« Intelの贔屓筋ってのも一因だろか | トップページ | Vodafoneがどこの国で強いか分かる短信 »

2008/05/07

F東京vs名古屋(TV観戦)

2008 J1 第11節 F東京 vs 名古屋(J's GOAL)

前半は名古屋の前線からの強烈なプレッシングが目立った。
FW陣からボールホルダーにアタックしていく思い切りの良さ。確かに名古屋は変わったねえ。
特に中村直の守備意識の高さには驚いた。トップ下から飛び出していくの持ち味だと思っていた選手が吉村との協力体制とはいえ、小川やマギヌンの攻撃力を活かすための動きを続ける。

そんなこともあってかF東京の攻撃は奪ったらとにかく前へ蹴り飛ばす、という単調なもの。両サイドへの捌きは皆無で、カボレもポストプレーはそんなに得意とはしていないようで前線にボールが収まらず、長友や徳永がオーバーラップをかけても大抵は無駄走り。しかし中盤にボールを預ける気がないのかF東京勢、あ、梶山がいないんだ。

しかし主導権を奪っているはずの名古屋の攻撃もどこか単調。
なんだろ、と思ったら現役時代のピクシーにあたる選手がいない。本来玉田がその役目を任されているのかも知れないが、今回は不在。杉本は使われてなんぼの選手だしなあ。とりあえずヨンセンがボールをキープできるから何となく押し上げることができているが、それから先の攻撃に意外性が無い。だから押し込んでいるのにシュートに繋がらない。

で、結局名古屋の得点はややラッキーめいたもの。負傷でピッチ外にいた長友が戻ってきてF東京の守備フォーメーションに一瞬乱れが入ったところを、杉本がスピードで突いた。でもあのシュート、GK塩田が触ってなければ入らなかったかもなあ。そんな意味でもツキが無かったF東京。

それとF東京にはセットプレーのキッカーがいなかった。名古屋がマギヌン、中村、増川あたりがセットしたボールの後ろに並んで相手を牽制するのに対し、F東京は誰が蹴るの? え、羽生?ってな感じで。

そして後半、少なくともセットプレーのキッカーだけでも入れようか、と思った訳じゃないだろうけどF東京では大竹が登場。コーナーから左足でいいボール蹴りますなあ。このゲームメーカー投入が大当たりで、中盤は突如F東京のものに。開始直後のラッシュも効いた。

その後、名古屋は開き直って守備固め&カウンターへ方針転換。これがちゃんと機能するんだから、チーム内の意思統一はしっかりしている、ってことなんでしょうな。
ただ、「攻撃的なチームを作る」と言っていた監督の言葉と違って組織立った守備から繰り出すカウンターの鋭さに「ひょっとしてピクシー2世を探して来ないと、こういうチームのままなのでは」という一抹の不安を感じたのは確か。まあ、この体制で勝ち星を重ねられれば別にいいのかもしれないけど。
サカダイとかのインタビューでは今回不在の玉田を「ピクシー2世」扱いしている感じだけど、そこまでイマジネイティブな選手だったっけなあ。最近彼のプレーは観ていないので何とも言えないけど。

よく走り、よく守る名古屋はハースがいない時のオシム千葉に近いかも。
万年下位のチームを立て直したその鮮やかな手腕に隠れてあまり指摘されなかったけど、父オシム監督自身はよく「うちの選手はペースチェンジができない」と嘆いていた。それを担っていたのがハースでありクルプニコビッチと言った助っ人勢。父オシム体制健在なら工藤浩平か青木良太がその手のプレーヤーとしてプレイクしていたかもしれないなあ、今更言っても詮無い話。

2008 J1 第11節 浦和 vs 千葉(J's GOAL)

« Intelの贔屓筋ってのも一因だろか | トップページ | Vodafoneがどこの国で強いか分かる短信 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/41114003

この記事へのトラックバック一覧です: F東京vs名古屋(TV観戦):

« Intelの贔屓筋ってのも一因だろか | トップページ | Vodafoneがどこの国で強いか分かる短信 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト