« 次の相手はGT3 RSで | トップページ | Cリーグのカード基準って凄いんだろうな »

2008/02/24

日本vs韓国(TV観戦)

日本、韓国と1−1の引き分け 岡田ジャパン、初タイトル逃す(スポナビ)

なんやかんやで新戦力の発掘に重きが置かれた感じになった東アジア選手権。
満身創痍の状態なので、発掘以前に今まで使わなかった選手を出さないと試合が成り立たなくなってしまうという感じだったけど、駒野、山岸、水本、羽生と揃ったベンチメンバーを見るとやっぱり発掘中心か。

試合は、序盤は韓国がペースを握りながら(先制点まで決めた)徐々に日本が引き寄せていって、気がつくと韓国は耐えつつ危険極まりないカウンターを繰り出す、という展開へ。
韓国のカウンターは時宜を心得ていて、素早くサイドに回したり、真ん中から一気に突っ込んでいったり。見ていて小気味良さを感じさせてくれる。
つ〜か
「今大会、初めて普通の相手を見た」
という感じか。

日本は、精神面云々はともかくとして、やっぱり急造チームならではで細かい部分でミスが多い。短くて速いパス回しを打開策とする予定のチームにとっては結構致命的。
更に急造チームならではの欠点として、守備面では誰かがフォローしてくれるだろう、って思えたり思えなかったりなのか、思いきって当たりにくい、ってのもあるんでしょうな。
前半の日本のプレーに停滞感があったのはそんなところにも原因があったのかも知れない。
それが日本人の欠点だ、といえばそうなのかも知れないけど、自分は優れた日本人じゃない、と自覚している人間としてはそんなに責める気も起きない。

とはいうものの、中心選手(中沢、鈴木啓、遠藤、中村憲)が健在だと、それなりにスタイルは出せるもんですな。
あとはサイドの攻略か。この顔触れだとサイド突破が本当にサイドバック次第になってしまう。
前が突破を狙わないから内田が使える、という見方も出来るけど、安田が投入されてチーム全体が活気づいたのは、サイドから突っかかっていく人材が増えたから、ということもあるんだろう。

もっとも中村憲が枠を捉えたミドルシュートを打てるようになった、というのは割と好材料かも。去年はあんまり見られなかったからなあ。
あとは今大会の得点源・山瀬をこのまま活かしていくのか、ってところに興味が湧く。今のところは絶対のスタメンじゃないだけに。
それと橋本、急に起用されてもベテランだけに「あちこちに顔を出してボールを供給する」といういつもクラブでしている仕事を落ち着いて遂行出来るんですな。

しかし苦しい時間帯でもクリーンにボールを奪ってみせる韓国DF、同じく中沢を見ると、「ああ、普通にサッカーの試合してる」という気になって最後まで見る事が出来たりして。やっぱり日韓戦だけでいいような気も、、、。

« 次の相手はGT3 RSで | トップページ | Cリーグのカード基準って凄いんだろうな »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47427/40236733

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vs韓国(TV観戦):

« 次の相手はGT3 RSで | トップページ | Cリーグのカード基準って凄いんだろうな »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト