« 阿部はDFのままか | トップページ | パスサッカーの故郷に帰る »

2008/01/09

日本が買い被られすぎてるのかも

日本にアイフォンは必要か?(NBonline)

全文読むにはユーザ登録が必要な日経の記事。

iPod登場時のデジタルミュージックプレイヤーといえば真剣に購入を考えるようなものじゃなかった。欲しいとも思わなかったし。
しかし相手が携帯電話となれば状況は大きく異なる。今やほとんど生活必需品状態。
だからほとんどライバル不在だったiPodと違い、買い換えさせなきゃ売れないことがデフォルトのiPhoneが成功するのかどうか、という疑問が提示されるのは当然。
それとiPhoneの機能的優位性って音楽が聴ける事とタッチセンサーだけじゃん、という突っ込みも充分成り立つ。WiFiなんてマクドナルドでしか使えないしねえ。

しかしちょっと視点を変えてみる。
30から40代、定収入があってハイテクにアレルギーはないけれど携帯電話の全機能を使おうとは全然思わない世代。
こういう世代がターゲットなら機能的には充分じゃん、という見方も成り立つ。
通信速度も3Gならなんとか我慢できる程度にはなるし。

あとはAppleとキャリアの打ち合わせがどうなるか、という話だけれど、「日本じゃ無理だろう」と言われたiTSを発足させてしまった交渉実績から考えればイケそうな気がするんだけど。

« 阿部はDFのままか | トップページ | パスサッカーの故郷に帰る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 阿部はDFのままか | トップページ | パスサッカーの故郷に帰る »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト