« 遠野vs高川学園(TV観戦) | トップページ | 阿部はDFのままか »

2008/01/06

高川学園vs藤枝東(TV観戦)

決勝は藤枝東−流通経大柏 全国高校サッカー(スポナビ)

高川学園は県予選では4-4-2で来ていたけれど、本大会に来てからは4-3-3をスタンダードにしていたそうで。
で、今回も4-3-3でスタート。対する藤枝東のフォーメーションは3-5-2。3バックなのでDFライン両サイドにスペースがあるってのはお約束。だから高川学園の両ウイングは当然そこを突く。先の遠野戦では「斬り込み」デフォルトで突いていたけれど、今回はゴールラインまで飛んでいってそこから折り返すか斬り込むか判断する、という格好。
これで試合序盤は高川学園が何度かチャンス一歩前くらいまで到達していたけれど、時間が経過するにつれて徐々に中盤を藤枝東が制圧していく。
高川学園にしてみれば、藤枝東のテクニカルMF5人を3人でどうこうするつもりもなかったとは思うけれど、制圧されぶりは監督の予想を超えていたようで、高川学園のMFはほぼDFラインと同一化。結局、途中から4-4-2に戻して、相手の流れをある程度遅らせる事には成功したが、制圧されている最中に先制点を決められてしまった。

後半は逆に高川学園が相手を圧倒する。
出足鋭く相手のパスを次々と寸断し、奪ったボールは素早く前へ。中盤は基本的に「奪うところ」と位置付けた縦に速いサッカーが功を奏し、次から次へとチャンスを生み出す。
しかし、ここで「ラストワンプレーの精度」の差が勝負を分けた。
追い込まれながらも落ち着いて対応する藤枝東守備陣とは対照的に、高川学園の攻撃陣は焦ってしまったのかクロスやコーナーキックがゴールラインを直接割ったり、シュートをミートできなかったりと、「うわ〜、ダメっすか」と思わず口に出るプレーを続けてしまう。

結局、高川学園は藤枝東の開き直ったようなカウンター戦術の前に、とうとうゴールを本当に脅かすことなく終わってしまった。
全体的に見ると、応用編プレーまでは到達していた高川学園が実践編プレーに踏み込んでいた藤枝東に追いつけなかった感じか。
妥当といえば妥当なのかな。

« 遠野vs高川学園(TV観戦) | トップページ | 阿部はDFのままか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠野vs高川学園(TV観戦) | トップページ | 阿部はDFのままか »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト