« 春の珍事か抜本的見直しか | トップページ | MacBookPro雑感 »

2008/03/16

監督殺すに刃物はいらぬ「攻撃的に」と言わせればいい

浦和オジェック監督解任エンゲルス氏昇格(日刊スポーツ)

オジェック監督を解任 J1浦和(スポナビ)

G大阪の西野監督から
「招集基準が不公平」
という愚痴の対象だった浦和。

そんな言い訳のできない状況の中であっさり2連敗。
「ワシントンより監督を取る」
というクラブの判断は1選手に権力を与えすぎない、という点で間違いではなかったものの「攻撃的なチームを作る」という点では監督人選を間違っていた、という結果か。
ポンテより守備力の高い「山田のトップ下」は長谷部のような斬り込み隊長を上がりやすくするから意味がある訳で。だからどの雑誌も「トップ下は梅崎」とシーズン前には思っていた訳で。

後任のエンゲルスコーチは京都で割と攻撃的なチームを作っていたので人選としては妥当か。でもスター軍団を率いた実績は無いよなあ。

« 春の珍事か抜本的見直しか | トップページ | MacBookPro雑感 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/40522034

この記事へのトラックバック一覧です: 監督殺すに刃物はいらぬ「攻撃的に」と言わせればいい:

« 春の珍事か抜本的見直しか | トップページ | MacBookPro雑感 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト