« 浦和vsエトワール・サヘル | トップページ | ロングテールな消費者に怒る権利はないそうな »

2007/12/18

ACミランvsボカ・ジュニオルズ

ミランがクラブチーム世界一! ボカに大勝(スポナビ)

ひょっとしたら
「決勝は浦和の3位決定戦に漏れなく付いてくるオマケ」
くらいに捉えている客ばっかだったりして、と思っていたけれど、そんな事もなかった。
でも、となりに座っていた浦和サポのご夫婦はそのとおりだったらしく、決勝戦が始まってしばらくしたら帰ってしまった。

トヨタカップ末期からガチンコ守備で欧州勢と観客を悶絶させてくれた南米勢。
ところが今年のボカは先制された事もあってか意外に攻撃的に振る舞ってくれて、前半は結構盛り上がった。
「へ〜、こんなに高めにライン採るんだねえ」みたいな。

好調ぶりが伝えられていたミランは、確かに全員の動きが良かった。ボネーラはともかく、マルディーニがあんなにガンガン上がっていくとはなあ。

そんなミランの波状攻撃は後半になってから次々と実ってしまい、終わりの方ではボカ側の集中力が切れて退場者出現。
ミランもインザーギを引っ込めてカフーをゲスト出演させてしまうという守備固めに入ったので、盛り上がった分、冷え込みぶりが際立つという展開に。
しかもカフー出場後、少しは盛り上げようと思ったのかカラーゼが退場になって采配台無し。
さらにぐだぐだ感を際立たせてくれたのはミランのオウンゴール、、、って場内放送されたんだけど、今日サカダイを読んだらレデスマに訂正されてたな。

やっぱり互角に戦おうとしちゃあダメなんだ、ということが改めてよく分かった今年の決勝戦。リケルメがいたらボカの戦い方は違っていたのかなあ。ミランの気合いが相当なものだった、ってのも見込み違いだったかな。

動画を見るにはQuickTimeが必要です。

ボカのビッグフラッグ1
ボカのビッグフラッグ1

ボカのビッグフラッグ2
ボカのビッグフラッグ2

高松宮妃殿下をエスコートするマルディーニ
高松宮妃殿下をエスコートするマルディーニ

オープニングセレモニー
オープニングセレモニー(9.5MB)

« 浦和vsエトワール・サヘル | トップページ | ロングテールな消費者に怒る権利はないそうな »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浦和vsエトワール・サヘル | トップページ | ロングテールな消費者に怒る権利はないそうな »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Googleサイト内検索

観戦、旅行、その他諸々

フォト