« 金子達仁の生存を確認しましたってことで | トップページ | 浮かぶ訳ね »

2008/01/14

藤枝東vs流通経大柏(TV観戦)

流通経大柏が初優勝 全国高校サッカー決勝(スポナビ)

流通経大柏の圧勝。
藤枝東は前回の高山学園戦でも相手の出足が激しくなるに従って持ち前のパスサッカーが影を潜めてしまっていたが、今回は前半から出足鋭い流経大柏に圧倒されて持ち味を発揮できないまま終わってしまった。
3バックだとサイドにスペースがあるので云々という理屈から言うと、流経大柏の相手サイドの活かし方は2トップが積極的に潜り込んでいく、というもの。ここでボールを保持したりゴールに向かって斬り込んでいる間に味方が次々と上がってきて数的優位を作ってしまう。相手ボールになると中盤以降は素早く戻って守備に加勢。
2トップ(特に大前)の個力が高いが故に可能な戦法とも言えるけれども、最後まで足を止めずに戻っていく運動量は驚異的。流経大柏の選手は試合終盤に次々と足をつっていたけれど無理もない。
おかげで藤枝東の中盤は常に数的不利にさらされているような状態で、特にパスサッカーの要・河井は気の毒なくらい何もさせて貰えなかった。
実況は何度も「藤枝東のサッカーに拘る」という監督の言葉を紹介していたが、彼等が放ったシュートのうち、ヤバそうなチャンスになったのはドリブルから開始されたもの。
つまり、「個人で突破してなんとかする」というサッカーを藤枝東はしようと思えば出来たし、ある程度人材もいたはずなんだけど、そうはしなかった。もちろんそうすれば勝ったとか言うつもりはないけれど。
だから、今回の藤枝東は自分達のサッカーが出来なかったかも知れないけれど、選手達を裏切る采配はしなかったという点で「高校サッカーかくあるべし」という矜持を示したと言えるんじゃないだろうか。
「美学に殉じた」事に対して「甘い」と言えるのは承知の上でそう思う。

しかし大前って凄いねえ。ただ、選手権を通して安定していた訳じゃないそうなので、若手揃いのチームをまとめてみせた長谷川監督に師事するのは順当な進路選択でしょうな。
それと星陵。インターハイではどんなマジックで流経大柏に勝ったんだろう、と試合を観ていない者としては思う。

« 金子達仁の生存を確認しましたってことで | トップページ | 浮かぶ訳ね »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金子達仁の生存を確認しましたってことで | トップページ | 浮かぶ訳ね »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト