« 監督往来2007 | トップページ | ラリージャパン2007動画-59(SS22 / M. Ito) »

2007/12/09

それでもウリは費用対効果

恐るべしNISSAN GT-R、地上で最も楽チンなアウトバーン290km/h(日経トレンディネット)

性能云々よりもその人気ぶりに日産自身すら戸惑いを見せているGT-R。
米倉涼子絡みとはいえ、量販車がワイドショーに登場するのって久々。採り上げられ方が「新車の発表会に米倉涼子登場」じゃなくて「“あの”GT-Rに乗って登場したのは、、、」ってなもんで、GT-Rってなんなのか説明抜きでもイケるところが凄い。

とはいうものの数年前に日本国民はクルマに関して同じ盛り上がり方を味わっている。フェアレディZで。
Zも普通に見かけるようになって大分「神性」も薄れてきたけれど、GT-Rは予約購入者がいきなり2200人を突破しただけに、更に早く「神性」が薄まってしまうかもなあ、という気がする。
しかし他メーカーは喉から手が出るほどこの2車種は欲しいところでしょうな。
「レクサスです、トヨタじゃないです」なんて卑屈な態度を取らなくてもプレミアム度MAXなんだから。

ところでアウディでカーデザイナーを務める和田智がオートカー・ジャパンのモーターショウ特集でGT-Rの事を「日本が生んだ最後の“クルマ”」と呼んでいた。だから盛り上がってるんじゃないかな、と。要するに「走る機能」を磨きに磨く、というクルマ本来の機能を突き詰める事を主目的として開発された久々の国産車だから、と言いたいらしい。それも桁外れの。

「そんなん当たり前じゃないか」と言われても、もう日本では「速く走らせる」ためだけにパワートレインまでごっそり入れ替えてしまうような大がかりな開発は出来なくなってしまった。そういうことをするのは「利便性のため」という場合に限られる。
だから物語の続きが語れるんだけど、このクルマは。

ところが、その「怪物」が800万円くらいで買えてしまう。
「量販メーカーが作るスーパーカー」という似たような立ち位置のアウディR8が倍くらいの値段で売っている、ということはそれだけ金をかけている、という事を考えると、これが国産車の凄さであると同時に限界なのかなあ。GT-Rで難しいなら、こういう国産車が1500万円くらいの値段で売れるようになる未来は来ないのかもなあ。

« 監督往来2007 | トップページ | ラリージャパン2007動画-59(SS22 / M. Ito) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 監督往来2007 | トップページ | ラリージャパン2007動画-59(SS22 / M. Ito) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト