« これくらいなら別に | トップページ | サカダイ二題 »

2008/05/03

カレーを嫌いな人なんていない in USA

「日本のカレーライス」を熱愛する米国人記者が語る『ゴーゴーカレーNY店』(WIRED VISION)

以前、どこかのテレビ番組で「インド人に日本のカレーを食べてもらう、それもインドで」という企画を見たことがある。そして日本式カレーを食べたインド人たちの回答はほとんどが「カレーじゃないと思うけど、おいしい」だった。
ラーメンと並ぶ「オリジナル化」が幸福な形で結実した料理と言えるか。
個人的にラーメンと違ってカレーが好ましいのは、「誰でも食べられるおいしいものという利点を忘れた」店主による哲学の押しつけが商売に繋がっていないこと。いわゆる「怒られて喜ぶ客相手の商売」が成立していない点。
ラーメンと違ってファーストフードっぽいチェーン店化が進んでいるのが逆に幸いしたのかな。それとラーメンはラーメンとしてじゃないと食べられないけど、カレールーは何にでも合う、という柔軟性があるし。

ところでこの記事の筆者が望むように「和製カレー」が世界メジャー化した場合、インド系の人たちから反発を買ったりはしないだろうか。「これはカレーじゃないぞ」って。
どこかの国では「これは和食じゃないぞ」という認定をするとか言ってるしね。

« これくらいなら別に | トップページ | サカダイ二題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/41075952

この記事へのトラックバック一覧です: カレーを嫌いな人なんていない in USA:

» 今夜はカレーということで‥ [くるまこのみの雑記]
「日本のカレーライス」を熱愛する米国人記者が語る『ゴーゴーカレーNY店』 | W [続きを読む]

« これくらいなら別に | トップページ | サカダイ二題 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト