« 鳥アイコン充実中 | トップページ | 新年のご挨拶 »

2007/12/31

前橋育英vs奈良育英(TV観戦)

野洲、帝京など2回戦へ 全国高校サッカー第2日(スポナビ)

埼スタに向かう予定だったけれど、やむを得ない事情(寝坊)によりテレビ観戦。

前半は相手がDFラインを高く採ってくることを見越した前橋育英攻撃陣が、ひたすら前へ前へ前へ、オフサイドの網に引っかかっても前へ前へと繰り返す事で、奈良育英DF陣はラインコントロールに手こずる事になってしまい、結果的に2失点。

もちろんFWの動きばかりでなく、中盤で交わされるパス、前線に送り出される勝負球、繋ぐ事を前提としたクリアといった数々のプレーの質は明らかに前橋が奈良を上回っていて、奈良守備陣の漠然としたラインコントロールで間延びした中盤は前橋のプレーエリアと化してしまう。前評判の高い青木拓矢(J's GOAL)がスルーパス出し放題。
前橋のパス回しに翻弄された奈良の中盤守備は「後方からのアタック」がボール奪取の基本になってしまい、クリアしても繋げない。

後半、奈良はエース田仲を投入して攻撃の単純化を図ることで、巻き返しを狙って攻め込むも、これを交わされカウンターで失点。
これは前橋の楽勝か、と思われたが、ここで奈良の精神力と前橋の悪癖「後半に失速する」が噛み合ってしまい、イスタンブールの奇跡(Wikipedia)なみのスピードで奈良が3得点。

結果、前橋の守備陣は冷静さを失ったのか、ボールの行方ばかりに目がいって相手選手を見ていられなくなったようで、スペースに出されると簡単に裏を取られ、いつ失点してもおかしくないような状態に陥ってしまう。
奈良は前半の課題だった「間延びした中盤」を前線にキープできる選手がいる事で修正でき、また前橋のミスにも助けられて流れを完全に引き寄せる。

ところが、そうなるとテンパッた側に運命が微笑んでしまうのがサッカーの不思議。
2度追いつかれた前橋がその度に少ないチャンスをカウンターで活かして突き放すという離れ業を演じて、昨年に続いての初戦敗退を逃れた。

しかし後半の前橋育英の崩れっぷりは洒落にならなかった。
次の近大和歌山は地区予選で大量得点しているチームだけに、また打ち合いになるんだろうか。

« 鳥アイコン充実中 | トップページ | 新年のご挨拶 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥アイコン充実中 | トップページ | 新年のご挨拶 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト