« 待ちか買いか | トップページ | 萎えた心が戻るまで »

2008/02/07

日本vsタイ(TV観戦)

岡田ジャパン、W杯予選白星スタート 4−1でタイ下す(スポナビ)

ウィノータイの鮮やかなミドルシュートに「それは本来お前が見せなきゃダメだろ」と中村憲に言いたいものの、それはともかく大久保の勝ち越し点。
敵も味方も「ん? ボール死んだ?」と足を止めていたところで、彼1人が「来るかも」という心構えを捨てなかったことから生まれたものと思う。この辺が「嗅覚」というものなんでしょうな。

彼がず〜っとスペインにいて「お前は点獲ってりゃいいんだ」仕事を任されていたら、今頃は和製インザーギになっていたかも知れないなあ。勿体ないなあ。若いからまだ間に合うかなあ。

スペシャリストが嫌いと周りに誤解されながら「守備のスペシャリスト」鈴木啓を使い続けた父オシム監督も、和製インザーギともなれば文句なしで中心に据えた事だろう。ぶつくさ言いながら。

セットプレーで上背のある2人(中澤、巻)が得点したのは、見込みどおりって言ったところか。
それ故に大久保の「嗅覚」が光るんだよなあ。

守備は早くもお互いがある程度「任せられる」段階に到達しつつある気が。
初っ端のチリ戦でサイドからのカウンターに振り回されたのが効いたのか、タイのサイドからのカウンターに「CBは深追いしない」「その代わり相手サイドが抜けたらSBまたは鈴木啓その他が死ぬ気で追う」「サイド深いところまでは行かせても、ゴールには近寄らせない」っていう対応が、滞りなく、、、内田はちょっと怪しかったにしろ出来ていた。
まあ、あくまでタイを相手にした場合ですが。

闘莉王が戻ってきて入れるんだろうか、という熟成ぶりが選手層面でちょっと心配だったりして。

« 待ちか買いか | トップページ | 萎えた心が戻るまで »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/40049900

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsタイ(TV観戦):

« 待ちか買いか | トップページ | 萎えた心が戻るまで »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト