« 「命名権」って言う方が似合う | トップページ | 日本代表選手をまとめて観る機会が減りました。 »

2008/01/19

主役不在のキーノート

Macworld Expo 2008を振り返る(PC Watch)

新ラインナップであるにもかかわらず「One more thing」の対象にならなかったMacBook Air。
たしかに上記文中で触れられているとおり、本来「セカンドマシン」扱いになってしまうサブノートという製品にとって「キーノートスピーチの主役」という華々しい座はちょっと荷が重い。
2006年のIntel Mac、2007年のiPhoneと2年続けて「社運を賭ける」プロジェクト発表が続いたのもこの製品には不運だった。

「日本のユーザはApple製サブノートを望んでいます」という無責任な質問に「Proじゃない方のMacBookがAppleにとってのサブノート」なんてAppleの役員だか広報担当者だかが答えている記事を読んだ事があるけれど、サブノートって個人で買うよりも会社支給で使っている人が多い気がする。
だから顧客に個人ユーザが多いアップルにしてみれば「サブノート開発」は火急の課題でもなかったろうし、これで大幅売り上げ増を目論んでもいないだろう。

その辺の社内事情、あとは事前リークされた情報がほぼ正しかった事もあって「One more thing」レベルの新製品じゃないよなあ、という扱いになってしまったんでしょうな。
いっそのことUSBポートすら無い仕様にして「少なくとも記憶媒体経由の情報漏洩は防げます」なんて法人向け製品を作っても面白いのに。

個人的には新Core 2 Duoを搭載したMacBook Proが「それと他のMacBookも併せて更新するよ」なんて感じで発表されないかな、と期待していたんだけど。

« 「命名権」って言う方が似合う | トップページ | 日本代表選手をまとめて観る機会が減りました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「命名権」って言う方が似合う | トップページ | 日本代表選手をまとめて観る機会が減りました。 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト