« こんなにきれいに出るのか | トップページ | わからんって »

2008/04/21

浦和vs大宮(TV観戦)

2008 J1 第7節 浦和 vs 大宮(埼玉)(J's GOAL)

最近になってBSチューナーが壊れたので、復調なった後の浦和は見ていなかった。
果たしてエンゲルス監督は「ちょっとは攻撃的」にチームを変えたのか、それとも「ボコボコにされてるのに気が付くと勝っている」去年の強さをとりあえず取り戻したのか。
そんな感じでさいたまダービー。

チームとしては大宮の方が出来上がっていて、昨シーズンと比べると小林慶がちゃんと活用されている。勿体ない2シーズンだったなあ。
選手能力の平均値は元々高かったはずだから、「使う選手」と「使われる選手」の扱いとかが整理されたんでしょうな。同じパターンとしては名古屋がそうか。あっちの勿体ないシーズンはさらに長いけど。

そんな彼を中心に「繋いでサイドで前へ」ってプレーが続く大宮に対し、浦和はボールを奪ったら闘莉王か阿部が前へ蹴りだす、ってのがボールを前へ運ぶパターンと言えばパターン。2人とも視野の広さと正確なロングフィードを持っているから、それで結構何とかなってしまう。前にヨンセンみたいなフォワードがいたら、本当にそれだけで優勝争いをしちゃうかもなあ。そうなったら未来はないかもしれないけど。

しかし残念ながらヨンセンはいないので、前の選手はいろいろ工夫をしなければならない。これがまだ「誰が何をするか」がはっきりしていないというか、「あいつがああしたら俺はこうする」までは気心が知れていないからか、単発でバラけた感じ。
サイドが仕掛けても周りには誰もいなかったり、高原が流れてクロスを上げても、中で待ってるのは1人だったりとか。
フォーメーション自体は、エメルソン、山瀬、田中達という切り込み隊長がそろった頃と似てるかな。特に後半、梅崎、田中達が登場したあたりとか。問題はあの頃はアルパイ、闘莉王という「放っておいてもラインが高くなる」という上がりたがりがDFラインに揃っていたので、切り込み隊長がボールを奪われても二の矢三の矢が飛んでくるコンパクトさがチームにあったけれど、今の浦和には無い。
中盤に人はいるけどチャンスメーカーorゲームメーカーがいない。やっぱりポンテは復権に必須の模様。

後半も時間が経つと個人個人の仕掛け合いになってしまい、両チームとも得点の匂いがしなくなってしまったけれど、全般的には大宮がチームとして攻め、それを浦和の守備が跳ね返し続けた90分。
イメージ的には去年とそんなに変わらんな、ってのが正直なところ。ポンテが帰ってくるまでエンゲルス監督に求められるのは、戦術云々じゃなくてモチベーターとしての手腕かもしれないな。

« こんなにきれいに出るのか | トップページ | わからんって »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/40942989

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和vs大宮(TV観戦):

« こんなにきれいに出るのか | トップページ | わからんって »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト