« 技術指導よりメンタルケアかな | トップページ | 草津vs広島 »

2008/03/08

転々

転々

シネマテークたかさき

三浦友和とオダギリ・ジョーのコンビなら外しはしないだろう、と思いつつ鑑賞。

「クライマックスは画面の外にある」ってな感じのストーリー展開は、枯れた後の今村昌平というかジム・ジャームッシュというか。こういう映画が製作出来るんだから、邦画も捨てたもんじゃない。

要するにメジャーどころの映画と違って「はい、ここ泣いてください」「はい、ここ笑ってください」という「指示」をしないタイプの映画。
場内放送で「八丈島キョン様、、、」という呼びかけがあったり、時計屋の名前が「正確時計店」であったりと、細かいギャグがそこここに散らばっているが、そこに気がつくかは観客任せ。なるほど「ミニシアター」向きの映画だ。間違いなく万人に向けてつくってはいない。「ラストで泣きたい」人は見ちゃいけない。
クライマックスを迎えそうな道具立てが揃っても、それを避ける形で進むストーリーを持つ原作を採用したんだから確信犯なんでしょうな。

ところでオダギリ・ジョーを見ながら、鑑賞中ず〜っと「これは大泉洋でもいいよなあ」と思っていたんだけど、それがモジャモジャ頭を見てそう思ったのかどうかは自分でもよく分からなかったりする。
ついでに言うと後半に登場する小泉今日子を見て「老けないよなあ」と思ったけれど、本編の前に流れた「人のセックスを笑うな」予告編で老けないどころか幼い気がする永作博美を見た後なので、それほどでもなかったりする、って何が「それほど」だ。

« 技術指導よりメンタルケアかな | トップページ | 草津vs広島 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/40421911

この記事へのトラックバック一覧です: 転々:

« 技術指導よりメンタルケアかな | トップページ | 草津vs広島 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト