« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/31

また太ったなあ

マラドーナ 世界ラリー選手権で高速ドライブを体験(AFP)

FLASH NEWS: Loeb’s done it!(WRC)

ペレがシューマッハ引退レースに登場していたが、特に誰か引退するわけでもないラリー・アルゼンチンにマラドーナが降臨。
宿敵リーベルプレートのホームスタジアムで開かれたスーパーSSでご機嫌な様子。

ちなみにレースはローブが総合優勝。アトキンソンがまた2位。
結局電気系のトラブルでストップしたソルベルグはレース終了寸前までえらく好調だったが、フォード勢の自滅に助けられた感あり。

経営と人情は相容れない、という話

アップルの改革は「パソコンが欲しい人を狙わない」こと(NBonline)

iMacの大ヒットを覚えている人、というよりもその前のAppleの低迷ぶりを知る人には懐かしいインタビュー。
あのときの販売店のリストラぶりは凄かったよなあ。群馬なんて田舎だと、しばらく近所ではMac買えなかったもんなあ。
このインタビューで言われている「Appleの低迷はWindows登場とかの外的要因というよりも自滅」ってのはAppleに復帰する直前のジョブズもWiredのインタビューで語っていた記憶がある。当時のMacユーザーも何となく感じてたよなあ。

ただ凄まじい値段で売られていたMacをDOS/V機(この言葉もあんまり聞かなくなりましたな)との部品共有で安くしたのはその前の経営陣の努力があったからで、その積み重ねの上にiMacがあり、更にIntel Macがあると考えれば、一概に「前の経営陣は愚かでした」とも言い切れない部分があるのもまた事実。

ところで原田さんの前のアップル日本法人の社長は「日本のアップルは利益を上げているんだからリストラはしない」という約束をアメリカ本社に反古にされて辞任したという記憶がある。原田さんとは逆ですな。それもまた考え方だとは思うけど。

ちなみにジョブズが血も涙もない経営者かというと「昔と違って今はリストラするときは彼らの家族はどうなるんだろう、と考えてしまう。辛くてたまらない。仕事だからやるけどね」なんて発言をしていたりする。

2008/03/30

クール3点セットの2つ、、、多分

オープンソース開発の『Firefox 3』:売上げにマイナスでも新機能(WIRED VISION)

「Firefox 3」がマイクロソフトにとって脅威となる理由(CNET Japan)

お集まりのお歴々は見事にMacBookProばっかり

Firefox 3はレスポンスがだいぶ良くなった気がするけど、それは自分がMacを新しくしたからだけかもしれない。
認証方面では結構ダメなときがあったりして、ログオンできないサイトがいくつかあったのが気がかり。そういったサイトが単に「ベータ版だからログオンさせない」って認証条件になっているのなら、正式版になったら自動的に解消されるんだろうけど。

2008/03/29

喫煙者の生きる道(電気仕掛け編)

フランスで、電気たばこ「E・シガレット」が販売中(ロイター)

アンドロイドは電気たばこの夢を見るか、、、ってのも、ちょっと垢抜けない言い方だな。
香港の会社が開発したものだそうで、フランスではOKらしいが、ヨーロッパ諸国で全部OKという訳ではないらしい。
薬事法の絡みとかありそうだから、日本でもダメだろうな。
割と高価なものなので、たばこを全部こいつに統一したら未成年への喫煙率が下がる気もするが。Taspoよりも効果あるんじゃないかなあ。

それとも、カートリッジだけ買って本体は使い回し、なんてことも起こるかねえ。

2008/03/27

スネークセンター再訪 Part.3

そして、売店へ。
ここは蛇革系グッズの「直販」を得意としているらしい、、、え~っと、そのために蛇飼ってる訳じゃないよな。ニシキヘビって死ぬと大変な分量の皮を残すとか、脱皮した皮を使っているとかじゃないと「直販」にならない気がするが。
マムシの粉末は自家製です、というポスターが貼ってあったが、そこに写り込んだマムシを粉末にしている人と売店のおじさんが同一人物だったから、これ関してだけは間違いない事実だろうけど。
マムシの粉末以外にも食品は当然のことながら強精系が大充実。「蛇まんじゅう」なんて軟弱なものはない。
蛇の丸干しにしか見えないな、という棒切れがあったが、本当に蛇の丸干しだった。頭を食べると牙が突き刺さったりするのでそこは避けた方がいいそうな。
他の丸干しでは、開けっ放になったガラス棚の一番下にワニの丸干しが無造作に置かれていた。
自分「これって本物かな、木彫りにも見えるけど」
友人「(つんつんつついて)本物だわ、これ」

自分に突き刺さったのは牙ではなくコブラ解剖模型セット。理科室にある人体模型のコブラ版。さんざん迷ったあげく断念。もうちっと安ければ洒落で買えたんだが(3000円)。

売店を出るとその裏が食堂で、その向こうにある建物が入り口で勧められた採毒室。
食堂ではシマヘビorマムシの唐揚げその他が食べられる。フルコースまである充実ぶり。生き血は、、、少なくとも看板にはなかった。


ちなみに開店しているのは日曜だけ。ヘビを食い尽くすわけにもいかないしな。

続きを読む "スネークセンター再訪 Part.3" »

2008/03/24

スネークセンター再訪 Part.2

動画があります。
見るにはQuickTimeかiTunesを用意してください。

まずは大蛇温室。

「モルタル平屋建て」なんて言葉が浮かぶ温室にボアコンストリクターとかいるんだろうか、と率直な疑問を持ちつつ入場。
ボアコンストリクターはいなかった(おそらく)ものの、大蛇の数々が確かに揃っていた。みんな寝てたけど。

狭山市民を仰天させたというダーナ嬢も大人しいもの。

大蛇温室を堪能した後は野外にてシマヘビを観察。もう冬眠は終わっているんですな。(動画)

(5MB)

続いて毒蛇館。入ると長々としたアナコンダの皮がお出迎え。

これは寄贈品でJSCで飼っていたものではないそうな。

続きを読む "スネークセンター再訪 Part.2" »

2008/03/23

スネークセンター再訪 Part.1

この世の中には「ネズミのテーマパーク」という場所が存在する訳だが、群馬県太田市藪塚町には蛇のテーマパーク・ジャパンスネークセンター(以下「JSC」)というものが存在する。

ネズミというのは所詮蛇の餌だからして、この2つのテーマパークを比較した場合、少なくとも「戦闘能力」という点ではJSCがネズミのテーマパークを遥かに凌駕するのは間違えようのない事実であることは賢明なる大兄には先刻承知のことと思われる。
その戦闘能力の高さ故に存在をひた隠しにしたがる群馬県民もいたりするわけだが。

自分は子供の頃に訪れて強力な印象を受けたものの、恥ずかしながら30年以上(多分)訪れていなかった。
職場の旅行話が持ち上がるたびに「んではスネークセンターで」と提案はしてみたものの、なぜかことごとく反対されるという理解に苦しむ反応が返ってくるだけだった。
で、仕方なくその辺の事情がよくわからない友人が栃木経由で訪問することにかこつけてついに訪問を決意した次第。

ちなみにJSCへのアクセスとしては太田藪塚ICを使うといいらしいが、友人の出迎えがあった関係上太田桐生ICまで走行。そういえば北関東自動車道をケツまで走ったのは初めてだな。伊勢崎ICを超えたあたりから急に空き始めるので漫然と走ると速くなってしまうタイプのクルマに乗っている人は注意した方がいいと思う。

友人を乗せてICの開通にあわせて急ピッチで整備が進められる道路を進み、、、あれ?


大きな地図で見る

藪塚温泉通り過ぎちまったぜ。

で、後ろを振り向くと、、、あった、白蛇観音
観音様方面にクルマを向けて走っていくと鳥居が。そこで入場料&駐車場料を支払って、民家の間を抜けていって駐車場へ。舗装されていない砂地というのが期待を盛り上げてくれる。

入り口で早速一発
「今の時間ならまむしの採毒実演に間に合いますよ。」
以前テレビで見た「採毒」の模様とは
「蛇の口を無理矢理開けてビーカーの縁に牙を引っかけてぽたぽた垂れる毒をひたすら溜める」
というエンターテイメントにするには厳しい画、う〜む。
と悩んでいる(悩むなよ)自分に友人が一言。
「まあ、順路通り(決まってるんです)でいいんじゃない?」
ちなみに順路通りだと採毒には間に合わない、、、はずだった。

2008/03/21

で、今日は何の日だったっけ?

ひたすら「空飛ぶモンティ・パイソンボックスセット」(Amazon)を観続けて潰してしまった休日。
今観るとキャラクターが一番立っていない、というか見た目が普通のマイケル・ペリンが「演技の評価が高い」なんてパイソン本に書かれているのも納得。ほかのメンバーは見た目のキャラクターをまんま演じるか裏切るかでネタに使えるけど、この人の場合はそれができなかったからなあ。
エリック・アイドルもちょっと近いか。ただ見た目がナンパっぽくて音楽の才能があったりするからキャラが被らずに済んだんでしょうな。

でも今観て一番笑えるのはグレアム・チャップマンがメインのコントだったりする。
ほかのメンバーは「最初から壊れている」か「徐々に壊れる」んだけど、この人は「話しながら突然壊れる」パターンがあるから。作り込み系のコントが廃れ行く今の世には一番合うのかもしれない。この壊れ方が山田康夫の吹き替えだと上手く出ないのがもどかしいところ。あの人の声だと最初から壊れてる感じがするから。

2008/03/20

こういう興味の持ち方もある

F1政治に翻弄された鈴木亜久里の“夢”(OCNスポーツ)

RX-8を世に出すよう口添えしたあとに欧州フォードの社長に上り詰めたものの、売り上げ減を逆転できずにマセラティに流れていったらアルファとの合併のあおりを食らって解任されて、、、というところまで知っている自分はそんなつもりも無いのにうっすいマーティン・リーチマニアになってしまっているのかもしれない。
そしてまたマーティン・リーチのその後を知ってしまった。
どこまで付き合うことになるんだろう。別に好きな訳でもないのに。

2008/03/18

製作者側の提言、ってとこに意味がある

映像・音楽配信を許諾不要に 「ネット権」創設、有識者が提言(ITmedia)

妥当な感じの提言ですな。
以前、ニュースの特集で角川ホールディングスの社員が、
「これはべつにいいでしょ」
「あはは、踊ってるよ」
なんて言いながらYouTubeをチェックしているのを見たことがある。
しかしブラジルの高校のブラスバンド部がアニメソングを演奏していたのは驚いたねえ。
サッカーとアニメに詳しければ、世界中の若い衆と話しができる、、、かも知れない。

角川会長はアメリカに出かけて著名なIT企業を回って、製作者の立場から「取り締まる」ことの功罪を感じてきたそうな。
「バイタリティ」ってのは角川家のDNAなんですかな。

2008/03/17

MacBookPro雑感

やっとこPenrynが載った、ということでMacBookProを買ったりした今日この頃。
6月くらいにはフルモデルチェンジ版が出る、なんて噂もあるけれど、現在の愛機Yosemiteの動きから見て、そこまで保たなそうだったので。
なぜかAmazonで4GBのブランドものメモリが妙に安かった(2GB×2GBで16,200円也)ので増設。

今のところ気がついたのは「Rosettaは結構イケる」ということと「iTunesの動きが怪しい」ってことか。

ウチのMac上でRosetta動作しているのはOffice2001。
カネがないのと特にアップグレードの必要も感じていないことから使い続けている訳だけど、起動と保存がちょっと遅いかな、くらいで動作レスポンスに問題なし。
ディスクアクセスが関係する部分ではやっぱり微妙に遅れるんですかな。

iTunesの怪しい動きとは、iTunesにCDを読み込ませようとすると一瞬画面に登場はするものの、なぜかすぐにマウント解除されてしまう。
ディスクユーティリティでマウントすると問題なくイケるので、ドライブ自体やドライバがダメになっている訳でもなさそう。再起動すると直っちゃうし。もっともこの現象、ググってみても特に出てこないので、ウチのマシンだけかも知れない。

あと不満点といえば、キーボードが意外に安っぽい感じがすることかな。キータッチ自体に不満はないけど、長く使うと塗装がはがれてきそうな。

音はいいすねえ。ただ、低音はさすがに厳しいので「これだけでホームシアターイケます」ってほどでもないな。

Aboutthismac_2

2008/03/16

監督殺すに刃物はいらぬ「攻撃的に」と言わせればいい

浦和オジェック監督解任エンゲルス氏昇格(日刊スポーツ)

オジェック監督を解任 J1浦和(スポナビ)

G大阪の西野監督から
「招集基準が不公平」
という愚痴の対象だった浦和。

そんな言い訳のできない状況の中であっさり2連敗。
「ワシントンより監督を取る」
というクラブの判断は1選手に権力を与えすぎない、という点で間違いではなかったものの「攻撃的なチームを作る」という点では監督人選を間違っていた、という結果か。
ポンテより守備力の高い「山田のトップ下」は長谷部のような斬り込み隊長を上がりやすくするから意味がある訳で。だからどの雑誌も「トップ下は梅崎」とシーズン前には思っていた訳で。

後任のエンゲルスコーチは京都で割と攻撃的なチームを作っていたので人選としては妥当か。でもスター軍団を率いた実績は無いよなあ。

春の珍事か抜本的見直しか

浦和が名古屋に、G大阪が磐田に、川崎が神戸に負けていたりする春。
地味に草津が熊本に負けていたりする、、、って、おい。

2008 J2 第2節 熊本 vs 草津(熊本)(J's GOAL)

2008/03/13

「売ることを考えていない」と訴えれば正解だったか

音楽業界の過去最大の失策は「ネット戦略」(ITmedia)

音楽業界がNapsterを実質潰してくれたおかげでAppleがiTSで息を吹き返すきっかけを掴めたんだ、と考えればMacユーザーにしてみると「最大の失策」と呼んでいいのかどうかちょっと判断に迷う。

ただ、80年代のニール・ヤングを「意図的に売れないレコードを作っている」と訴えたゲフィン・レコードの気持ちはわからなくもない。「This Notes for You」でリハビリに成功したのはワーナーに移ってからだもんな。

2008/03/12

ベンチに置いても価値ある男

J2第1節 退場に伴う鳥居塚 伸人選手(草津)の出場停止処分について(Jリーグ)

そういえば、草津vs広島の試合で書き忘れていたのは、戸田が試合終了までずっとアップしていたことか。
ああいうのを「お手本」っていうんだろうな。

2008/03/10

Always Look On the Bright Side of Life

「モンティ・パイソン」「Mr.Boo!」の声優、広川太一郎氏が死去(eiga.com)

亡くなる前日に空飛ぶモンティ・パイソンについて自分が駄文を書いていたとは皮肉な偶然。
骨壺が歌ったりはしてないよな。

2008/03/09

草津vs広島

2008 J2 第1節 草津 vs 広島(群馬陸)(J'sGOAL)

引く手数多だった主力が残留してしまった広島。
昨年の「J2ギャラクティコ」東京Vと異なり、既に結構イケているがこれから更に伸びそうな若手がズラリと顔を揃えている、というのがミソ。

今回、柏木はいないものの、高萩がスタメンという点と、森脇がMFとして、盛田がDFとして出場している事以外はゼロックス杯と変更無し。

対する草津は3トップかと思ったら4-3-1-2という布陣。高田&氏原の2トップで、城彰二の引退試合に出ていた秋葉忠が熊林と櫻田を従える3ボランチ。この2ライン間に島田がトップ下として収まる、という格好。ほほお、島田はウイング起用ではないんだ。
4バックは左から崔、藤井、喜多、田中淳。田中淳のサイドバック起用がボツってなかったのは意外。

試合が始まってみると草津は「人に付く守備」に意識が行き過ぎてしまい、せっかくボールを奪ってもお互いの距離感が掴めずにいる感じで、ずるずると押し込まれていく。
高い技術と広い視野に裏打ちされた広島のパスワークはスピーディで迷いが無い。少々のマンマークではびくともしない。メンバーがほとんど変わっていないから、ってのもあるんでしょうな。
降格チームと草津ではレベルが違うことは分かっているけれど、ここまではっきりと見せつけられるってのは一昨年の柏戦以来かも知れない。

ひたすら草津陣内で試合が展開されるというのは予想どおり。そしてこれを打開したのが島田ってのもやっぱり予想どおり。
高く引かれたDFラインとGKの位置を確認して、ロングループシュートを一発。
これが入れば去年の浦和戦の久保だよなあ、入んなかったけど。
これで草津選手の硬さが取れたのか、相手にぴったりくっつく守備から相手を視野に入れておく守備へとレベルアップ。「必要ならばマークを放す」勇気が湧いてきたって事か。そんな訳で草津もパスが回り始め、見殺しにされていた感じがあった崔のオーバーラップも段々活用され始める。

続きを読む "草津vs広島" »

2008/03/08

転々

転々

シネマテークたかさき

三浦友和とオダギリ・ジョーのコンビなら外しはしないだろう、と思いつつ鑑賞。

「クライマックスは画面の外にある」ってな感じのストーリー展開は、枯れた後の今村昌平というかジム・ジャームッシュというか。こういう映画が製作出来るんだから、邦画も捨てたもんじゃない。

要するにメジャーどころの映画と違って「はい、ここ泣いてください」「はい、ここ笑ってください」という「指示」をしないタイプの映画。
場内放送で「八丈島キョン様、、、」という呼びかけがあったり、時計屋の名前が「正確時計店」であったりと、細かいギャグがそこここに散らばっているが、そこに気がつくかは観客任せ。なるほど「ミニシアター」向きの映画だ。間違いなく万人に向けてつくってはいない。「ラストで泣きたい」人は見ちゃいけない。
クライマックスを迎えそうな道具立てが揃っても、それを避ける形で進むストーリーを持つ原作を採用したんだから確信犯なんでしょうな。

ところでオダギリ・ジョーを見ながら、鑑賞中ず〜っと「これは大泉洋でもいいよなあ」と思っていたんだけど、それがモジャモジャ頭を見てそう思ったのかどうかは自分でもよく分からなかったりする。
ついでに言うと後半に登場する小泉今日子を見て「老けないよなあ」と思ったけれど、本編の前に流れた「人のセックスを笑うな」予告編で老けないどころか幼い気がする永作博美を見た後なので、それほどでもなかったりする、って何が「それほど」だ。

2008/03/06

技術指導よりメンタルケアかな

家本主審を一定期間担当から外す スーパー杯の判定問題で(スポナビ)

しかしまた家本主審ですか。
アタマに血が上りやすいタイプなのかなあ。

2008/03/04

派手に飛ばすか地道に稼ぐか

ローブ ラリー・メキシコ制しシーズン2勝目を挙げる(AFP)

ソルドはコースオフでデイ1撤退、ソルベルグはメカニカルトラブルでデイ2撤退、ヒルボネンはパンク(2回も)、唯一ローブと首位争いをしていたラトバラもターボパイプのトラブルでタイムロスしてしまい、いつもどおりにローブが優勝。そして気がつくとそこにいたアトキンソンが自己最高位をゲット。
ただ、アトキンソン、体調不良だったそうなのでロングステージがキャンセルされたのはラッキーだったと思う。このステージが実施されていたらラトバラに逆転されてたかも。

しかしラトバラ速いなあ。グロンホルムが現役を継続していても、こんな感じの成績だったんじゃないかなあ。
アトキンソンは覚醒一歩手前なのか、「しぶとく稼ぐドライバー」になりつつあるのか。クルマの出来がいいとは言えない状態なので判断に迷う。

2008/03/03

「マラドーナに就任要請」はスペイン発のネタでした

クレメンテとイラン協会の交渉は決裂(livedoorスポーツ)

イラン代表監督にダエイ氏 代表通算109得点の英雄(スポナビ)

「ハビエル・クレメンテ就任」がほとんど決定事項みたいに報じられていたので、最初に「ダエイ就任」のニュースを目にしたときは「あ? クレメンテはイラクだったっけ?」と思ってしまった。

「必要なときだけイラクイランに行く」という条件をイラクイラン側が呑めなかったそうで、そういえばジーコって年間どれだけ日本にいたっけ? という方向に思考が進んでしまった。
まあ、昨今のクレメンテのキャリアが「途中就任で敗戦処理」みたいな仕事ばっかりであんまりパッとしなかったことを考えると、イランにとっては逆に良かったのかも知れない。「守備的」で有名な人でもあったから、攻撃至上主義みたいなチームには合わなかったかも知れないし。

3/4・イランとイラクを間違えていたので修正。

2008/03/02

...And Now, For Something Completely Differently.



「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX
(Amazon.co.jp)

長らく廃盤だった「空飛ぶモンティ・パイソン」がボックスセットで復活。今回のウリはテレビ東京の吹き替え版完全収録。納谷吾郎の声が若いねえ。

ビデオもLDもDVDも長らく廃盤だったせいもあってその評判が伝説化してはいるものの、コメディっていうものは基本的に同時代性が高いジャンルなので、全編通して大笑いって事はさすがに不可能。

Amazonのレビューでも「資料的価値しかない」という批判的な声もあったりして、それは結構正しかったりする。だから逆にボックスセットで正解。と思ったので購入。「資料」は多い方がいいからね。何の訳に立つのかは分からないにしろ。

ベスト盤でいいや、あるいは吹き替え版に思い入れはないなあ、って人は「And Now」でいいと思う。

個人的には「なるほど」と思ったのがサッカーネタか。あれは20年前には分からなかったなあ。それで笑えるか、は別だけど。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト