« チーム内バランスが崩れる日 | トップページ | D.リチャーズ帰還の効果もあるか? »

2008/01/27

日本vsチリ

岡田ジャパンの初戦は0−0の引き分け(スポナビ)

080126_japan_vs_chile

中心プレーヤーがいないとはいえ、W杯南米予選という厳しい場を既に数試合経験しているチリ代表。シーズンオフ明けというコンディション面の条件は一緒ながら、チームの完成度という面ではちょっと厳しい相手。

前半は相手中盤守備の出足の速さの前に「パスを繋ぐサッカー」の中心点・遠藤がほぼ沈黙。徹底的にサイドを突いてくる相手の対応に追われたサイドも攻撃ではなかなか機能せず、1度くらい駒野のミドルシュートがあったっけ。内田は上がっていいものかどうか判断できなかったようで持ち味が出ず。
スタメンが意外な感じがした巻は相手DFに上背がないせいもあってか奮闘。潰され役をちゃんとこなしていた。
高原は「ブンデスリーガで2桁得点できる」身体には戻りきっていないようで、相手のマークを引きはがせず、トラップ以降シュートという動きでミスっていたりして沈黙。数的優位を作られまくっている中盤を救うべく、下がって組み立てに加わっていたりしたが、これで巻が潰れてくれる動きを活かせなかったりして。
阿部が時たまクリアをそのまま放り込み系のパスにして巻に渡していたりしていたんだけど、後ろが上がってこなくてそのまま見殺し。
業を煮やしたのか巻まで下がってきてしまい。更にゴールが遠くなる。

チリの攻撃は速いサイドを活かしたカウンター。先にも書いたが、本当に執拗にサイドサイドサイド。ペナルティエリア直前まで行ってもサイドに振ったりして。
これが実りかける場面は何度かあったが微妙に呼吸が合わないのか、「触れば」クロスに触れず。サラスがいたら決められていたかもなあ。
中盤真ん中辺りは「インターセプトするところ」と割り切っていた模様。ただでさえMFの人数が多い事に加えて、日本がダイヤモンド型の中盤で数的優位を作りやすかった、ってのもあるだろうけど。

後半にチリの動きが鈍くなってくると徐々に遠藤が息を吹き返す。
更に俊敏性に優れた大久保を投入した事で「裏へのパス」がやっと意味を持ち始めるも、大久保のシュートはバー1本分ズレてばかりで決まらない。同時に投入された羽生もサイドに位置してしまい相手DFを攪乱しきれず。羽生トップ下、遠藤サイドという指示は出なかった訳ね。

その後は「勝負に拘る」という岡田監督の言葉どおり、中村憲の代わりに山瀬、疲れた巻に代わって矢野貴という攻撃的な選手交代が行われるも、実らず。山瀬はボールを扱う前に試合が終わってしまった。タッチはあったかな?

結局「アジアカップ時のサッカー」を変える途中だった影響がそのまま出た感じ。
どういう風にボールを前に運んでいくかが選手同士で合意されていないように見えた。
「岡田サッカー」がまだ道半ばという以上、ある程度の拠り所があれば、それを合意事項として目の前の試合を勝つために選手が勝手に採用しても良かったんだろうけど、
「アジアカップ時のサッカー」でいいのか→「でも、あれって『あれだけじゃダメ』って変革途中だったよな、それにこれからは違うサッカーになるかも知れないし」
「岡田監督が目指すサッカー」でいいのか→「どんなサッカーかまだわからんなあ」
ってところだったのかも知れませんな。

守備で鈴木啓、阿部勇、中澤の3人が「ユニット」として動くことが熟成されていたのが朗報か。
「誰かが上がったら」「誰かが相手にアタックしたら」その後に他の選手がどうするかがちゃんと合意されているように見えた。鉄壁か、といわれるとちょっと微妙なところで、今回のチリの決定力不足に救われたのかも、なんて見方も出来たりして。
闘莉王が戻ってきたらこの「ユニット」がどうなるのか、興味が湧く。
内田はまだ厳しいかなあ。

080126_jvsc_yamagishi
たまたま撮れていた山岸の写真。
山岸に付いている16マヌエル・イトゥーラはキャプテン。
A代表では5試合くらい招集されているらしい。(playerhistory.com)

« チーム内バランスが崩れる日 | トップページ | D.リチャーズ帰還の効果もあるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チーム内バランスが崩れる日 | トップページ | D.リチャーズ帰還の効果もあるか? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト