« 「パクリ」ではない「影響を受けた」だ | トップページ | 砂漠でもコースをわざわざ作るんだとか »

2008/04/30

EeeMacって無理か

アップル、iMacをアップデート(アップル)

iMacが「安いMac」以外何者でもなくなった今日この頃。
EeePCの「割り切り」を見ていると何か既視感があるなと思ったら初代iMacか、と思いついた。

キャンディ型のiMacが出た時は「デザインコンシャスにした程度で売れるのか」という議論もあったけど、「それまでコンピュータを持っていない層」に売れたらしい。
本当にそうだったのかはマーケティング業者ではない自分が知る由もないけれど。

今になって考えるとiMacのキモは「(常識的存在になりつつあった)インターネットにつながる」「MS製品が動く」の2点にあったのではないか、と思う次第。
コンピュータを使い始めたユーザにしてみればこの2つさえ動けばあとはオマケみたいなもんで、OSですら何でも良かったんだろう。で、デザインが良かったから家電と同じ感覚で買って、しばらくの間は特に不満も覚えなかった、ってことか。

だからハードウェアとしてはイーサネットポートとモデムポートが、ソフトウェアとしては定番ブラウザの座を奪いつつあったIEとOutlook(Entourage)とOfficeが必須だった訳で、当時Appleの指揮権を奪い取ったジョブズがMSとの提携にこだわったのはその辺のところを理解していたかもしれない。直感によるものだったのか理詰めだったのかは分からないにしろ。

んでEeePC。
XP Homeを搭載するバージョンはあるものの、基本はLinuxを搭載した圧倒的低価格バージョンが「キモ」。(日本語版はちと事情が異なるが)
iMac登場時と比べると、この割り切り方にインターネットとMS製品の間で重要度の高低にだいぶ差がついたことを感じさせてくれる。メーラーはWebメールでいいし、ブラウザはFireFoxが定番存在としてIEの向こうを張っているし、Office書類だってViewerで読めるだけでいい、って考えれば何でもあるし。
「デザインコンシャスなEeePC」Airが意外に売れている(WIRED VISION)のも「ネットに繋がれば何でもいい」という現状を反映しているんでしょうな。
個人的にはこの2つの間を埋めるような商品が何か出ないかな、と思っているんだけど。

« 「パクリ」ではない「影響を受けた」だ | トップページ | 砂漠でもコースをわざわざ作るんだとか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/41036583

この記事へのトラックバック一覧です: EeeMacって無理か:

« 「パクリ」ではない「影響を受けた」だ | トップページ | 砂漠でもコースをわざわざ作るんだとか »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト