« ラリージャパン2007動画-67(北愛国 / ジャンピングスタート) | トップページ | ACミランvsボカ・ジュニオルズ »

2007/12/17

浦和vsエトワール・サヘル

浦和がPK戦を制し、世界3位に輝く!(スポナビ)

曲がりなりにも各大陸王者同士の試合がダブルヘッダーという日程ながら去年までは「それがどうした」感ありありのオマケみたいな3位決定戦。
しかし浦和が参戦した今年は訳が違う。
新横浜駅は凄まじい混雑ぶり。皆さん小机までは行かないんですな。行かれたら小机駅がパンクしそうだけど。

しかし肝心のチームメンバーは阿部が怪我でもしたらベストメンバー規定(笑)にでも引っかかりそうな満身創痍ぶり。
しかも負傷欠場がポンテと闘莉王だし。

自分的にはパンフを買ったりメールの返事を書いたりと色々していたら会場入りが遅れて既に浦和は1点ビハインド。
あらら、なんだこれ? と思ったらPKですか。

最終的には浦和はセットプレーから、エトワール・サヘルは相手のミスとPKから得点した。この事実がこの2チームがどんなチームか、という事をよく表している気がする。
ただ、エトワール・サヘルが「俺らカウンター以外しないし」と割り切ってるのに比べると、メンバーがいつもとはちょっと違う浦和はその辺の合意がチーム内で共有されていなかった模様。割と軽率なミスで失点、という普段の浦和では有り得ないプレーが飛び出たのは、そんなところに原因があったのかも。

途中から見始めたので、そういうフォーメーションかと思っていたんだけど、復活なった山田暢は最初トップ下だったのか。自分が見始めたときは既に右サイドに移動してウイングバックというよりもサイドバックみたいな動きを披露していた。
多分、相手がごくごくシンプルに「奪う→サイドに展開→ドリブル→対応次第で斬り込むorクロス」という攻撃を頑固に続けてきたので、その対応か。
とにかくスピードのあるドリブラー揃いのエトワール・サヘルを相手にするとネネの足の遅さが寒さとともに身に染みる。途中から斬れ込んでくる相手には基本的に鈴木啓が対応してた。
ただ、攻撃が単調、というのはポンテ不在の浦和にも言える事で、本当ならペースを変える能力がある阿部をセンターバックで使っちゃったという時点で結構厳しい。
内舘か堀之内にCBやらせて、阿部をMF起用するわけにはいかなかったのかなあ。
MFのメンバーを見ると彼をMF起用すると守備的になりすぎる、って監督が危惧したのかなあ。
でも、坪井、阿部、ネネって並んだDF人を見ると「重量級があと1人欲しい」というアジア杯時のA代表と同じ感想を抱いてしまったりして。岡ちゃんも岩政呼んだ事だし。

後半はエトワール・サヘルがペースを握るものの、意外にシュート精度は低いんですな。ワシントンってやっぱり得難い人材なんだなあ。それと長谷部、消える癖が直ってないな。

最後のPK戦。相手の息の根を止める大殊勲を挙げた都築は全く笑わなかったけれど、
「相手の2点目をちゃんと止めてりゃ、こんなことせずに済んだのによ」
と、自分に対して怒っていたんだろうなあ。
エトワール・サヘルは、ロスタイムでわざわざGKを替えていたので、ひょっとして「マグネティック・ハンド」とか呼ばれてアフリカ大陸で恐れられているPKストッパーなのかも、と思ったけれど、そんな事もなかった。むしろ阿部のPK職人ぶりが際立った。来シーズンからはPKを全部彼に蹴らせた方がいいよな。

« ラリージャパン2007動画-67(北愛国 / ジャンピングスタート) | トップページ | ACミランvsボカ・ジュニオルズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラリージャパン2007動画-67(北愛国 / ジャンピングスタート) | トップページ | ACミランvsボカ・ジュニオルズ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト