« で、今日は何の日だったっけ? | トップページ | スネークセンター再訪 Part.2 »

2008/03/23

スネークセンター再訪 Part.1

この世の中には「ネズミのテーマパーク」という場所が存在する訳だが、群馬県太田市藪塚町には蛇のテーマパーク・ジャパンスネークセンター(以下「JSC」)というものが存在する。

ネズミというのは所詮蛇の餌だからして、この2つのテーマパークを比較した場合、少なくとも「戦闘能力」という点ではJSCがネズミのテーマパークを遥かに凌駕するのは間違えようのない事実であることは賢明なる大兄には先刻承知のことと思われる。
その戦闘能力の高さ故に存在をひた隠しにしたがる群馬県民もいたりするわけだが。

自分は子供の頃に訪れて強力な印象を受けたものの、恥ずかしながら30年以上(多分)訪れていなかった。
職場の旅行話が持ち上がるたびに「んではスネークセンターで」と提案はしてみたものの、なぜかことごとく反対されるという理解に苦しむ反応が返ってくるだけだった。
で、仕方なくその辺の事情がよくわからない友人が栃木経由で訪問することにかこつけてついに訪問を決意した次第。

ちなみにJSCへのアクセスとしては太田藪塚ICを使うといいらしいが、友人の出迎えがあった関係上太田桐生ICまで走行。そういえば北関東自動車道をケツまで走ったのは初めてだな。伊勢崎ICを超えたあたりから急に空き始めるので漫然と走ると速くなってしまうタイプのクルマに乗っている人は注意した方がいいと思う。

友人を乗せてICの開通にあわせて急ピッチで整備が進められる道路を進み、、、あれ?


大きな地図で見る

藪塚温泉通り過ぎちまったぜ。

で、後ろを振り向くと、、、あった、白蛇観音
観音様方面にクルマを向けて走っていくと鳥居が。そこで入場料&駐車場料を支払って、民家の間を抜けていって駐車場へ。舗装されていない砂地というのが期待を盛り上げてくれる。

入り口で早速一発
「今の時間ならまむしの採毒実演に間に合いますよ。」
以前テレビで見た「採毒」の模様とは
「蛇の口を無理矢理開けてビーカーの縁に牙を引っかけてぽたぽた垂れる毒をひたすら溜める」
というエンターテイメントにするには厳しい画、う〜む。
と悩んでいる(悩むなよ)自分に友人が一言。
「まあ、順路通り(決まってるんです)でいいんじゃない?」
ちなみに順路通りだと採毒には間に合わない、、、はずだった。

« で、今日は何の日だったっけ? | トップページ | スネークセンター再訪 Part.2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/40616978

この記事へのトラックバック一覧です: スネークセンター再訪 Part.1:

« で、今日は何の日だったっけ? | トップページ | スネークセンター再訪 Part.2 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト