ。やっぱりポンテ待ちか。ただし、全体の動きは前々回の名古屋戦よりも確実に良くなっていたから、「ポンテが救世主」というよりも「ポンテが最後のピース」くらいにチーム力は上がっているかも知れない。

全体的にはサイド突破でも上回っていた川崎の方が有利に試合を進めていたように見えたんだけど、チョン・テセにパワーで挑むんじゃなく機動力でボールが渡らないように注意を払う、という浦和守備陣の守り方がハマった。ジュニーニョにしろ谷口にしろ前線でボールが止まってくれないので余裕を持ってシュートを撃つことが出来ず、ボールを枠に飛ばすことが出来なかった。
エジミウソンのPK成功後、谷口のゴールがオフサイドで取り消されてしまったのもある意味誤算か。「さあ、これから反撃」という時間帯に浦和守備陣の気合いを入れ直させてしまったから。

そんな訳で90分中、お互いが決定的チャンスを迎えたのは2、3回。それでも緊張感があって面白いと感じたんだから、この2チームが上位を張っているのも当然かもしれない。
ただ、闘莉王、ジュニーニョだけじゃなく谷口にも振り切られてシュートを撃たれてしまうシーンがあったけど、慣れないボランチ稼業で疲れてるのかなあ。

それとフィジカル面で結構普通な現行浦和守備陣を見ると、そういえばエンゲルス監督が京都の指揮を執っていた時の守備陣もそうだったなあ、なんて思い出したりして。あそこまで緻密な組織的守備をさせる気はないようだけど。坪井を使わないのは「カバーリング役」は阿部だけでいい、彼ならロングフィードで局面打開も出来るし、みたいな感じか。

« 人はそれを「出来レース」と呼ぶ | トップページ | モウリーニョは無傷のようで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/41161208

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎vs浦和(TV観戦):

« 人はそれを「出来レース」と呼ぶ | トップページ | モウリーニョは無傷のようで »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト