« 転々 | トップページ | Always Look On the Bright Side of Life »

2008/03/09

草津vs広島

2008 J2 第1節 草津 vs 広島(群馬陸)(J'sGOAL)

引く手数多だった主力が残留してしまった広島。
昨年の「J2ギャラクティコ」東京Vと異なり、既に結構イケているがこれから更に伸びそうな若手がズラリと顔を揃えている、というのがミソ。

今回、柏木はいないものの、高萩がスタメンという点と、森脇がMFとして、盛田がDFとして出場している事以外はゼロックス杯と変更無し。

対する草津は3トップかと思ったら4-3-1-2という布陣。高田&氏原の2トップで、城彰二の引退試合に出ていた秋葉忠が熊林と櫻田を従える3ボランチ。この2ライン間に島田がトップ下として収まる、という格好。ほほお、島田はウイング起用ではないんだ。
4バックは左から崔、藤井、喜多、田中淳。田中淳のサイドバック起用がボツってなかったのは意外。

試合が始まってみると草津は「人に付く守備」に意識が行き過ぎてしまい、せっかくボールを奪ってもお互いの距離感が掴めずにいる感じで、ずるずると押し込まれていく。
高い技術と広い視野に裏打ちされた広島のパスワークはスピーディで迷いが無い。少々のマンマークではびくともしない。メンバーがほとんど変わっていないから、ってのもあるんでしょうな。
降格チームと草津ではレベルが違うことは分かっているけれど、ここまではっきりと見せつけられるってのは一昨年の柏戦以来かも知れない。

ひたすら草津陣内で試合が展開されるというのは予想どおり。そしてこれを打開したのが島田ってのもやっぱり予想どおり。
高く引かれたDFラインとGKの位置を確認して、ロングループシュートを一発。
これが入れば去年の浦和戦の久保だよなあ、入んなかったけど。
これで草津選手の硬さが取れたのか、相手にぴったりくっつく守備から相手を視野に入れておく守備へとレベルアップ。「必要ならばマークを放す」勇気が湧いてきたって事か。そんな訳で草津もパスが回り始め、見殺しにされていた感じがあった崔のオーバーラップも段々活用され始める。

しかしここで問題発生。
草津が右サイドバックに田中淳を起用したのは守備の強化のため、松下のいないボランチとして秋葉忠を起用したのは同じく守備力とリーダーシップだろう。
しかしこの2人、攻撃性能という事に関してはちょっとばかし残念なところがあり、田中淳は放り込み系アーリークロス以外はボールをゴール前に持っていく手段を持たず、秋葉忠は「ミドルレンジパスによる捌き」というサイドや島田を行かす術を発揮するにはちょっと足りない。
そのため、どうしても狭いフィールド内からボールが脱出出来ず、広島に奪われてしまう。

しかし広島にもちょっと問題っぽいものが。
密集地帯をパスで抜け、大きくスペースのある逆サイドへ等々、多彩な攻撃パターンを見せるが、リズムが単調。更に平繁か佐藤寿のどっちかが捕まっていると、枠に飛ぶシュートがあまり出ない。
やっぱし柏木の不在は大きいのか。リズムを作ったり壊したり出来る人材として。
それと盛田がドリブルに弱い。田中淳が珍しく相手ゴールラインへ向かって行くシーンがあったが、ボール保持者が「さて、どうしよう」と止まってから初めてボールを奪えていた。他にも高田が突っ込んでいった場合はストヤノフの加勢を得つつ止める、とか。

そんなこんなで前半は意外に互角な展開の中、ドローで終わるかと思っていたら、残り1分で広島が先制。ゴール前のサイドチェンジで相手を振り回して、、、というか、PA内に人は沢山いるのに、その前でボールを奪うべく奮闘していたののが島田独りってのはちょっとまずかったんじゃない?

一番失点してはいけない時間に失点した草津。後半は氏原、高田、櫻田の意外な3トップで巻き返し。イニエスタみたいな使われ方だなあ、櫻田、と思ったらこれは奇襲作戦だったらしく、その後はいつものポジションへ。

その後は基本的に膠着状態。
お互いのリズムやキーマンの抑え方が大体分かったらしく、さてここをどう打ち破るか。と、ここで草津ベンチが動いて熊林に買えて鳥居塚。「え?」という感じの交替。悪いけどここは櫻田に代えて、、、の方が。
別に鳥居塚のせいって訳でもないが、投入後10分ほどして再びゴール前のパス回しから広島が追加点。草津守備陣は完全にボールウォッチャーになっていたんだから無理もない。しかし、あんなに高い浮き球のパスを回せるとはなあ。
再び草津ベンチが動いて櫻田に代えて後藤。う〜む。セットプレーで一瞬お得意の「美味しいところ持って行き」プレーを見せるかと思ったが不発。

そしてとうとう久保登場。
ホーム/アウェイの観客共々「お〜」という歓声というか嘆声を上げる。まさか敷島で久保を見られるとはなあ。
それを言い出したら、まさか敷島でストヤノフを見られるとはなあ、でもあるけれど。追加点が決まった後の彼は、靴紐をゆっくり結び直したり、ちょっと当たると秘孔でも突かれたかのようにもんどり打って悶え苦しんだり、それから5秒としないうちに軽やかに前線に駆け上がっていったり、カウンターで抜けようとした鳥居塚に絡んで肘打ちを喰らって退場させるなど大活躍。久保よりもヤバいヘディングを飛ばしてたし。

3/10訂正・肘打ちではなかった模様。
J2第1節 退場に伴う鳥居塚 伸人選手(草津)の出場停止処分について(Jリーグ)

結局久保が得点を決める事はなく、J2の数少ない大見出し向き記事ネタは誕生しなかったが、今のところ体調はいい模様。

ただこのストヤノフ&久保のコンビは、ほんの15分程度見ただけでもそのヤバさがよく分かる。
何がヤバいかというと、正確なロングパスを出せるストヤノフが久保の頭目掛けてボールを飛ばし、それを久保がなんとかしてしまう、というシーンが目に浮かぶから。
この攻撃を止められるJ2チームはほとんど無いんじゃないだろうか。広島ベンチはこの「手っ取り早すぎる得点」の誘惑に勝てるだろうか。

さて、長くなったがもうちょっと。
植木監督は「島田頼みのチームにはならない」とミーティングで語ったそうな。
しかし、圧倒的に個力の差がある広島みたいなチームに対して互角に勝負出来るのは、槇野をシャペウで抜いたり出来る島田くらいしかないという事実も今回の試合ではっきりしてしまった。あとは熊林がぎりぎり。松下はまだ分からないけど。
しかし大宮が島田を全然使わなかった、ってのは不思議。ただ、小林大悟をFWとして使ってしまうチームだけに、ああいう典型的な「10番」を行かせるポジションがないのかも知れないな。

« 転々 | トップページ | Always Look On the Bright Side of Life »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/40443817

この記事へのトラックバック一覧です: 草津vs広島:

« 転々 | トップページ | Always Look On the Bright Side of Life »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト